骨盤の歪みが原因で症状が出る?

骨盤のゆがみが原因で腰痛、肩こり、首の痛みなどの症状が出るということをよく言われます。

そう言われると、そうなのかなと思う人がいるかもしれません。

でも本当にそうなのでしょうか?

確かに、腰が痛みがある時などは、体がかなり歪んでいるように見えますので、そのような時は、骨盤全体が傾いたり、ねじれて歪んでいるでしょう。

でも、骨盤が歪んでいるからといって、その歪みが腰の痛みの原因とは言い切れないと思います。

体のどこかの働きが悪いから症状が出る

僕は、骨盤がゆがんでいるから、腰痛、肩こりなどの症状が出るのではなく、体のどこかの部分で働きが悪いところがあって、その働きが悪いのが普段よりさらにその働きが悪くなり、その結果症状が出ているのではないかと考えています。

世間で言われているのとはまったく逆のことが起きていると思うわけです。

ある器官の働きが悪くなる→筋肉のバランスのくずれ→症状が出る→骨盤が歪む

というふうになるわけです。

この考え方で言うと、椎間板ヘルニアも同じ理屈になります。

ある器官の働きが悪くなる→筋肉のバランスのくずれ→症状が出る→椎間板が飛び出る

ですから、症状を良くしていくのに、骨盤の歪みを矯正してもあまり意味ありません。

そして、筋肉をストレッチなどをしてほぐして緊張を和らげることも、ほとんど意味はもたないです。

一時的に症状が軽くなるだけで、時間が経てば元の状態に戻ってしまいます。

世間でやられていることは、まったく意味のないことが多いです。

ではなにをしていけばよいのでしょうか?

その答えは、働きが悪くなった器官にアプローチしていくことです。

そうすれば、症状も良くなっていきます。

具体的な方法は、働きが悪くなった器官に関係あるツボを操作すればいいです。

ツボ押しは効果がない?

