ふくらはぎのむくみはマッサージをしても変わらない

長時間の立ち仕事、座ったままの仕事などでをしている人などは、ふくらはぎなどにむくみが出ることが多いですね。

それでその対処法として、むくみの出ているふくらはぎをマッサージするという方法があります。

マッサージでも、普通にマッサージする方法とリンパマッサージと言われる方法があります。

ふくらはぎのむくみは対症療法ではよくならない

でも、ふくらはぎに対するマッサージは、どのような方法でマッサージしても結果的に症状は良くならないと思います。

もちろん一時的には、むくみの症状は楽になりますが、また疲れがたまってくれば同じようにむくみの症状が出ます。

それでは、まったく意味はありません。

むくみという症状が出る原因は、

血管

肝臓、

腎臓

心臓の障害

その他があると言われています。

ですから、これらの原因に対して対処していかなければ、いくら何度マッサージをしようと同じことの繰り返しです。

むくみに対しての病院の治療は、薬、手術という手段があります。

ですが、ほとんどの場合薬、手術での治療は、症状を一時的抑えているだけで、原因に対して対処しているわけではないので、結局はまた、むくみの症状が出てきます。

血液の流れが悪くなる、肝臓、腎臓の働きが悪くなる、心臓の障害があるというのも、そうなる原因が存在します。

その原因は、過去に例えば、足を怪我(捻挫、骨折、脱臼)したとか腕、肩などを怪我(捻挫、骨折、脱臼)とかの経験があれば、肝臓、腎臓、心臓などの働きが悪くなりむくみの症状につながります。

 

足、腕、肩などの怪我が血液循環、肝臓、心臓などの働きとは、一見関係ないように思えます。

しかし、怪我をするとその部分の組織の組織が硬くなります。

その結果、体にあるあらゆる器官に影響を与え働きを悪くします。

その結果、ふくらはぎのむくみの症状につながるわけです。

 

ですから、ふくらはぎのむくみを解消していくには、ふくらはぎのマッサージをするのではなく、怪我をした部分の硬くなった組織を柔らかくしていくことが大事なのです。

ただ、硬くなった組織を柔らかくしていくと言っても、その部分をマッサージしただけでは、あまり意味はありません。

マッサージをすれば、一時的には柔らかくはなりますが、すぐに元に戻ってしまいますので意味がありません。

ではどうすればいいかということになりますが、硬くなった部分が柔らかくなって、ほぼその状態が維持されるようなポイントがあります。

それは、いわゆるツボと言われるポイントです。

そういうポイントは、全身にありますが、硬くなった部分によって変わりますので、おのおの調べて調整する必要があります。

便秘は腹筋運動をすると解消する?

便秘に腹筋が関係しているということで、腹筋運動を勧めているサイトが多いです。

骨格筋の中で大腸に関連しているのは、腹筋でも内腹斜筋という筋肉です。

内腹斜筋は、斜め(腸骨から肋骨、腹直筋)へ走る筋肉です。

腹筋運動では便秘が良くなる可能性は低い

ですから、腹筋運動を行うにしても、普通の腹筋運動ではなく特殊な方法(体を捻る運動)でやる必要があります。

ただ、問題は特殊な方法(体を捻る運動)で内腹斜筋を鍛えるといっても、慢性化した便秘が改善されるかどうかは疑問に思っています。

と言うのは、はたして筋肉を鍛えて大腸の働きが改善されるかどうかということなんです。

私は、腹筋運動をしても筋肉(内腹斜筋)の緊張が減らないと、まったく意味がないと思っています。

つまり、大腸は内腹斜筋の影響を受けていますから、内腹斜筋の緊張が強いのが減らないと、便秘が改善されないというわけなのです。

それから、内腹斜筋の他に、上腕にある腕橈骨筋(わんとうこつきん)という筋肉も大腸に関連しています。

この筋肉も緊張が強いと大腸が影響を受けて、働きが悪くなり、便秘になりやすくなります。

ですから、この筋肉も緊張を減らす必要があります。

しかし、腹筋運動では腕橈骨筋の緊張は減りません。

結論としては、大腸に関連のある内腹斜筋、腕橈骨筋の緊張が減れば、便秘は改善されていきます。

でも、腹筋運動を行っても内腹斜筋、腕橈骨筋の緊張が減ることは少ないと考えていますので、便秘が慢性化した人には、腹筋運動はあまりおすすめしません。

ストレッチはたくさんの筋肉をやる必要はない

ネットでストレッチのやり方を公開しているサイトを見ると、部位別にやるというふうに書いてあるところが多いです。

部位別にストレッチをやるように勧めている人が、どのような考え方でそうしているのかは分かりませんが、基本的に人間の体は機械のように部品の寄せ集めではなく、体全体で1つですから、そんなにたくさんの筋肉を伸ばす必要はないです。

ストレッチをする基準は筋肉の痛みが軽くなることではない

では、どれだけの数の筋肉をストレッチすればいいのでしょうか?

体全体で4ヶ所の筋肉をストレッチすれば十分です。具体的に言うと、右腕一ヶ所、左腕一ヶ所、右脚一ヶ所、左脚一ヶ所の合計4ヶ所です。

左右の手足をそれぞれ一ヶ所づつを伸ばすわけですが、なぜこのようにするかの基準はあります。

その基準は、ある一ヶ所をストレッチすることによって、体がどのように変化するかということです。

つまり、一ヶ所ストレッチすることによって、どれだけ体のバランスが取れるかということです。

ある筋肉をストレッチしたら、例えば、その筋肉の痛みが軽くなったとします。

右脚にある筋肉の1つをストレッチしたら、右脚の筋肉の痛みが軽くなったという具合です。

でも、右脚にある筋肉の1つをストレッチして、体全体のバランスがあまり取れなかったとしたら、たとえ筋肉の痛みが軽くなったとしても、それは一時的な変化しかないことが多いです。

ですから、ストレッチをする場合、筋肉の痛みが変わるかどうかを基準にするのではなく、体のバランスが変わるかどうかを基準にしたほうが、後々の結果はいいです。

姿勢をよくすると便秘が改善する?

