初めての方は必ずお読みください

パニック障害(パニック症)

不安な女性

 

パニック障害は、予期せず突然パニック発作を繰り返す疾患です。

パニック発作の症状

・動悸、胸の痛み、胸苦しさ

・息苦しさ、息が詰まる

・めまい、ほてり、ふらつき

・冷感、発汗

・手足のふるえ

などの症状があります。

パニック発作は、突然あらわれます。

症状は、10~30分くらいで治まることが多いと言われていますが、場合によっては数時間続くこともあるようです。

そして、上記したように発作を繰り返すことが多いです。

予期不安、広場恐怖

予期不安

パニック発作を一度起こすと、また症状が出るのではないかと不安な気持ちになることを言います。

広場恐怖

広場恐怖は、以前パニック発作が起きた場所に行くと、また発作が起きるのではないかという恐怖でその場所へ行けなくなります。

そして、発作への不安から、発作が起きた場所と似たようなところを避けるようになります。

パニック障害の原因

パニック障害の原因は

・強いストレス

・過去のトラウマ、虐待などのつらい体験

・性格

・遺伝子

・喫煙

・脳の神経伝達物質(セロトニン、ノルアドレナリン)の異常

などが言われていますが、はっきりしたことは分かってないようです。

当院の考え

パニック障害の原因は、上記のようなことが言われています。

当院ではそれらのことが原因ではなく、東洋医学で言われる“気”の流れの滞りが関係していると考えています。

“気”の流れとは、体の内外を流れるエネルギーのことです。

“気”の流れは、心身をコントロールしていて、滞りがあると精神的、肉体レベルで不具合が起きます。

西洋医学では、脳の神経伝達物質の異常が有力視されていますが、それも“気”の流れの滞りの影響ですから“気”の流れの滞りを整えていけば、神経伝達物質の異常も正されていきますので、不安障害も改善の方向へ向かいます。

Copyright(c) 2013 斉藤施療院 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com