腰痛

腰痛女性

 

はじめまして。整体院「斉藤施療院」の斉藤です。

各務原市からは、当院に通うのにそれほど時間がかからないということもあり、各務原市からもご来院いただいています。

私は、整体を始めて20数年になります。その間、腰痛などの症状を改善させる施術方法をいろいろ研究してきました。

整体を始めた頃は、施術方法のセミナーにも参加して勉強しました。

しかし、セミナーに参加したからといって、詳しく教えてもらえるわけでもなく、結局は自分でその方法を考えないといけないことを悟り、その後独学で研究してきてある程度、満足がいく結果が出るようになって来ています。

と言って、すべての症状に対処することは難しいことです。

腰痛だからと言って腰周りだけを施術しても症状は良くならない

腰が痛い、重い、だるいといった症状が出ると、それらの症状が腰からきていると思っている人が多いです。

また施術をする人も、症状が腰からきていると思っているせいなのか知りませんが、他の整体院の人は、骨盤、背骨(腰椎)、脚の部分の関節、筋肉などを中心に施術することがほとんどです。

確かに、症状が出ている腰、脚を調整すると、筋肉の緊張がほぐれて症状は楽になります。

しかし、症状がひどくなっていたり、こじれていたりすると、その施術の仕方では効果が持続しにくくなります。

早ければ、1日も経たないうちに症状が戻ってしまいます。

病院の治療も同じです。

痛み止めの注射をうってもらうと症状が楽になりますが、鎮痛薬は症状を抑えるだけのものですから症状の状態によっては、あまり効果は持続しません。

ですから、症状が出ているところを施術したり、痛み止めの注射をうつのではなく、症状の原因になっている部分を施術することが大事なのです。

度々ギックリ腰になる

一年間に何度もギックリ腰を起こす人がいます。

そういう人は、肉体的に負担がかかりやすい仕事や本格的にスポーツをやっている人もいますが、逆に事務職のような軽作業の人でも意外とそういう人が多いです。

ですから、ギックリ腰を度々起こすのは、肉体的要因ばっかりとは言えないわけです。

肉体的要因以外の原因として、仕事や人間関係で精神的ストレスを受けて腰が痛くなるということがあります。

精神的ストレスを受けて、自律神経のバランスをくずし内臓の働きが悪くなり、その影響で筋肉が緊張し、その結果疲労が蓄積しちょっとしたきっかけでギックときやすくなるわけです。

体がそういう状態になってくると、腰痛だけでなく足の痛みやシビレが出てくることもあります。

足の痛みやシビレが出だしても、症状が軽いうちは施術をしても少ない回数で改善します。しかし、その状態が慢性化してくると施術しても症状の改善が遅くなります。

腰の痛みは、体からの警報

腰の痛みは、よく火災報知器の警報音に例えられます。

火災報知器の警報音は、建物などのどこかで火災が起きた時にそれを知らせるために鳴ります。

もっとも、火災報知器は機械物ですから誤作動をして、火事が起きていなくても警報音が鳴るときがありますが、そういったことは例外です。

基本的に火災報知器は火事を知らせる装置です。

この話を腰痛に当てはめて考えてみますが、腰に関係のある所で異常があれば、その影響を受けて腰のどこかの部分に痛みなどの症状が出ます。

つまり腰の痛みは、建物などの火災の時の火災報知器の警報音に相当するわけです。

身体の場合は、皮膚などにある痛みを感じる受容器(センサー)が火災報知器に相当します。

腰に関係があるといっても、腎臓、泌尿器系、消化器系などの内臓関連だけではありません。

それこそ、全身のあらゆる所が影響して腰に痛みを出します。

頭、首、腕、手首、手の指、胸、肩甲骨、腹部、背中、股関節、膝、足首、足の指などにある筋肉、筋膜、靭帯などの組織が影響しています。

また、腰に痛みが出ているといっても、過去のむち打ち、足首捻挫、足の骨折、肩の脱臼、股関節の脱臼、手首、肘の捻挫などが影響している可能性があるわけです。

腰痛関連記事
腰痛1

腰痛2

ページ上に戻る

Copyright(c) 2013 斉藤施療院 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com