便秘と腰痛の関係

西洋医学では腰痛の8割が原因が不明だと言われています。

そして残りの2割が腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離症、腰椎すべり症、骨粗しょう症などの骨の異常によるものだと言われています。

しかし、腰の痛みは約8割くらいが内臓の影響によるものだと考えています。

そして、ぎっくり腰などの急性の腰痛なども、重い物を持ったりしたために起こると一般的には言われていますが、これも内臓からの影響によるものが多いと思います。

内臓の影響による腰痛は、便秘(消化器系の不調)、腎臓、婦人科系から来るものが多いでしょう。

便秘による腰痛は反射(内臓ー体性反射)によるもの

さて、今回の主題の便秘(消化器系の不調)による腰痛ですが、大腸の中に便がたまることよって腸が膨張し、周囲の神経、血管を圧迫することによって腰に痛みが起こるという説明をする人がいます。

また、大腸の中の血液が汚れる(ドロドロ血液になる)ので、体に必要な栄養を運搬できないために腰に痛みが出るという人もいます。

しかし、便秘が原因による腰痛の原因はそういうことではありません。

神経、血管が圧迫されても痛みは出ないです。

また「ドロドロ血液」、「さらさら血液」いう表現も過去に一時話題になりましたが、医学的には根拠がないということでした。

消化器系の不調による腰痛は、反射(内臓ー体性反射)によるものです。

特定の内臓と骨格筋は関連性がありますので、精神的ストレス、疲労の蓄積などの影響によって内蔵の働きが悪くなると、関連のある筋肉が異常収縮を起こし、腰に痛みが出るわけです。

ですから、便秘による腰痛の症状を改善させるには、反射(体性ー内臓反射)を上手く利用すれば調整できます。

鍼、灸などの方法もこれを利用したものです。

内臓-体性反射

当院の施術を受けに来られる人と話していると、痛みなどの症状は骨のズレが関係していると思っている人が多いです。

ですから、施術用のテーブルに寝てもらっても緊張して力が入っていることがしばしばあります。

緊張して力が入っているのは、荒療治をされるのではないかと警戒されているのでしょう。

腰痛、肩こりなどの症状は骨のズレが原因ではありません

しかし、腰痛、肩こりなどの症状は、骨がずれるから出るわけでありません。

そうではなくて、内臓の不調からきていることが多いのです。

例えば、腰に痛みがある人ですと腰の骨がズレているから腰が痛いと思っている人が多いです。

確かに腰が痛い人の腰の骨を調べてみると、腰の骨がズレているようにみえます。

でも本当に腰の骨がズレているわけではないのです。

腰の骨が本当にズレているとしたら、それは腰の骨の脱臼です。

骨の脱臼は、整体の業務範囲ではありませんからそういう時は、整形外科に行ってください。

内臓の不調からくる症状は内臓―体性反射によって起きています。

内臓―体性反射というのは、内臓器に異常があるとき、その反応が関連する神経を介して、特定の体表面に知覚過敏や圧痛として現れる反応。

痛みとして現れた症状を関連痛と呼びます。

平たく言えば、仮に腸の働きが悪くて便秘をしていて腰が痛いとします。

そうすると、その腸に関係のあるツボにたいがい痛みが出ます。

その腸に関係のあるツボがあるところの筋肉が緊張して痛みなどの症状が出るわけです。

それを内臓―体性反射と呼ぶわけです。

内臓の不調といっても、ほとんどの人は内臓の働きが悪くなっているだけですから心配いりません。

でも中には、腰の痛みを何回か整体で施術をしても症状にまったく変化がない場合もありますので、そういう時は内臓が本当に病気になっている可能性がありますので病院で診てもらったほうが良いかもしれません。

骨折が原因で腰が痛くなる?

