急性の腰痛と慢性の腰痛

急性の腰痛は、俗に言うぎっくり腰ですが、突然強い痛みが起きるのが特徴です。

そして、慢性の腰痛は、3ヶ月以上痛みが続く腰痛をさします。

急性の腰痛

重い物を持ち上げた時に腰に負担がかかり腰を痛めた場合は、筋肉や筋膜などの組織の微小な損傷がおきますが、その損傷が修復されていけば痛みが引いていくことが多いです。

このような腰痛は、筋・筋膜性腰痛と言います。

ですから言ってしまえば、筋・筋膜性腰痛は外傷に分類される腰痛です。

筋・筋膜性腰痛は、筋肉や筋膜の損傷で外傷ですから、なにもしなくても日数が経てば修復されます。

応急処置として、アイスパックなどでアイシングなどがされることも多いですが、冷やすことは、かえって組織の回復を遅らせることになりますので、逆効果です。

組織の修復をしているから炎症が出ているわけで、冷やすことによって炎症を止めることは修復の邪魔になることをしているわけです。

ですから、当院では炎症がある時にアイシングはしません。

当院では、他の整体院にない特殊な調整を行います。

特殊な調整を行うと、アイシングのように組織の修復を邪魔することもありませんし、逆に組織の修復が早まりますので、炎症も早く引きます。

また、痛みのある部分へのマッサージをしても効果はありません。

体のバランスが整う場所へのマッサージなら効果はあります。

ところで、ぎっくり腰を繰り返しているいわゆるくせになっているような人や足の痛み、しびれが出る人は、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離・すべり症など骨に異常が存在すると言われています。

でも、それは関係ありません。

骨の異常があっても足の痛み、しびれが出るわけではありません。

内臓からの影響で足の痛み、しびれが出ます。

また、ぎっくり腰を繰り返す場合も筋・筋膜性腰痛ではなく、内臓が関係してぎっくり腰を起こしているのです。

その場合は、筋肉の調整ではなく東洋医学で言われる“気”の調整を行わないと、改善しにくいです。

慢性の腰痛(腰の鈍痛)

一方、慢性の腰痛(腰の鈍痛)は、筋・筋膜の損傷ではなく、内臓が関係している症状が多いです。

内臓が関係していると言っても、いわゆる病気の状態ではなく、内蔵機能が低下していてその影響で腰に痛みが出ることも少なくありません。

慢性の腰痛の場合、マッサージ、整体なにをしても良くならないと言われます。

良くならないということは、原因(内臓からの影響)に対して施術をしていなくて、対症療法の施術をしているからでしょう。

そうでなければ改善に向かうはずです。

もし、原因に対して施術してもらっていても改善しない場合は、施術の仕方が良くないか、本当の原因を見つけてないからでしょう。

ただ、本当の原因を探すのは大変なことです。

ですから、当院では“気”の調整を行います。

“気”の調整を行うと、原因の部分にも効果が及びますので、症状の変化にあることが多いです。

ぎっくり腰Q&A

.ぎっくり腰で整体を受けると悪化しませんか?

.他の整体でぎっくり腰の施術を受けたら、余計痛みが増したという話を時々聞きます。

痛みが増すのは、背骨などの骨格矯正、筋肉の調整で、体に対して無理な施術を行った場合に起きることが多いです。

無理な施術と言っても、強い刺激で調整するからではありません。

強い刺激で調整をしても、理にかなった方法でしたら悪化することは少ないです。

ただ、正しい方法で施術をしても、好転反応が起きて痛みが増すことがあります。

好転反応で痛みが増した場合、腰の痛み以外の他の部分も調子が良くなったりするのが特徴です。

例えば、腰の痛みが引いてから、内臓の調子が良くなって便秘が改善したといった具合です。

ですから、腰の痛みがましたといっても、好転反応と単なる悪化ではまったく違うわけです。

.ストレッチをするとぎっくり腰が改善しますか?

.ぎっくり腰といっても、筋・筋膜性腰痛と内臓が関連する場合があります。

筋・筋膜性腰痛の場合は、ストレッチもやり方次第で改善することもあります。

しかし、内臓が関連する場合は、ストレッチをしても改善しにくいです。

内臓が関連するぎっくり腰のしくみ

“気”の流れの滞り

内臓の機能の低下

内臓に関連する腰周りの筋肉の緊張が強くなる

ぎっくり腰

“気”というのは、体の内外を流れるエネルギーのことです。

そして、“気”の流れが滞ると、内臓の機能が低下し、内臓と関連する腰周りの筋肉が影響を受けて緊張が強くなって腰の痛みにつながります。

こういった考え方は、西洋医学にはなく東洋医学独自のものです。

このように内臓が関連するぎっくり腰は、“気”の流れの滞りが大元の原因ですから、腰周りの筋肉をストレッチしても改善しにくいのです。

重いものを持つと腰痛(ぎっくり腰)になる?

重い物を持つと腰の筋肉に負担がかかって腰を痛めるということが常識になっています。

本当にそうなのでしょうか?