便秘の人で姿勢が悪くなっている人が良い姿勢をしていると、便秘が改善するそうです。

確かに、猫背の姿勢になっていると、胃や腸が下がって圧迫され、働きも悪くなり便秘になるような気がしないでもないです。

内臓器官と骨格筋は関連がありますので、内臓器官の働きが悪いと骨格筋が影響を受けて、骨格筋のバランスがくずれて姿勢が悪くなります。

東洋医学では、経穴(ツボ)を刺激し内臓の働きを整えることによって、便秘を改善させる方法があります。

経穴(ツボ)は、骨格筋とも関係がありますのでそのようなことが可能になります。

姿勢を良くすることによって、内臓器官の働きを改善させる(便秘を改善させる)ということは理論的には可能かもしれませんが、実際にはそんなに簡単ことではありません。

姿勢が悪くなっている人が姿勢を良くすると言っても、姿勢を意識している時は良い姿勢でいられるかもしれませんが、そうでない時はおそらく悪い姿勢に戻っているはずです。

ですから姿勢を良くして便秘を改善させるということは、あまり現実的な方法とはいえないでしょう。

姿勢が悪くなっていても便秘ではない人がいる

ちなみに姿勢が悪くなっていても、便秘になっていない人はたくさんいます。

実際に姿勢が悪くなっている人に便秘をしますかと聞いてみますが、一週間も通じがなくて調子が悪いと答える人がいます。

また、逆に普段はほとんど便秘知らずで、環境が変わったりした時だけ便秘するという人もいます。

私も姿勢が良くないですが、普段はほとんど便秘になりません。

どちらかと言うと、柔らかめのことが多いです。

ですから、姿勢が悪いからかならずしも便秘につながるとは言い切れないわけです。

姿勢が悪くなっていてあまり便秘にならない人は、腸以外のどこかに調子が悪い部分があります。

例えば、呼吸器系の働きが悪くてぜんそくになった経験のある人などは、姿勢が悪くなっています。

しかし、そういう人でも便秘がちの人ばかりではありません。

まとめると、姿勢と便秘はかならずしも関連性が不明であるということです。

かばんの持ち方によって体が歪む?

昔ある本(本の名前を書くと差しさわりがあるので書きませんが)に書いてあることを見て、おもわず笑ってしまったことがありました。

笑ってしまいましたが、本は買いましたし、処分をした記憶もないので、今でも家の中を探せば、出てくると思います。

その本の内容ですが、要約すると、偏った動きをすると体が歪んで、体の調子が悪くなって病気になってしまう可能性があるので、体の歪みが良くなるような動きをしなさいというようなことが書いてありました。

かばんの持ち方くらいでは体は歪まない

もう少し具体的な内容を書きます。

例えば、歩き始める時に右から足を出すと体が歪んでしまう人は、左から出しなさいというのがありました。

他にも、カバンを持つ時、右側の腕で持つと体が歪んでしまう人は、左の腕で持ちなさいというのもありました。

その他、体を動かす時の注意書きがこと細かに書いてありました。

でも、そんなこと細かなことを覚えるのは大変ですし、そんなことを考えていては、生活できません。

確かにこの本に書いてあったことは、間違いではありません。

でも、人間の体には恒常性を保つという働きがありますから、一時的に体が歪んだとしても元の状態にちゃんと戻ります。

ただし、外部から体に大きな力が加わって、組織が破壊されるようなことがあれば、体の歪みはひどくなります。

そのようなことがなければ、日常生活での動きで体の歪みが大きくなることはありません。

PNFストレッチについて

ストレッチの種類には、一般的には以下のものがあります。

静的ストレッチ(スタティックストレッチ)

関節を動かさずに目的の筋肉をゆっくり伸ばし、適度に伸びたところでその状態を適当な時間保持する方法です。

動的ストレッチ(ダイナミックストレッチ)

筋肉を伸ばす時に関節の動きが伴う方法です。

ラジオ体操もこの動的ストレッチに入ります。

反動をつけて行うバリスティックストレッチも動的ストレッチとなります。

PNFストレッチを少ない回数でやる方法

PNFストレッチ
PNFは1940年代にアメリカで考案された方法で、脳血管障害などで運動が難しくなった人のリハビリ目的のトレーニング方法です。

PNFストレッチは、有名な操体法(橋下敬三医師考案)、オステオパシーのMET(マッスルエネルギーテクニック)と考え方が似ています。

PNFストレッチ、操体法、METの共通点は、関節を動かしながら抵抗を加え、その後に脱力するということかと思います。

PNFストレッチのyoutube動画を見てその通りやってみて、どうも今いちな効果なため、いろいろ手直ししてみました。

その手直しした点は、関節を動かす時行きたい方向に動かすということです。

行きたい方向へ関節を動かすことというのは、筋肉のねじれに対応したものです。

他にもあります。

筋肉には、伸筋と屈筋があります。

伸筋は、関節を伸展させる時に作用する筋肉で、屈筋は関節を屈曲させる時に作用する筋肉です。

このPNFストレッチをする時に、この伸筋と屈筋を使い分けしてすると、いい結果が出ます。

youtube動画を見ると、PNFストレッチを何度もするようです。

でも、行きたい方向へ関節を動かすことと、伸筋と屈筋を使い分けして行うと、何度もする必要がありません。

上手く行けば、一度だけで済みます。