初めての方は必ずお読みください

吃音(どもり)

空と海

 

吃音(どもり)は、言葉が出にくい、つまる、出ないといった症状があります。

吃音の原因

吃音の原因は、一般的には、心理的要因、先天的要因(遺伝)、先天的要因(遺伝)、環境要因によって、発声器官の運動が影響を受けて、吃音が起きるとされています。

当院の考え方

しかし、当院では別の理由があると考えています。

それは、東洋医学で言われる“気”の流れの滞りです。

“気”と言ってもピンとこない方もみえるかもしれませが、体の内外を流れるエネルギーのことです。

体の内外を流れるエネルギーが滞ると、体の各器官の機能が影響を受けて、いろいろと不具合がおきます。

このような考え方は、東洋医学独自のもので西洋医学(病院)にはありません。

吃音の対処法

吃音の対処法は

・薬による治療

・言語トレーニング

などがあります。

当院での対処法

上記したように吃音は、“気”の流れの滞りに原因があると考えておりますので、当院では“気”の流れの滞りを整える調整を行っています。

吃音の症例

10代男性

3歳頃より症状が出始め、病院を始め、鍼灸、整体などの民間療法を試したそうです。

鍼灸、整体には遠方まで足を運んだそうですが、施術後は調子がよかったようですが、時間が経つと元の状態に戻ってしまうということで、当院に来られました。

1ヶ月に1回くらいのペースで施術を受けられました。

かなり好転反応が出ました。

しかし、好転反応が出て体が浄化されたため、日に日に改善していきました。

吃音関連記事

吃音(どもり)の対処法

ページ上に戻る

Copyright(c) 2013 斉藤施療院 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com