脚(足)を組むと体が歪む?

よく、脚を組むと体が歪むから良くないと言われます。

本当でしょうか?

足を組んでも体は歪まない

確かに、脚を組んだ時は体がゆがみます。

でも、組んだ脚を戻せば、少し時間が経てばその歪みも元に戻ります。

脚を組んでる時間が長くても、戻る時間は余分にかかりますが、とにかく元に戻ります。

ところでなぜみんな脚を組むのでしょうか?

それは、脚を組んだ方が体が楽だからです。

と言うことは、最初から体が歪んでいるわけです。

世の中に体が歪んでいない人は1人もいないでしょう。

みんな多かれ少なかれ歪んでいます。

ですから、逆に、脚を組まずに真っ直ぐしているのはつらくなってきます。

体が要求しているわけですから、それでいいと思います。

体が歪むといえば、脚を組むことよりも、怪我、病気、手術の方が影響が大きいです。

怪我、病気、手術をすると、皮膚、筋膜などが硬くなってその影響で、骨盤、背骨などの骨格が歪んで、その状態が固定してしまうことも多いです。

お年寄りですごく腰が曲がった人がいますが、それまでに怪我、大きな病気、手術などをして、その状態になったのでしょう。

そうなってしまったら、もう元の良い状態の姿勢に戻ることは少ないと思います。

ですから、脚を組むくらいでは、そのようなことが起こることはないので、そんなに心配することはないです。

骨盤の歪みをストレッチで治すのに大事なこと

骨盤の歪みを治すためにストレッチをする人は多いと思いますが、ストレッチのやり方が書いてある本、ネットの情報などは、だいたい骨盤周りの筋肉に焦点を当てて、ストレッチをするように勧めていることがほとんどのようです。

骨盤周りの筋肉のストレッチだけでは骨盤の歪みは変わらない

もちろん、そのような方法でストレッチをしてもある一定の効果は望めると思います。

しかし、人によってはそのような方法だけでは、十分効果が得られないケースもあるでしょう。

例えば、過去に足首をひどく捻挫したとします。

ある程度時間が経てば、捻挫をした部分の痛みは解消します。

でも、捻挫をした足首の周りの組織は硬くなります。

足首の周りの組織が硬くなると、全身の筋肉、筋膜などの組織に影響を与えて、体のバランスが悪くなり、骨盤の歪みが大きくなります。

足首の捻挫を例に挙げましたが、骨折、手術、内臓の病気なども骨盤を歪ませる原因となります。

ですから、ストレッチをする場合は、単に骨盤周りの筋肉のみをするのではなく、上記したような部位にアプローチしてストレッチをするようにすれば、さらに骨盤の歪みをしっかり治すことができるようになります。