ツボの操作をする場合、ツボの操作法を書いたものを参考にすることが多いです。

そのやり方はだいたいツボに対して適度な強さで押すということが一般的です。

確かに、ツボは単に押しただけでは効果は微妙にしか出ないでしょう。

ツボ押しはいろいろやり方を考える必要がある

つぼに対する刺激方法は、鍼を打つ、鍼を打って電気を流す、お灸をすえる、棒灸で刺激をする、色紙を貼る、などいろいろなものがあります。

鍼を打つ場合だと、打つ方向、浅く打つか深く打つか、あと中空で鍼をかざすだけという方法もあります。

その他、てい鍼でこするという方法もあります。

棒灸で刺激をする場合だと、呼吸に合わせて近づけたり離したりする方法もあります。

他にもツボに対する刺激の方法は、いろいろあると思いますが、ともかくやる人によって、いろいろな方法でツボを刺激する方法を変えます。

ですから、ツボを押す場合も単にツボに対して真っ直ぐ押すだけでなく、いろいろとやり方を変える必要があると思います。

それから、ツボを選ぶことが非常に大事です。

刺激するツボによってかなり効果が違ってきます。

その他、押す力も大事です。

押す力が少し違っただけで、症状の取れ方が全然違ってきます。

むやみやたらに強く押しただけでは、どうしようもないです。

場合によっては、ツボに触れているだけでも効果が出ることもあります。

強さによって効果が違うのは、刺激の加わり方が変化することよって”気”の流れ方に違いが出るからです。

ですから、ツボ押しは単に硬くなっている筋肉が、ほぐれればいいというものではないのです。

筋肉の状態を調べて行えば、ストレッチは有害にならない

ストレッチ 有害で検索すると、いろいろなことを書いてあるサイトがあります。

その中で、一番多いのは、静的ストレッチは有害だとする意見です。

ストレッチと言えば、この静的ストレッチを指すことが普通のようになっています。

でも、正しいやり方でストレッチをやっている人が、ほとんどいないわけですから、ストレッチが有害だと言われるのも、なんら不思議でないでしょう。

ストレッチするには筋肉の状態を調べる必要がある

ところで、病気で病院を受診すると、治療をする前にいろいろと検査をして、診断が下りてから治療に取り掛かります。

ですから、検査をいろいろやってもなにも異常が見つからなければ、治療をしません。

これをストレッチに当てはめると、ストレッチをする前に筋肉の状態をしっかりと調べて、筋肉の状態が分かってからストレッチをするのが、順番でしょう。

ところが、そういったことを一切せずに、いきなり筋肉を伸ばすようなことをすれば、いろいろと体に不具合が起きるのも当然です。

知ってる人はそれほど多くはないと思いますが、筋肉はねじれています。

そして、そのねじれ方ですが、筋肉の片端ともう一方の片端が逆方向にねじっています。

つまり、タオルを絞ったようなねじれ方をしているわけです。

そのようなねじれ方をしている筋肉を真っ直ぐに伸ばせば、どうなるかは小学生でも分かるはずです。

筋肉がねじれていれば、そのねじれ方に合わせたストレッチをしなければ、筋力、筋パワーの低下が起きて、パフォーマンスが落ちるのは当然です。

では、実際にねじれた筋肉がどの程度ねじれているかを調べるわけですが、これは慣れないと結構調べるのは大変な作業になります。

ですから、静的ストレッチできちんと結果を出すには、ストレッチをやること自体よりも、筋肉の状態を調べることの方が難しいです。

でも、それをクリアーすれば、ストレッチは有害とか無意味という批判はなくなります。

ストレッチで筋肉を伸ばすだけでなく、縮める方法を使ったほうがいい場合もある

ストレッチは、有害だという説がありますが、正しいストレッチの仕方をすれば、それほど有害ではないです。

その前に、ストレッチをする目的をはっきりさせておく必要があります。

それは、硬くなって縮んでしまって伸びにくくなった筋肉を、正常な長さの筋肉に近づけることです。

筋肉の長さを正常にするのにはストレッチが向かないことがある

ですから、筋肉を正常な長さに近づけるための方法として、ストレッチを行うことが必ずしも最適とは限りません。

と言うのは、筋肉のストレッチだけをやっても、筋肉の長さが変化しないことがあるからです。

筋肉のストレッチは、筋肉を伸ばします。

しかし、筋肉に痛みがある時は、ストレッチを行っても筋肉を正常な長さに近づけることが難しくなります。

ですから、そういったケースでは、痛みがある筋肉を伸ばすのではなく、最大まで縮めるという方法を行った方が良いかもしれません。

その方法は、ストレイン・カウンターストレインと呼ばれる方法です。

この方法は、略してSCSと呼ばれています。

このSCSは、元々アメリカのオステオパシードクターのローレンス・ジョーンズという人が考案した方法です。

筋肉を伸ばすのではなく、縮めるという方法ですから、まったく逆のやり方です。

この方法でも、ストレッチと同じ効果が得られます。

と言って、このSCSですべて目的が達せられるわけではありません。

ストレッチをやった方がいい場合もあります。

要は使い分けすることです。

カウターストレインのやり方
1.筋肉を楽な位置にもっていく

2.その楽な姿勢を約90秒間持続させる

3.約90秒経過したら、ゆっくり戻していく

1の筋肉を楽な位置にもっていくというのは、ばくぜんとしていて分かりにくいですね。

では、肘が曲がったままになってしまって、まっすぐに伸びないという状態を例に上げて説明します。

肘が伸びないのを伸ばす方向に操作することは、上腕二頭筋を伸ばしますので、上腕二頭筋のストレッチになります。

逆に、余計肘を曲げる方向に操作するのは、上腕二頭筋を縮めていますので、カウターストレインということになります。

肘をゆっくり曲げていくと、上腕二頭筋が一番緊張が緩みやすい位置があります。

その位置に止めておいて、首をゆっくりと左右に回してみると、首の回り方が右と左で同じように回ります。

つまり、首の回り方を左右で比較することによって、上腕二頭筋が一番緊張が緩む位置を確認するわけです。

肘を曲げていって、筋肉が一番楽な位置を見つけるコツは、ゆっくり肘を曲げていった時に、前腕が行きたい方向についていくことです。

早く肘を曲げてしまうと、前腕が行きたい方向が分からないので、筋肉を楽な位置に持っていくのが難しくなります。

3のゆっくり戻すというのは、ばくぜんとしていますが、ミリ単位で戻していきます。

もし、早く戻した場合は、全く効果を得ることが出来ません。

反り腰は筋肉を緩めると良くなる?

