施術を受けても腰痛がすぐに戻ってしまって良くならないという方へ

施術をやっても、腰痛がすぐに元の状態に戻ってしまうのは、悪い姿勢が本来の姿勢であると、脳にインプットされているからと言う説明をしていることが多いです。

元の状態に戻らないようにするには、なんども調整して、良い状態を脳に記憶させる必要があるということらしいです。

この説明を読んでいると、知らない人はなるほどな思うかもしれません。

もっともらしい説明ですが、本当なのでしょうか?

私がやっている施術方法も、戻りがゼロとはとても言えませんが、他の人がやっている施術方法のように完全に元の状態に戻ってしまうということはありません。

他の人がやっている施術方法と比べて、戻りは少なく良くならないということはありません。

では、私がやっている施術の方法と、他の人がやっている施術方法はどこが違うのでしょうか。

体のことは体が一番よく知っている

結論を言えば、体がして欲しい施術を行っているから、他の人の施術方法と比べて、戻りが少ないのではないかと考えています。

整体の施術には

・体の歪みを観察してその結果を基に施術する方法

・体の動きを観察してその結果を基に施術する方法

などがあります。

どんな方法で、施術を行っても良いと思いますが、施術者の頭で考えた方法では、体の歪みは元に戻ります。

例え、その方法が医学的にみて理にかなった方法だとしてもです。

私の行っている施術方法は、頭で考えたような難しい理論はありません。

ただ、忠実にその人の体の要求に従って施術しているだけです。

体の要求に従って施術するというのは、その人の意志とは関係ありません。

よく整体などで強くやってもらわないと効いた気がしないという人がいます。

その人の意志では強い刺激で施術して欲しいと願っているわけですが、体の要求は逆に強い刺激ではなく弱い刺激で施術して欲しいという反応が出る場合があります。

それは、体の反応を見る検査で調べると、すぐに分かります。

ですから、その時は弱い刺激で施術したほうが症状は早く改善します。

体というのは、強い刺激一辺倒の施術で変化するほど単純ではありません。

いろいろ施術方法を研究しましたが、結構体は複雑になっています。

体は複雑になっていますが、法則性というものがありますので、その法則性に沿って施術していけば、体は変化していきます。

初めての方へ

他の整体院などでは、腰に症状があれば骨盤、腰椎の周りを、また肩、首に症状があれば、肩、首周りの部分を施術するところが多いです。

しかし、当院では、他の整体院と違って症状のある部分を必ずしも施術いたしません。

症状のある部分を施術した場合、その場症状が改善することが多いのですが、早期(2~3日)に症状が戻ってしまうことも少なくないのが現状です。

症状の原因は症状のある部分にはない

なぜ早期(2~3日)に症状が戻ってしまうかと言いますと、そこには原因がないことが多いからなのです。

原因のない部分を一生懸命施術したとしても、その場しのぎにしかなりません。

私は、20数年の経験がありますが、整体院、その他の治療院に行きました。

それは、他所はどんなことをしているかを調べるためです。

だいたい、症状が出ている部分を施術している治療院は、たいがい2~3日で症状が戻ってしまいました。

それは、経験の長いベテランの先生の施術でも同じです。

そのようなこともあり、当院も料金をいただいて施術している以上、できるだけそのようなことを防ぐため、症状がある部分と関係のないところを施術していますが、今言ったような理由があるためにそのような方針で施術を行っています。