私も20代の頃、ひどいぎっくり腰になったことがあります。

でも、動けないくらいのひどい腰痛はその時の1回だけでその後腰痛に苦しんだということはありません。

商品管理の仕事で割と重い物(重くても20kg程度)を持つ機会多かったので、それが原因で腰を痛めたとその時は思っていました。

でも今は、腰を痛めたのは重い物を持つ回数が多いから腰に負担がかかるからというよりも、他の原因で腰を痛めたのではないかと考えています。

もし他の人が言うように、腰の筋肉に負担がかかって腰を痛めるとしたら矛盾が生じます。

と言うのは、重い物を持っても腰を痛める時と傷めない時があるからです。

ですから、この理屈は無理があるのです。

重い物を持つから腰を痛めるのではなく、腰の痛みは内臓が関連していると思います。

腰を痛めるのは内臓の調子が落ちている時で、腰の筋肉がその影響を受けて緊張が強くなっていて、たまたま重い物を持った時にギクッとくるわけです。

ちなみに重い物を持つだけでなく、くしゃみをしてもギクッとくることがあります。

くしゃみでギクッとくるのも、内臓の関連で起こるわけです。

座り方が悪いと腰痛になる?

悪い座り方と言えば、腰を丸くして座っている人が多いですね。

腰を丸くして座っていると、見た目がよくなくてあまりかっこいい座り方ではないです。

腰を丸くして座っていても腰痛にはならない

一般的には、座り方が悪いと腰痛の原因になると言われています。

腰を丸くして座っている姿勢は、腰の筋肉などに負担がかかり、その結果腰椎(背骨の腰の部分の骨)がずれてしまって、神経を圧迫して腰痛につながりやすいと言っている整体師の人が多いです。

しかし、仮に腰椎がズレて神経を圧迫したとしても腰痛になるわけではないのです。

病院のMRI画像でヘルニアが確認され、神経が圧迫していてもなんの症状もない人がたくさんいます。

また、腰椎がずれた(腰椎が歪む)としても、しばらくすれば元の良い状態に復元されますので心配はいりません。

基本的に、腰痛は、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離・すべり症、腰部脊柱管狭窄症などの骨の構造的な問題で起きることはありません。

その証拠に、病院で腰椎椎間板ヘルニアと診断され手術をしても、腰痛が良くなることは少ないです。

では、なにが問題で腰痛が起きているのでしょうか?

それは、東洋医学でよく言われるいわゆる“気”の流れの滞りが影響して腰痛が出ているのです。

“気”は、体を流れるエネルギーのことです。

ですから、“気”の調整を行っていくと腰痛も改善されやすくなります。

自転車による膝の痛み

運動不足の解消のためかは分かりませんが、通勤や近い距離の移動に自転車を使う人が増えています。しかし、膝を痛めることが多いようです。

自転車に乗るのは、ランニングなどに比べて膝を痛めることが少ないといわれていますが、膝を痛めやすいのは膝に負担がかかるポジションで走ったり、坂をひんぱんに走ったりした時が多いと思います。

膝痛は体のゆがみの固定を調整する必要がある

自転車で膝を痛めるのは、体の歪みが関係しています。ですから、特に体の歪みが固定してしまっている人は要注意です。

体の歪みが固定してしまっていると、筋肉が縮みっぱなしになっていて、筋肉の端にある腱の部分が引っ張られて痛みが発生します。

膝の内側、膝のお皿の下の部分、膝のお皿の外側の部分などに痛みが発生することが多いです。

膝の内側の部分の痛みは、鵞足炎。膝のお皿の下の部分の痛みは、膝蓋靱帯炎(別名ジャンパー膝ともいいます)。そして、膝のお皿の外側の痛みは、腸脛靭帯炎(別名ランナー膝とも言います)。

そういった膝の痛みに対する処置は、症状のある部位にマッサージをしたり、アイシングをすることが多いようです。しかし、そのような処置だけではなかなか症状が改善されていかないのではないでしょうか。

やはり、体のゆがみの固定している状態を調整して、腱にかかる負担を減らしていかないとなかなか良くならないと思います。

膝の痛み関連記事

便秘が改善

女性の方は、便秘の人が多いです。

便秘を解消しようとしていろいろ涙ぐましい努力をされているようですが、結局最終的には薬に頼るという人が多いようです。

いろいろ体操や運動などをやるといいと分かっていてもなかなか忙しかったりして、体操などが続かずついつい安易な方へ流されて結局薬を飲んでしまうということになるようです。

頑固な便秘は変化するまで時間がかかる

先日みえた女性こちらに来られるようなって5ヶ月になります。

施術回数は5回です。

ですから一月に一回位においでになる勘定になります。

この方は便秘になって10年以上たつそうです。

やはり、今でも薬を飲んでいらっしゃいます。

それだけこの方の便秘の症状がガンコだということでしょう。

でも、私の所へ来られるようになってから、便通の状態が変わってきました。

私の所へこられる前は、薬を飲んでもなかなかすっきりしないことが多いようでした。

しかし、最近はわりとスムーズに出るようになってきたそうです。

便秘関連記事