ただ、足首捻挫、骨折、手術、内臓の病気などで硬くなった組織は、正しい方法のストレッチをしたとしても、柔らかくなるまでは時間がかかります。

坐骨神経痛がストレッチで悪化

坐骨神経痛でストレッチをしたら、症状が悪化したということをよく聞きます。

そういう人は、理屈がよく分からないのに症状のある部分の筋肉を一生懸命伸ばしたのでしょうか。

それでは、症状が悪化してもなんの不思議もありません。

症状のある筋肉をストレッチすると症状が悪化させることが多くなる

プロの人でも、症状のある部分に鍼を打ったりマッサージ、指圧などをしますが、一時的には症状が治まることもありますが、再び症状がぶり返すことも珍しくはありません。

基本的に症状がある部分になにかすることは、あまり賢明なこととは言えません。

と言うのは、症状のある部分には症状の原因が存在しないことが多いからです。

原因が存在しなくても、症状のある部分をストレッチしたりすると症状が治まることも多いです。

でも、症状が治まったからといって、坐骨神経痛がよくなったわけではありません。

症状が一時的に麻痺しているだけなのです。その結果、しばらくすればまた症状がぶり返すことも多いです。

なぜかこのようなことが起こるかと言うと、原因と思われる部分が良くなってないからです。

ですから、ストレッチをするにしろ、マッサージ、指圧をするにしろ原因の部分にする必要があります。

そうすれば、原因の部分が良くなっていって、結果坐骨神経痛も改善して、症状がぶり返すこともなくなります。

ただ、坐骨神経痛の原因と思われる部分を見つけるのが難しいのですね。

それさえ見つかれば、ストレッチをするにしても、よほど無茶なやり方をしなければ、症状を悪化させることはないと思います。

ツボ押しは、押す指によっても効果は変わる

普通ツボ押しをする時は、押しやすい指を使ってやります。

ツボを押したりするのは、物理的な力で筋肉を緩めるのが目的ではありません。

ツボ押しは、体のエネルギーの流れを調整するもの

体を流れるエネルギーを調整するのが本来の目的です。

ですから、エネルギーの流れを良くするためにいろいろ工夫を加える必要があります。

その工夫の1つとして、ツボを押すときに使う指をいろいろ変えるといいでしょう。

指には極性というものがありますので、その極性を考えてツボを押すと、また効果が違ってきます。

極性というのは、磁石の極性のことです。

磁石には、N極とS極がありますが、指によって極性が違います。

男の場合
右の親指はN極、以下2指-S極、3指-N極、4指-S極、5指-N極となります。

つまり、N極と S極が交互にくるわけです。

そして、左の指は、右の指の逆の極性になります。

左の親指-S極、2指-N極、 3指-S極、 4指-N極 、5指-S極です。

女の場合は、男の場合の逆になります。

もっともツボ押しをする場合は、親指で押したほうがやりやすいですから、ほとんどの場合親指を使うと思います。

そして、ツボにも極性がありますので、その極性に合わせて指を選んでやると、また結果が違ってくるでしょう。

指の極性と、ツボの極性が逆になっている場合は、引き合いますし、同じ極性の場合だと反発します。

磁石の場合だと磁力が強いですから、その違いがはっきり分かるでしょうが、人間の指とかツボの磁力は微弱ですから、”気”に対して敏感な人じゃないとちょっと分かりにくいかもしれません。

でも経験上、反対の極性で押すよりも、同じ極性で押したほうが”気”が流れやすく、楽になるような気がします。

ストレッチの目的

ストレッチは、硬くなった筋肉を伸ばしたり、引っ張ることによって、筋肉の緊張が緩和され、その結果血液の流れの滞りが改善されて、こり、痛みの緩和につながって、怪我の予防などに効果があるとされています。

でも、言うのは簡単ですが、上記したようなことを達成するには、かなりの知識をもってストレッチを行わないと、痛みの緩和、怪我の予防などの効果を出すことは難しいです。

単純に、深い理解もなく硬くなった筋肉をむやみに伸ばすと、首、腰の痛みがある人だと、まず症状を悪化させてしまいます。

ストレッチは“気”の流れを調整するもの

ところで、ストレッチは、ストレッチ体操という言葉があるように、体操のような感覚を持っている人が多いです。

しかし、私は、ストレッチは体の中を流れる“気”(エネルギー)の流れを調整するものだという感覚を持っています。

“気”と言うと、目に見えないですから怪しい感じがしますが、ストレッチでもマッサージでも”気”を意識してやると、結果が全然違います。

単なるストレッチ、マッサージと“気”を意識したものは見た感じは同じように映ります。

しかし、見た感じは普通に見えても、その中に効果につながるような仕掛けがちゃんとしてあると思います。

見破られないように巧妙な仕掛けを施してありますから、普通は見ても分からないだけです。

”気”というと、武術、ヨガなども本来”気”の流れを調整するものです。

でも、スポーツ化、体操化してしまい本来の目的から外れてしまっていますので、武術、ヨガなどをやっても健康にはつながりにくくなっています。

では、“気”の流れを調整すると、なぜ健康につながりやすいのでしょうか?

それは、”気”が体のすべてのものをコントロールしているからなのです。

ですから、ストレッチをやる時も”気”を意識してやると、こり、痛みの緩和、怪我の予防などにの効果が得やすくなります。

危険のない整体施術法

私が整体を始めた頃は、骨のズレを直接力をかけて調整していました。

しかし、骨のズレというのは力で動かそうと思っても、そう簡単に動くものではありません。

筋肉の調整は危険性が少ない

そこで、何とか骨のズレを力を用いずに調整する方法を教えてもらえる所はないかと思って探しました。

そこで出会ったのが、以前私が通っていた筋肉を調整して体の歪みを治すという会です。

そこの会で習った施術方法を使って施術すると、力を使って直接骨を矯正しなくても簡単に骨のズレを調整できました。

骨がズレるのは、骨を支えている筋肉のバランスのくずれから起きます。

ですから、骨を支えている筋肉のバランスを調整すれば、力を用いなくても骨のズレは調整されます。

ただ、残念なことに、その会の筋肉の調整をする方法は、持続性が多少低いために、年数が経って、関節の周りの筋肉などの組織がかちかちに硬くなっているような場合は、どうしても施術回数が多くなる傾向が高かったです。

でも、関節に直接触れて、物理的な力でズレを戻すような方法に比べると、力を加えない分危険性がほとんどなく、特に首の関節(頚椎)に関係するような症状には安心して施術が出来ました。

その方法は、持続性に多少問題がありましたので、その後いろいろ研究した結果、今やっているような形に落ち着きました。

今やっている方法は、以前の筋肉を調整する方法に比べ、持続性にすぐれていて、慢性化した腰痛、肩こりなどの症状も少ない回数の施術で改善できるようになりました。

と言っても、世の中には絶対というものは存在しませんので、そのあたりのことはご了承願います。