腰痛と骨格調整

整体院など民間療法の施術所では腰痛の施術として、骨格の調整をすることが少なくありません。

骨格調整と言うと、普通は力づくで関節を矯正するイメージがあります。

しかし、実際には力を使ったやり方だけではありません。

腰や首を捻ってボキボキ音をさせる方法以外にも

・テーブル(ベット)の一部分を落下させることによって矯正する

・木のハンマーなどの器具を使って矯正する

・ツボを操作することによって矯正する

・ストレッチなどで筋肉を調整することによって矯正する

といった方法があります。

腰や首を捻ってボキボキ音をさせる

この方法は、現在でも多くの施術者にやられている方法ですが、危険を伴うため慎重に施術をしないと重大な事故が起きる可能性が高いです。

テーブル(ベット)の一部分を落下させることによって矯正する

テーブルの一部を落下させて矯正する方法は、アメリカのカイロプラクターが考案したやり方です。

落下エネルギーを利用して軽い力で矯正できますので、矯正時の痛みが伴いにくいです。

ただ、この方法は矯正時にガシャンという音がするため、高齢者には受けがあまり良くないようです。

木のハンマーなどの器具を使って矯正する

木のハンマーを使って矯正するというと、ちょっと荒っぽい感じがします。

しかし、実際にはドンという衝撃を与えるのではなく、叩いた時に引く感じで矯正するため、骨に対する衝撃は思ったよりも少ないようです。

ツボを操作することによって矯正する

ツボを操作する方法は

・手の指を使ったやり方

・色のついた紙、布をツボに貼るやり方

・音叉を使ってツボに刺激を与えるやり方

などがあります。

ストレッチなどで筋肉を調整することによって矯正する

ストレッチなどで筋肉を調整すると、上手くできれば骨格も調整できます。

当整体院の場合

当整体院では、ツボを操作したり、特殊なストレッチを使って骨格の調整を行います。

ツボの操作は、言葉使った方法です。

言葉を使った方法というと怪しい感じがしますが、ツボは言葉にも反応しますので、骨格も調整されます。

ゴルフの腰痛

スポーツをやって腰を痛める人は少なくないですが、ゴルフも腰を痛めやすいスポーツだとされています。

正しいフォームでスイングすれば腰痛になりにくい?

ゴルフで腰を痛める一番の原因は、スイングによる腰の筋肉疲労だと言われています。

そのため、スイングをする時の腰にかかる負担を少しでも減らすために、スイングする時のフォームを身につけようとレッスンを受けたりして練習します。

一流のプロでしたら、その選手の体に合ったスイングフォームでプレイしているでしょう。

そのため、腰にかかる負担が少なく腰痛になる確率があまりないでしょう。

しかし、一流プロでも腰痛になる人はたくさんいます。

スイングによる腰の疲労は腰痛とはほとんど関係ありません

私は、スイングによる腰の疲労が腰痛の原因だとは考えていません。

別の原因があると思います。

その別の原因とは?

その原因は、ゴルフのプレイとはまったく関係ないことにあります。

それは、内臓からの影響によって腰の筋肉が緊張し、腰に痛みが出ているのです。

腰周りにはたくさんの筋肉があります。

そのたくさんの筋肉一つひとつは、それぞれ内臓器官と関連があり、その内臓器官からの反射により痛みが出ているのです。

この現象を内臓ー筋肉反射と言います。

では、なぜ内臓ー筋肉反射という現象が起きて腰痛が出るのでしょうか?

図式でしめすと下のようになります。

内臓器官の働きが落ちる(過剰なエネルギーがたまっている)

内臓器官と関連のある筋肉にあるツボ(経穴)から過剰なエネルギーが放出(腰の痛みが出る)

内臓器官の働きが回復

腰の痛みが解消

※過剰なエネルギーがたまっているというのは東洋医学で言われる“気”の流れの滞りをさします。

施術

上のように内臓の働きがそれほど落ちていなければ、過剰なエネルギーも少ないです。

ですから、過剰なエネルギーが放出されれば、何もしなくても腰痛は自然に回復します。

しかし、そうでない場合は、過剰なエネルギーもたくさんたまっています。

そういったケースでは、体を調整して過剰なエネルギーの放出を助けるような施術をすると腰痛も回復しやすくなります。

ただし、単に腰の骨(腰痛、骨盤)を物理的な力で押したり、腰の筋肉を調整したり、それから電気をかけたり、テーピングなどをしても過剰なエネルギーの放出も助けにはなりにくいです。

 

※当院には可児市だけではなく多治見市、美濃加茂市などの地域からもお越しになられます。

腰痛の時に温めると楽になったり痛くなったりする原因は?