反り腰を改善させるエクササイズの方法や整体の方法はたくさんあります。

そういった方法のほとんどは、筋肉を緩める方法です。

でもそういった筋肉を緩めて反り腰を改善させる方法は、何回やっても何年やっても結果は出ないと思います。

確かに、一時的には筋肉を緩めてあげれば反り腰が改善したように見えます。

でもあくまでも一時的です。

一時的効果しかありませんから、反り腰改善を謳っている整体では、自宅でエクササイズをやるように指導しています。

それでは、その整体の技術では、反り腰を改善させることが出来ないと言っているようなものです。

整体の術者が行う施術と、クライアントが行うエクササイズのレベルが一緒のはずがありません。誰が考えても、術者の施術の方がレベルが上でなければおかしいです。

こんなことを書くと、反り腰を改善させるために、お金と時間を使って施術に通っている人には申し訳ないです。

でも、それが現実です。

反り腰は普通に筋肉を緩めただけでは改善しない

反り腰を改善させるためには筋肉を緩めることは必須です。

筋肉のバランスがくずれて姿勢が変化するわけですから、筋肉を操作して緩めることは当然です。

でも、普通に行う筋肉の緩め方では、反り腰改善の効果はありません。

普通に行われている筋肉操作は、神経に働きかけています。神経に働きかける筋肉操作で施術しても、筋肉は緩みます。

しかし、5分も経たずに元の状態に戻ってしまいます。

それでは、反り腰の改善なんてことはとても望めません。

ではどうしたらいいのでしょうか。

効果を出すには、経絡に働きかけなければなりません。

では、経穴(ツボ)を操作すれば良いのかということになりますが、そう単純ではありません。

それはともかく、経絡(気)に働きかける方法で筋肉を緩めると、反り腰の改善効果は持続します。

このことは、反り腰の施術だけではありません。

骨盤矯正も同じことが言えます。

日本中に手技療法をやる人が何人いるかは分かりませんが、おそらく、私のようなやり方で筋肉を操作する人はいないと思います。

ほとんどの人は、筋肉操作の時に神経に働きかける操作をやっていると思います。

神経に働きかける操作では、縮んでいた筋肉は一時的に緩みます。

一時的でも筋肉が緩むと、症状も和らぎます。

急性の場合だと、そのまま症状がだんだんなくなっていくこともありますが、慢性の場合ですと、ほぼ症状は2~3日で元の状態に戻ります。

早い人だと施術をしたその日に戻ってしまいます。

ですから、反り腰のような姿勢の改善はとても望めません。

一方、私のやっているような経絡に働きかける施術法ですと、戻りが少なく慢性の症状も改善されていきます。

もちろん、戻りが少ないですから反り腰のような姿勢の改善も出来ます。

私がやっている方法以外で経絡に働きかける方法は昔からあります。

でもその方法は、非常に難しく達人がやる技と言われています。

おそらく国内でその方法を使いこなせるのは一握りの人しかいないと思います。

ですから私も出来ません。

でも、私の場合はその方法以外で同じ効果がある方法を考案しました。

それがこちらです。この方法を使うと、反り腰などの姿勢の改善も出来ます。

大腰筋トレーニングだけではスポーツのパフォーマンスは向上しにくい

大腰筋が弱ると、つまづきやすくなる・下半身が太くなる・スポーツのパフォーマンス低下などの影響があり、それを強化するために、大腰筋エクササイズが注目されています。

しかし、大腰筋はインナーマッスルと言われ、体の深部にあるため、エクササイズをするにはなかなか難しい筋肉です。

エクササイズの方法としては

・ウォーキング

・ストレッチ

などがあります。

ウォーキング、ストレッチにもやり方がいろいろあります。

ウォーキングは、その時の体の状態に合わせた自然の歩き方をしたほうが効果が上がりやすくなります。

ストレッチは、

・椅子に座って行う方法

・立って行う方法

があります。

これらの方法で大腰筋エクササイズを行うと、一定の効果はあります。

しかし、持続性がありません。

ですから、スポーツのパフォーマンスの低下などを防ぐ方法としては、ちょっと疑問符が付きます。

スポーツのパフォーマンスというのは、筋力があれば上がるというものでもありません。

やはり、筋力よりも体全体のバランスが大事です。

一流のアスリートが活躍しているのは、特定の筋肉に筋力があるというよりも、筋肉がバランス良く使えているからでしょう。

また、つまづきやすいというも、筋力がないからではなく、筋肉のアンバランスが影響していると思います。

最初に、大腰筋は、体の深部にあるためエクササイズしづらいと書きました。

ですから、大腰筋を上手く調整して体のバランスを取るには、体の表面近くにある部分をやったほうがいいです。

例えば、皮膚、筋膜、ツボです。

皮膚、筋膜、ツボを使っても、大腰筋を調整することが出来ます。