運動不足だと便秘になる?

運動不足が便秘と関係あると言っている人が多いようです。

その排便が起こる理論として

腹筋 → 腸の蠕動(ぜんどう)運動 → 便が腸から肛門へ押し出される

という図式が成り立っているそうです。

運動が不足がちになると、腹筋が衰えることによって腸の蠕動(ぜんどう)運動がうまくいかなくなり便秘につながるということらしいです。

運動不足になると便秘になるという理屈には無理がある

しかし、スポーツ選手は便秘になる人が多いそうです。

スポーツ選手と言えば、運動不足とは無縁で、筋力が低下して腹筋が衰えている人などはおそらくほとんどいないと思われます。

整体を仕事にしていますから、スポーツを本格的やっている人を施術する機会があります。

そういう人の体に触れると筋肉の太さが、普段スポーツをやっていない人の筋肉とはまるで違います。

仮に運動不足が便秘の原因のひとつだという理屈がほんとうだとしたら、スポーツ選手が便秘になるのは説明が付かなくなってしまいます。

その事実を知らない人が一生懸命運動して便秘が良くならないと嘆いている人が多いと思いますが、罪な話です。

一方、事故、病気などで車椅子になられた人は、重度の便秘になる人が多いそうです。ほとんど人が下剤や座薬を使って排便するそうです。

ただ、中には便秘の状態にならず、毎日自然な排便が出来ている人もいるようです。

車椅子の人は、ほとんど歩行ができないわけですから運動不足になり腹筋が衰えてしまいます。

その結果、腸の蠕動(ぜんどう)運動がスムーズにいかず便秘になるという理屈が成り立つかもしれません。

しかし、車椅子生活の人全員が便秘ではないという事実もあるわけですから、運動不足で腹筋が衰えて便秘につながるという理屈はちょっと無理があるように思えます。

膀胱の働きがよくないと肩こりが起きる場合もあります

肩甲骨と首の骨(頚椎)に付着している肩甲挙筋という筋肉があります。

肩こりの症状がある人は、この筋肉の部分が緊張して症状が出ることが少なくありません。

肩甲挙筋は、名前の通り肩甲骨を引き上げる働きがあります。

そして、肩甲挙筋は膀胱と関連があります。

ですから、膀胱の働きが良くないとその影響で肩甲挙筋が緊張して、肩こり、首の後ろの部分が痛くなることが少なくないです。

もし、膀胱からの影響で肩甲挙筋が緊張して、肩こり、首の痛みが出ている場合、いくら症状ある部分を調整しても、あまり意味はありません。

一時的に症状が和らぐだけで、また症状がぶり返してくることでしょう。

肩こり、首の痛みを改善に導くには、当然ながら膀胱の働きが良くなっていくような施術をしていく必要があります。

と言って、肩こり、首の痛みがある時に症状がある筋肉と関連のある膀胱に関係しているツボを操作しても、症状が改善するとは限りません。

まったく関係のない部分のツボを操作したほうが、症状が改善されることのほうが多いです。

その辺が体の調整することの難しさがあるわけです。

肩こり関連記事

肩こりでお困りの方へ

整体などで筋肉を緩めても改善しにくい

整体、カイロプラクティックなどで施術する時に、筋肉を緩める調整法を使って操作をする人が多いです。

おそらく整体、カイロプラクティックと看板を上げている人のほとんどが、筋肉を緩めることをやっていると思います。

ところで骨をボキボキ音をさせるやり方があります。

あの方法は、腰や首などを捻って施術します。

ちょっと見た感じ筋肉を緩める方法には見えませんが、結果的には筋肉を緩める方法です。

それはともかく、痛みなどの症状がある時は、筋肉の引っ張りあいのバランスが崩れ、その結果体がゆがみます。

ですからそういう場合、筋肉を緩める操作をすると、痛みのある部分の緊張が緩和されて痛みは解消することもあります。

筋肉を緩める調整は効果が一時的

しかし、その効果は一時的です。

特に症状が慢性化していれば、2~3日くらいしか持ちません。

極端な場合だと1日くらいしか持たないことあります。

でも、そのようなやり方では、何十回、何百回施術しても同じことの繰り返しになってしまいます。

そのようなことがあっても、筋肉をほぐす整体、カイロプラクティックは、人気があります。