交通事故などによる腰の骨を骨折をした場合に腰痛が出ることが多いです。

その場合、一般的には骨折が原因して、腰に痛みが出るとされています。

しかし、腰椎(背骨の腰の部分の骨)や骨盤が骨折したから痛みが出るわけではありません。

痛みが出ているのは、骨の部分ではなく腰の周りにある軟部組織(筋肉、筋膜、関節包、靭帯など)と言われる部分です。

そして、腰の周りの軟部組織に痛みが出るのは内臓からの影響です。

ですから、骨折は腰痛が出るきっかけにすぎないわけで、必ずしも痛みが出るわけではないのです。

骨粗鬆症は腰痛と関連はありません

高齢の女性は、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)による圧迫骨折で腰痛が出ることも少なくないです。

病院では、骨がもろくなっているから腰痛が出ると言っています。

でも、骨が原因で腰痛が出るわけではないのです。

この場合も内臓が原因しています。

そして、その大元の原因は、“気”(体を流れるエネルギー)の滞りにあります。

ですから、いくら骨量を増やすためにカルシウムを補ったとしても、腰痛に変化していきません。

デスクワークなどで長時間座っていると腰痛になる?

長時間デスクワークなどで座っている人は、腰痛は職業病のようなものだと言われています。

そして、腰痛が起きやすくなるのは、同じ姿勢で長時間座っているために腰の筋肉・靭帯などの組織が疲労して硬くなり、血行が悪くなるからだとされています。

本当にそうなのでしょうか?

私は、そのように考えておりません。

と言うのは、毎日長時間座ってパソコン作業をしていて腰が痛くなっていたのが、当院で施術を受けられて、腰の痛みが減ってきている人が少なくないからです。

腰の痛みが減ってきている人に対して、特別なことをアドバイスをしているわけでもありません。

ただ施術をしただけです。

あいかわらず、長時間椅子に座ってパソコン作業をされています。

でも、腰の痛みが減ってきています。

もし、筋肉などの組織の疲労が腰痛の原因だとしたら理屈に合わなくなります。

私は、腰の筋肉などの組織の疲労が、腰痛の原因ではないと考えています。

腰には何の原因はないと思います。

では、なぜ施術をしたら腰の痛みが減ってきたのか?

内臓器官の働きが落ちている

腰の筋肉・靭帯の緊張が強くなる

腰痛

上図のように、内臓器官の影響を受けて腰の筋肉・靭帯の緊張が強くなっていたため腰痛が出ていました。

ところが、施術によって内臓器官の働きが活性化したため、それにともなって腰の筋肉・靭帯の緊張も緩和して、腰の痛みが少なくなってきたと考えられます。

姿勢(猫背、反り腰など)の調整の変化は、個人差がある

当院は、猫背、反り腰、ストレートネック(首猫背)などのいわゆる姿勢の調整を謳って施術をしていますので、姿勢の調整を希望される方が多いです。

ですが、姿勢の調整と言っても、すぐに調整結果が現れる方もいますし、そうでない方もいます。

では、なぜそのように調整結果に違いが出るのか。

過去に内臓の病気、大きな怪我を経験してると改善が遅くなる

それは、過去に内臓の病気をされたり、大きな怪我をされたりした方は調整結果が出るのに時間が掛かりますが、そうでない方はわりに早く姿勢に変化が現れます。

過去に内臓の病気をされたり、大きな怪我をされたりした方は、病気をした部位や怪我をした部位の組織が癒着している為だと考えられます。

体の調整をしても、組織が癒着している部分に他の組織が引っ張られた状態になっている為に姿勢の変化に時間が掛かるというわけです。

ただ、そういう方も時間が経過していけば、癒着した組織も徐々に緩んできて姿勢の変化が現れ始めます。

時間の経過と書きましたが、どの位かかるか心配の方もおられると思います。

しかし、それはその方の癒着した組織の状態によると思いますので、いちがいに3ヶ月とか半年とか日数をお答えすることは難しいです。

いずれにしても、癒着した組織が緩んでくれば、姿勢の変化が現れてくるのは確かです。