初めての方は必ずお読みください

腕、手首、指の症状

腕の痛み

腕の痛み、しびれは首の骨に関係ある?

腕の痛みやシビレの症状がある時に、頚椎(首の骨)に刺激を与えると症状が変化します。 従来は、頚椎(首の骨)を刺激した時に腕の症状に変化が起きるのは、頚椎の変位(ズレ)が変化したために腕に行っている神経(腕神経叢)の圧迫が解消されたためだと言われてきました。

このような状態は、頚椎症や頚椎椎間板ヘルニアと言われています。 私も以前はそのように思っていました。

しかし、最近は頚椎(首の骨)の歪みは、腕の痛みやシビレなどの症状に関係がないと言われています。 では、なぜ腕に痛みやシビレなどの症状がある時に、頚椎(首の骨)に刺激を加えると腕の症状に変化が出るのでしょうか。

頚椎(首の骨)に刺激を加えることによって、筋肉や筋膜のバランスが変化したためだと考えます。 筋肉や筋膜のバランスとは、筋肉、筋膜の緊張状態のバランスです。

具体的には、緊張している筋肉、筋膜は弛緩(緩む)し、弛緩(緩む)している筋肉、筋膜は緊張します。 その結果、筋肉、筋膜にあるトリガーポイントと言われている硬くなっているところが緩み痛み、シビレなどの症状が改善すると思われます。

ところで、頚椎(首の骨)に刺激を加えると言うとボキっと音をさせると思っている人が多いですが音がするしないは効果とはまったく関係ありません。

頚椎に刺激を加える目的は、頚椎の変位(ズレ)を調整することではありません。 筋肉、筋膜のバランスを整えることが目的です。

私の場合は、頚椎にはアプローチせずに、頚椎の周りの組織に触れる操作をしたり、腕、脚などの調整をします。

頚椎にはまったく力を加えることはありませんから、子供さんから年配の人まで安心して施術を受けていただくことが出来ます。

ページ上に戻る

手首の痛み

原因

・外傷によるもの
転びそうになって手ついた時、手首を痛めるというようなケースなど

・手、指の使いすぎによるもの
パソコンのマウス操作、スポーツ(ゴルフ、テニスなど)、出産後の育児など

・内臓の働きが悪くなり、その影響によるもの

などが考えられます。

腱鞘炎(ドケルバン)

腱鞘炎は、従来から腱鞘の中を通る腱がこすれて炎症し、痛みが出ると考えられています。

しかし、私はそのようには考えていません。

腱鞘の中を通る腱がこすれて炎症し痛みが出ているのではなく、筋肉の使いすぎにより筋肉が疲労し、その結果筋肉が縮んで筋肉に連結している腱が引っ張られ、腱の中にある痛みを感じるセンサー(受容器)の閾値が下がったため(少しの刺激で痛みを強く感じる)と考えます。

腱鞘炎は一度なると、なかなか症状の解消がしづらいと言われています。 それは、痛みを感じるセンサーの閾値を上げる手段がないためにそのような結果になっているのでしょう。

今説明した症状には、手首の腱鞘炎、ばね指などが該当します。

使いすぎによって筋肉が疲労して筋肉が縮んで痛みなどの症状が出ています。

ですから、早期に筋肉の疲労が取れるような調整を行えば、縮んでいた筋肉も正常な長さに近づきますので筋肉に連結している腱の引っ張りも解消し、腱の中にある痛みを感じるセンサー(受容器)の閾値が上がりますので、雑巾が絞れないというようなこともなくなっていきます。

ページ上に戻る

指の症状

手根管症候群

手根管症候群とは、手首の手の平側にある骨と靭帯に囲まれた手根管というトンネルの中を、 正中神経と4本の指を曲げる筋肉の腱が通っていますが、 このトンネルのなかで神経が慢性的な圧迫を受けて、しびれや痛み、運動障害を起こす病気です。

症状
人差し指、中指、親指と薬指の親指側(正中神経の支配領域)に痛みとシビレが起きます。

上記が西洋医学における手根管症候群の解釈です。

当院の解釈は西洋医学の解釈とはちょっと違います。 西洋医学では手、指の痛み、シビレの原因は、正中神経の圧迫という解釈です。

しかし、当院では正中神経の圧迫が原因ではなく、手根管のトンネルの中を通る筋肉が緊張することにより、その筋肉の腱にある痛みを感じるセンサー(受容器)の感度が上がり(閾値が下がる)脳にその情報が送られ、痛みを感じるという解釈です。

ですから施術としては、それらの筋肉の緊張を取るような調整をしていけば良いわけです。 筋肉の緊張が緩和されると、筋肉の腱にある痛みを感じるセンサー(受容器)の感度が下がり(閾値が上がる)その情報が脳に送られ痛み、シビレなどの症状が改善されていきます。

ただ、筋肉の緊張を緩和させるといっても、その筋肉だけを直接調整するだけでは症状の改善は難しくなります。 それらの筋肉が緊張するような体のバランスになっていますので、そういったことを考慮した調整が必要となってきます。

ページ上に戻る

ばね指

バネ指は

・指の曲げ伸ばしがしにくくなる

・指を伸ばそうとすると、引っかかりを感じる

という状態が一般的な症状ですが、症状がひどくなると 指が曲がったまま伸びなくなることもあります。

バネ指の原因は、

・指の使いすぎによる炎症によって起こる

・女性の場合には、産後や更年期などでホルモンバランスが乱れることにより引き起こされる

・関節リウマチが原因となっている場合もあります。

というのが、一般的な説明ですが、私はこれらが原因ではないと考えています。

一般的な考え方ではないのですが、指を動かす筋肉の使いすぎで、症状が起きている指の部分の“気”の流れが悪くなったためだと私は考えています。

“気”の流れが悪くなって症状が出るという説明は、分かりにくいですが、要するに症状の出ている指の部分に静電気が溜まっているためだと思います。

では、なぜ静電気が溜まっていると、指が動かしにくくなるのでしょうか。

それは、静電気が溜まりすぎると筋肉が緊張しやすくなるからです。 筋肉が緊張すると、指が動かしにくくなり、そして無理に動かそうとすれば痛みます。

私も、以前右側の薬指が突然動きにくくなりました。 痛みはまったくありませんでしたが、左の手で右側の薬指を助けてあげないと曲げた指が戻りませんでした。

原因は、指を動かす筋肉が疲労するような作業をやりすぎたことです。 その時は、自分で調整して5分位で正常に戻りました。

処置としては症状が出ている指に溜まった静電気が抜けていくような調整をすると、筋肉の緊張が取れて指が動きやすくなります。

もちろん、症状がひどくなっていれば、完全に元のように指が普通に動かせるようになるのに時間がかかることもあります。

ページ上に戻る

Copyright(c) 2013 斉藤施療院 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com