人気がある理由は、いかにも施術を受けたという実感があるからでしょうか。

でも、結果が伴わなければ、施術としてはあまり意味がありません。

施術で筋肉を緩めても症状は改善しにくい

リラクぜーション目的のマッサージならそれでもいいかもしれません。

しかし、痛みなどの症状改善の目的のための整体、カイロプラクティックの場合だと、筋肉を緩めてもあまり意味はありません。

と言うのは、筋肉をほぐす施術では、症状の原因になっている部分がなにも変わらないことが多いからです。

症状の原因になっている部分に変化がなければ、何年施術を受け続けても症状が良くなっていくことはありません。

ただ、単なる筋肉の疲労による症状でしたら、筋肉をほぐす施術をすれば、症状は改善します。

でも、筋肉の疲労で症状が出ることは少ないです。

筋肉の疲労による症状に見えても、実際にはそうでないことの方が多いのです。

実は、胃、腸、腎臓などの内臓の影響を受けた症状が多いのです。

そのような場合は、原因である内臓の働きを良くする施術が必要なのです。

でも、筋肉をほぐすような施術では、内臓の働きを良くすることは出来ません。

ですから、その結果症状が改善していかないということになるわけです。

症状別のストレッチ?

ストレッチは、筋肉を伸ばす操作をするわけですが、肩がこった時は肩周りの筋肉をストレッチをし、腰が痛い時は腰周りの筋肉をストレッチするなどと、いわゆる症状別にストレッチをする人がいます。

と言うよりか、ほとんどのストレッチが症状別のストレッチかもしれません。

ストレッチは人気があります。

ストレッチを自分でしても他の人にしてもらっても気持ちがいいというのがその人気の理由でしょうか。

症状別のストレッチは効果が長続きしない

症状に合わせてストレッチをしてみても、体の状態にもよりますが、症状が慢性化している場合は、一時的に症状が軽くなることがあるだけで、問題が解決するわけではありません。

これは、ストレッチの技術が上手い下手とかの問題ではありません。

症状別にストレッチをするという発想自体が間違いなのです。

なんでもかんでも症状のある部分の筋肉を伸ばせばいいわけではありません。

もし症状のある部分に炎症がある場合は、症状を悪化させることになります。

確かに症状に合わせて筋肉を伸ばしたほうが、その場は症状の変化が早いですからストレッチの効果を実感しやすいです。

でも、その効果は長続きしにくいのです。

と言うのは、症状のある部分には症状の原因がないからです。

ただし、症状の原因のある部分にしっかりとストレッチをする場合は別です。

その場合は、ストレッチを続けていけば慢性の症状もだんだん症状が減っていきます。

ストレッチで症状が取れる?

肩こりストレッチ、腰痛ストレッチという言葉があります。

そのような言葉を聞くとストレッチをやって症状が取れるものだと思っている人も多いでしょう。

しかし、残念ながらストレッチで症状を直接取ることは難しいです。

確かに、肩がこった時などに首、肩、腕などの筋肉をストレッチすると、肩の周りの筋肉の緊張が和らいで、肩が軽くなることもあるかもしれません。

でも、筋肉の緊張が和らいで肩が軽くなるのは、一時的なものです。

ストレッチのやり方のコツが分かっている上手な人がやってもおそらく同じ結果になるはずです。

症状の原因になっている部分をストレッチしないと改善しない

そのような結果になるのには理由があります。

それは、こりが出ている部分には原因がないからです。

例えば、火事が起きて警報装置が鳴っているとします。

普通は、火が燃えているところに水をかけて火を消そうとします。

しかし、肩がこった時に肩の周りの筋肉をストレッチすることは、水をかけて火を消すのではなく、警報装置の音を止めるのと同じことをしているわけです。

警報装置の音を止めても、火はまだ燃えているわけですから、時間が経てばどんどん火の勢いは強くなります。

ですから火の勢いを止めて消火させるには、燃えている所に直接水をかけるしかないわけです。

肩こりも同じことです。

こっている肩の周りの筋肉をストレッチするのではなく、肩こりの原因になっている部分にストレッチする必要があります。

そうすれば、肩こりもだんだん症状が和らいでいくはずです。