腰の痛みがある時に、温めると楽になることがあります。

また、逆に悪化して痛みがひどくなるということもあります。

温めて楽になる場合

腰の痛みがある時に、お風呂に入って温めると楽になることがあります。

なぜでしょうか?

一般的には、お湯に浸かることによって体が温まり、筋肉が柔らかくなって、その結果、縮こまっていた血管が拡げられ血液の循環が良くなるため、腰の痛みが和らぐとされています。

しかし、一般的に言われていることは、間違った情報です。

正しくは、体を流れるエネルギー(気)の滞りが是正されて流れが良くなるため、血液の循環が良くなり、神経の働きも正常化に近づき、腰が楽になるのです。

体を温める

エネルギーの流れが良くなる

血液の循環が良くなる

神経の働きが正常化に近づく

腰の痛みが楽になる

※ただし、温めただけではエネルギーの流れの改善も一時的なため、戻りやすくなります。

温めて痛みがひどくなる場合

お風呂に入ったり、カイロを貼って温めたら腰の痛みが増したという話を聞きます。

炎症がひどくなったため、腰の痛みが悪化したというのが一般的な見方です。

これも間違いです。

炎症と腰の痛みの悪化とはなんの関係もありません。

痛みだけ見ると、悪化したように思われます。

しかし、本当は好転反応が出ているのです。

好転反応が出るということは、治癒力が促進されているのです。

ですから、腰の痛みの悪化は良くないことだという見方もできますが、体にとっては悪いこととは言えません。

治癒力が促進されると、腰の痛みも早く引いていきます。

足がつった時の対処法

足がつるという経験をされた人は多いと思います。

特に、足ではふくらはぎをつることが多いと思います。

この間、夜寝ている時にふくらはぎがつって目が覚めました。

さっそくふくらはぎがつったのを治すために、ふくらはぎの筋肉のストレッチをしてみたのですが、一向に痛みが取れません。

痛くて我慢ができませんので、とっさに膝を曲げてみたところ何とか痛みが治まりました。

普通、ふくらはぎがつった時は筋肉が縮んで痛みが出るのですが、逆にふくらはぎの筋肉の中で伸びて痛みが出ることもあるようです。

筋肉が縮んで痛みが出た時は、ふくらはぎの筋肉を伸ばすようにすれば痛みは治まります。

やり方は、つま先を膝の方向に反らせばふくらはぎの筋肉を伸ばすことができます。

逆に筋肉が伸ばされて痛みが出た時は、ふくらはぎの筋肉を縮めるようにすれば痛みは治まります。

やり方は、つま先を先ほどと逆の方向に反らすか、膝をめいっぱい曲げれば筋肉を縮めることができます。

ふくらはぎがつった時に、ストレッチ(伸ばす)をしてみても治まらない時は、筋肉を縮めるように、すれば痛みが取れることもあると思いますので一度試してみて下さい。

首からくる肩こり・背中の痛み?

肩こり・背中の痛みは、首が原因しているということで首の骨や筋肉を調整する整体師の人も少なくありません。

確かに、肩こり・背中の痛みに関係する筋肉は、首から出ている神経の支配を受けていますので、首の骨や筋肉を調整することは間違いであるとは言い切れません。

しかし、首の骨や筋肉は間接的に肩こり・背中の痛みに関係するだけで、直接の原因ではありません。

直接の原因は、外傷を除けばほとんどの肩こり・背中の痛みは、胃や大腸などの内臓が関係しています。

肩こり・背中の痛みの症状が出るしくみ

“気”の滞り

内臓の機能の低下

首の骨に付着している筋肉

肩・背中の筋肉の緊張

肩・背中の痛み

上のような流れで肩こり・背中の痛みが起きます。

内臓から首の骨に付着している筋肉に反射が起き、そして首の筋肉から肩・背中の筋肉に反射が起きて肩のこり・背中の痛みを感じるわけです。

見ていただければ分かるように、首の骨に付着している筋肉は中継点にすぎないため、首の骨や筋肉を調整しても一時的に症状が軽減されるだけで、また同じように症状がぶり返してしまいます。

肩こり・背中の痛みを改善させていくには、内臓機能の低下を上向かせる必要があるのです。

そして、内臓機能の低下は東洋医学で言われる“気”の滞りが関係しています。

ですから、施術は1番大元の原因である“気”の滞りを整えることによって、内蔵機能が高まり結果的に肩こり・背中の痛みも改善の方向へ向かいます。

※“気”は、体を流れるエネルギーのことです。

西洋医学には、“気”という考え方はありません。

東洋医学独自の考え方で、“気”の流れが悪くなって滞ると、その影響で内臓などの機能が低下していろいろな症状が出ます。