腰痛体操はいつからできるの?

腰痛体操をやりたくても、いつからやっていいのかわからないという人もいると思います。

腰痛体操もやり方によって始める時期が違います。

腰周りの筋肉を中心にほぐす場合

体操をやる時に痛みが走って出来ない場合は、痛みが軽くなってから体操をやったほうがいいかと思います。

痛みがひどいのに無理に体操をやれば回復が遅れる可能性があります。

腰以外の筋肉をほぐして腰痛を改善する場合

腰痛体操と言うと、腰の周りの筋肉を直接ほぐす目的でやる人が多いですが、腰から離れた部分の筋肉をほぐしても、結果的には腰痛に影響を与えますので腰痛体操になります。

この場合は、腰痛がひどくてもすぐにでも出来ます。

腰から離れたところを体操する方法としては、首を動かす腕、手首などを動かすなどの方法があります。
なぜ腰に痛みがあるのに、首を動かしたり腕、手首を動かしたりするのか疑問に思われる人もあるかもしれません。

実は、整体の施術も上記のような考え方でやる人が多いです。

私のやっている施術法もこの考え方に基づいています。

それはともかく、痛みがある腰から離れた首、腕、手首を動かすと効果がありますが、動かし方が良くないと、逆に症状を悪化させることがありますので注意が必要です。

腰痛体操をやって症状を悪化させたという話を聞きますが、だいたいやり方が間違っているか回数を多くやっていることが原因だと思われます。

少し足りないかなという位で止めて置いたほうが、逆に良い結果が出ることが多いです。

腰痛は神経の圧迫が原因?

腰痛、足の痛み、しびれなどの症状で整形外科を受診し検査の結果、腰椎のヘルニアが見つかった場合、椎間板の飛び出しによって神経が圧迫されるために症状が起きると説明されることがあります。

神経圧迫が腰痛の原因というのは疑わしい

しかし、神経の圧迫が腰痛などの症状の原因だとすると、いろいろと矛盾が生じます。

例えば、MRIで撮影した画像を見ると、椎間板が飛び出してヘルニア状態になっているにも関わらず、痛みがまったくない人がいます。

また、痛み、しびれはあっても温めたり、ストレッチなどをやって筋肉をほぐしたりすると、痛み、しびれが軽減したりする人がいます。

そして、腰痛の症状がひどいため、ヘルニアの除去手術をして神経の圧迫を解放したにもかかわらず、痛み、しびれには変化が見られないか逆に悪化してしまうケースもあります。

そうなると、飛び出した椎間板が神経を圧迫すると腰の痛みや足の痛み、しびれ、排尿排便障害などの症状が出るという理論の説明がつかなくなります。

腰痛Q&A

.体の歪みは腰痛の症状と関係がありますか?

.他の整体、カイロプラクティック院などでは、体の歪みが腰痛の症状と関連があるから、体の歪みを整えないと痛み、しびれは変わらないと言っている施術所は少なくありません。

しかし、体の歪みを整えても腰痛、足の痛み、しびれなどが改善するわけではありません。

と言うのは、体が歪んでいるから腰痛、、足の痛み、しびれなどの症状が出るわけではないからです。

内臓などの機能が低下して、その影響で筋肉の緊張が強くなり症状が出ているのです。

ですから、施術は内臓の機能を高めるような調整をしていけば良いわけです。

腰痛は腰椎5番の調整が大事?

腰痛の調整において腰椎5番の調整は大事だと言われます。

腰椎は、背骨にある腰の部分にある骨で5個ありますが、腰椎5番は一番下の骨です。

腰椎5番は体の構造上腰椎の中で一番負担がかかりやすいため、この骨を調整することが大事だと言われているわけです。

ちなみに、腰椎椎間板ヘルニアが多いのは、腰椎4番と5番の間の椎間板に多いです。

そして、整体、カイロプラクティックの施術では、腰椎5番を矯正することにより腰の部分の神経の調整をして腰痛を改善させようとしています。

神経を調整しても腰痛は改善しにくい

ですが、神経の調整をしても、腰痛は改善しにくいです。

腰痛は、内臓が関連した症状が多いのですが、神経の調整をしても内臓の働きを整えることは難しいので、腰痛を改善させにくいわけです。

腰痛を改善させるためには、神経ではなく東洋医学で言われる、いわゆる“気”の調整をしていく必要があります。

“気”は、体の内外を流れているエネルギーのことです。

他の整体、カイロプラクティックでは、腰椎5番の矯正をすることによって神経の調整をします。

でも、腰椎5番の矯正は、神経の調整ではなく、“気”の調整をすることも可能です。

腰椎5番の矯正といっても、当院では一般的な整体、カイロプラクティックのように骨に力を加えて矯正する方法ではありません。

ソフトな方法で矯正しますので、危険はありませんので高齢者の方、小さいな子供さんでも安心して施術を受けていただけます。

腰痛関連記事

運動不足だからといって腰痛が起きるわけではありません

運動不足だと腰痛になるという説があります。

しかし、この説もどうも眉唾物のような気がします。

なぜかと言いますと、運動不足でないはずのスポーツ選手に腰痛が多いからです。

いつから誰が「運動不足だと腰痛になる」と言い出したのでしょうか。

筋力に頼った運動は腰を痛めやすい

かなり矛盾してますよね。

スポーツ選手が腰痛になるのは、多分運動しすぎというよりも間違った考え方で運動しているから腰痛が多いのだと思います。

例えば、柔道。柔道は、元々武道ですから技を競うものだったと思います。

でも、現在の柔道はオリンピックを見ても分かりますが、技を競うものというよりも単なる力比べになっているような気がします。

力比べの柔道ですから、本来の練習以外にパワーをつけるために筋肉トレーニングをします。

筋肉トレーニングをすると、たしかにパワーは付きます。

しかし、その代償として筋肉の緊張が強くなりますので、筋肉のバランスがくずれて腰が痛くなったり、だるい、重いといった症状が出やすくなります。

筋肉のバランスのくずれとは、緊張のアンバランスです。

今は、ほとんどのスポーツで筋肉トレーニングをするそうです。

スポーツ選手に腰痛が多いはずです。

そういうことがありますから、腰痛で来られた人に運動不足ですから、筋肉を鍛えるような運動して下さい。などというアドバイスをしたことがありません。

腰痛関連記事

腰を温めると腰痛対策になる?

腰痛の対策として本やネットでいろいろな方法が言われています。

そのなかで、お風呂に入ったり腰の部分にカイロを当てて温める方法も良いとされています。

腰を温めると血行が良くなるため、筋肉の緊張が緩和して痛みが軽くなるということです。

確かに血行が良くなると腰には良いような気がします。

特に筋肉の疲れによる腰痛にはいいかもしれません。

でも、腰痛は筋肉の疲れによる症状ばかりではありません。

他にも原因があります。

その原因は、内臓の影響です。

特に内臓が関連している腰痛には、温めて血行を良くしただけでは改善するのは難しいでしょう。

疲れによる腰痛と内臓関連の腰痛では原因が違います。

疲れによる腰痛は疲労物質によるものですから、腰を温めて血行が良くなれば疲労物質が洗い流されて痛みは引きます。

一方内臓関連の腰痛は、腰の筋肉には原因がありません。

内臓の働きが落ちて、その内臓から腰の筋肉に反射が起きて痛みが出ています。

ですから、温めるにしてもピンポイントで温める必要があります。

その場所はツボです。

しかも内臓に刺激が行く的確なツボです。

腰にカイロを当てたり、お風呂に入ったりして腰を温める方法では、的確なツボを温めることは難しいので、内臓関連の腰痛の場合は楽になっていきません。