どうぞご理解いただくようにお願いいたします。

整体とは・・・

施術を受けに来られる人で施術をすれば、その場で症状が消えてしまうとお考えのひとがいます。

確かに、当院でもその場で症状に変化が出て楽になる人もあります。

しかし、施術後すぐに症状にあまり変化がない人もあります。

整体施術は体の機能を高めることが目的

他の整体院では、施術後すぐに症状が変わるような施術をする先生もいます。

その方法は、症状のある部分を押したり揉んだりするやり方です。

ですから、そういった整体院では、その場症状が楽になることが多いようです。

でも、そういった施術をした場合、症状の戻りが早いのです。

こういった施術のことを、対症療法の施術と言います。

この対症療法の施術は即効性があっていいのですが、症状の戻りが早いですから、何度施術しても同じことの繰り返しになりますので、慢性化した症状には向きません。

当院では、そのことが分かっていますから、そういった対症療法の施術は行っていません。

と言って、私が手を抜いた施術をしているわけではありません。

整体の施術は、本来症状を直接取るものではないのです。

体の機能が落ちたために、腰痛、肩こりなどの症状が出ていると考えていますので、整体施術を、体の機能を高めることを目的として行っています。

整体施術によって、体の機能が高まってくれば、慢性化した症状も自然に変化してきます。

腰痛で立てない時の原因

腰をひねったりして、だんだん腰の痛みがひどくなり、立ち上がるのが難しくなることがあります。

その原因として、大腰筋(だいようきん)が関係していて、緊張が強くなって硬くなっているため、腰を伸ばしにくくなり腰に痛みが出ると言われています。

確かに、大腰筋は腰痛に関係があります。

しかし、大腰筋は、立ち上がるときの腰の痛みの本当の原因ではありません。

大腰筋はあくまでも2次的原因にすぎません。

ですから、大腰筋をストレッチなどでほぐして緊張をゆるめても戻りがはやく、一時的な効果しかありません。

そのことは、大腰筋のストレッチをしている人はご存知でしょう。

一次的原因は、“気”の滞りにあります。

“気”の滞り

内臓器官

大腰筋

腰痛

となるわけです。

内臓器官が大腰筋に影響を与えているのは、内臓器官の働きが落ちているためです。

そして、内臓器官の働きが落ちるのは、“気”の滞りがあるからです。

“気”は、体を流れるエネルギーのことです。

“気”が滞ると、体の不調が起きるというのは、東洋医学の考え方です。

それはともかく、当整体院では、大腰筋をストレッチなどで調整するのではなく、“気”の調整を行って腰痛に対応しています。

腰を反れない、反ると腰痛が出る

腰痛は、じっとしていても出ることもありますが、なんらかの動作をした時に出ることも多いです。

今回は腰を反れない、反らす動作をすると腰痛が出る場合について書こうと思います。

腰を反らす動作は、ラジオ体操の中に体を後ろに反らす動作があります。

しかし、その動作だけではなく

・日常で立ち上がる時

・寝た状態から起き上がる時

・仰向けで寝る

・からだを真っすぐにして歩く

などの動きも腰を反らす動きになりますので、これらの動きで腰が痛くなります。

腰を反らす動作をすると腰痛が出る場合、腰の筋肉に原因があるのではなく、お腹や太ももなど体の前面にある筋肉が関係していると言っている整体師の人が多いです。

確かに構造面で見ると、体の前面にあるお腹、太ももの筋肉が緊張して縮んでいると、腰を反らす動作がしにくくなりますので、痛みが出るという理屈も考えられないこともないです。

しかし、そのようななことで痛みが出るわけではありません。

腰を反らすときに関係がある筋肉は、ふくらはぎにある筋肉です。

この筋肉が緊張して縮むと、腰を反らす動作をすると痛みが出ます。

そして、この筋肉は内臓からの影響を受けています。

ですから、腰を反らす動きで痛みが出る場合は、ふくらはぎにある筋肉に影響を与えている内臓の働きが落ちていますので、施術によって活性化させていく必要があります。

正しい歩き方をすると、姿勢が良くなったり、腰痛、肩こりが良くなる?

正しい歩き方をすると、姿勢が良くなったり、いろいろな不調が良くなると言っている人がいます。

本当なのでしょうか?

歩き方を変えたくらいでは姿勢は変わらない

その前に、正しい歩き方とはどんなものなのでしょうか。

健康な時も病気の時も、特別に歩き方などを意識せずに歩いているのが、一番自然だと思いますがどうでしょうか?

例えば、お腹が痛くなって、トイレに行きたいときは、自然に前屈みになって歩いています。

また、左足が痛い場合は、自然に痛い左足をかばいながら歩いています。

このような歩き方は、正しくないのでしょうか?

おそらく、正しい歩き方云々と言っている人も、上のような状態のときは、自然にそのような姿勢で歩いていると思います。

話が少し飛びますが、菜食主義者の人が他の人に仕事で、菜食を他人に説いていて、普段はその菜食主義者の人は、野菜ばっかりでは精が付かないと言って肉を食べているという話を聞いたことがあります。

仕事で正しい歩き方を指導している人も、おそらく本音では見た目に綺麗な歩き方をすれば、体に負担が大きいと思っているのではないでしょうか。

解剖学などの知識を応用した、いろいろな健康法が出回っています。

でも、そういった解剖学などが100%正しいとは限りません。

今まで常識とされていた理論が見直されて、常識でなくなっている例がたくさんあります。

ですから、健康法を推奨している人も、本音と建前をわけていることが多いですから、注意が必要です。