初めての方は必ずお読みください

自律神経失調症

体調不良の女性

 

自律神経

名前のとおり、自律神経とは、自分の意思とは関係なく体の働きをコントロールしている神経です。

その体の働きとは、消化、呼吸、血圧、分泌、排泄、体温、発汗などです。

自律神経には

・交感神経

・副交感神経

の2通りの神経があります。

交感神経と副交感神経は、それぞれ反対の作用をしています。

例えば、

血管を収縮させるのは、交感神経。拡張させるのは副交感神経。

消化液は、抑制させるのは交感神経。促進させるのは副交感神経というふうになります。

ですから、交感神経と副交感神経の働きが悪くなると、どちらかが優位な状態になり体に不調が起きるようになります。

自律神経失調症の症状

自律神経失調症の状態になると

・夜なかなか寝付けない、途中で目がさめてしまって朝まで眠れない

・しょっちゅう頭が痛くなる

・ひんぱんに、めまい、耳鳴りが起きる

・睡眠をとっても疲れが取れない、疲れやすい

・長時間のパソコン作業をするせいか目が疲れやすい

といった症状が現われます。

自律神経失調症の原因

では、自律神経失調症の原因はなんでしょうか?

一般的には、精神的ストレス、肉体的ストレスが言われています。

精神的ストレス

仕事や人間関係によるストレス

肉体的ストレス

体のゆがみ、筋肉の緊張など

当院の考え方

精神的ストレスの影響によりめまい、不眠症などの症状が出ますが、その大元にあるのは東洋医学で言われる”気”の流れの滞りです。

尚、体のゆがみ、筋肉の緊張(肉体的ストレス)は、”気”の流れが滞った結果で、いろいろな症状とは関係がありません。

自律神経失調症の対処法

病院での対処法

・薬物療法

・心理療法

・理学療法

などの方法があります。

病院での治療は、抗不安薬(精神安定剤)、抗うつ剤、睡眠薬、気分安定薬などの薬物療法が中心で、心理療法、理学療法は補助的に行われています。

確かに、めまい、不眠症などの症状がつらい時は、薬を飲めば症状が和らぎます。

しかし、薬は症状を一時的に抑える役目しかありません。

ですから、薬を飲み続ける必要があります。

また、薬は副作用があります。

それに抵抗がある場合は、で薬以外の民間療法を試す人も多いです。

当院での対処法

民間療法での対処法は

・整体、カイロプラクティック、オステオパシー、あんま、マッサージ、鍼灸

・気功、カラーセラピー、音叉療法、ヨガ

などいろいろな方法があります。

いろいろな民間療法を試すにしろ”気”の流れの滞りを整える方法でなければ、なかなか自律神経失調症に伴う諸症状を改善することは難しいのです。

整体院やカイロプラクティック院などでは、背骨などの骨格を調整したり、筋肉の緊張を緩和させるための筋肉の調整をすることが多いです。

しかし、それらの方法では”気”の流れの滞りを整えることは難しいため、自律神経失調症に伴う諸症状を改善しにくいのです。

ですから、当院では、”気”の流れの滞りを整える調整を主に行って、自律神経失調症の症状に対応しています。

整体の施術方法

自律神経失調症の症例

自律神経失調症関連記事

ページ上に戻る

Copyright(c) 2013 斉藤施療院 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com