スポーツが関係した膝の痛み

 

スポーツ障害による膝の痛みは、痛む場所によってオスグッド、鵞足炎、ランナー膝、ジャンパー膝と呼ばれています。

オスグッド

膝の痛みが出る場所は、膝のお皿の下あたり、膝の裏などに出ることが多いです。

オスグッドは、10才から15才位の成長期に起こることが多いため、成長時痛と言われています。

しかし、成長期をすぎて成人しても痛みが出ることもありますので、成長期特有のものとは言いづらいです。

鵞足炎

膝の痛みの出る場所は、膝の内側です。

ランニングやジャンプ動作の繰り返しで痛みが出るため、筋肉の使いすぎによって炎症がおきて症状が出るとされます。

ランナー膝

膝の痛みの場所は、膝の外側の部分です。

ランナー膝は、腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)に痛みが出るため、腸脛靭帯炎とも呼ばれています。

ランナー膝は、使いすぎによって筋肉が硬くなるため症状が出るとされています。

しかし、筋肉が硬くなることは結果であって、痛みの原因ではありません。

ジャンパー膝

膝の痛みの部位は、膝のお皿の下あたりです。

ジャンパー膝は、別名膝蓋靱帯炎(しつがいじんたいえん)とも言います。

ジャンプ動作などの繰り返すことによって、太ももの前にある大腿四頭筋の腱の部分が炎症を起こし痛みが出るとされています。

スポーツ障害による膝の痛みに対する当整体院の考え

スポーツの動作を繰り返すことにより筋肉が硬くなり、炎症が起きて痛みが出ると、一般的に言われています。

しかし、当整体院ではそういうことではなく、内蔵機能の低下が影響で筋肉が硬くなり痛みが出ていると考えています。

ただ、筋肉に大きな力が加わり筋肉の繊維が損傷した場合は別です。

筋肉の繊維の損傷は、外傷ですので、日にちが経てば修復され痛みも引いていきます。

Copyright(c) 2013 斉藤施療院 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com