ストレッチで腰痛のセルフケアは可能か?

整体院・カイロプラクティック院での施術後、セルフケアとしてストレッチなどを教えている施術所が多いです。

今は、それが普通になっています。

その理由として、施術効果を持続させるためにセルフケアが必要だそうです。

でも、私のところでは方針として、セルフケアなどをお教えすることはありません。

なぜなら、腰痛などの症状の改善にはストレッチは向かないからです。

ストレッチをやってもせいぜい一時的に腰が楽になるだけで、すぐに戻ってしまいます。

特に症状が慢性化している場合はその傾向が強いです。

ストレッチをするということは、筋肉の緊張をほぐして症状を改善させようとしているわけです。

しかし、腰痛は筋肉の緊張をほぐしても改善するわけではないのです。

ほとんどの腰痛は内臓の関連(8割以上)で起きますが、内臓関連の腰痛の場合、筋肉の緊張をほぐす方法は向いていません。

ただし、筋肉疲労による腰痛にはストレッチは有効です。

でも、ストレッチは効果を出すのが難しく、腰痛を悪化させる可能性があるので、お風呂で温めた方が早く疲労が取れて腰痛が楽になるかもしれません。

もっとも、筋肉疲労による腰痛か内臓関連による腰痛かを見分けるのは難しいです。

お風呂で温めて楽になる腰痛でしたら、筋肉疲労による腰痛の可能性は高いですね。

疲労は腰痛の原因になる?

長時間座りっぱなし、立ちっぱなしの仕事をしたりすると、疲労がたまって腰が痛くなると言われています。

しかし、そういったことはありません。

同じ姿勢を長時間続けていると、確かに筋肉にかかる負担は大きいです。

しかし、筋肉にかかる負担が大きいからと言って、痛みが出ているわけではないのです。

仮に、同じ姿勢を長時間続けると痛みが出るとしたら、常時痛みが出るはずです。

でも、そんなことはありません。

痛みが出る時と出ない時があるはずです。

そのようなわけですから、同じ姿勢を長時間続けると痛みが出るという理屈は合ってないのです。

痛みが出る時は、内臓からの影響で筋肉の緊張が強くなっているためです。

筋肉はそれぞれ内臓と関連があり、内臓の機能が低下すると、その関連する筋肉が影響を受けて、緊張が強くなり痛みが出ています。

例えば、便秘などの自覚症状がなくても、内臓の機能が低下していれば、筋肉は影響受けています。

そのようなときに、病院で検査を受けたとしても、異常は発見できないでしょう。

異常が見られなければ、病院では具体的な処置もできませんので、湿布や鎮痛剤を渡されて終わりです。

内臓の機能低下は、体を流れるエネルギー(気)の滞りが関係していますので、“気”の滞りを整える調整をしていけば、腰痛も改善の方向に向かいます。

一瞬で体のバランスが取れる方法

一瞬で体のバランスが取れる方法と言っても、ストレッチとか体操とかではありません。

お風呂の中で出来る方法です。

その方法は、非常に簡単な方法です。

そのアイディアは、ある人のブログを見ていて思いついたものです。

体のバランスは簡単なことで取れる

やり方ですが、まず、肩まで湯船に浸かります。

そして、その後に胸から上を出して湯船に浸かります。

それから最後に、普通に肩まで湯船に浸かればいいです。

これだけです。

胸から上を出して湯船に浸かるのは、一瞬だけでいいです。

これだけのことをやるだけで、体のバランスが取れます。

最初に肩まで湯船に浸かった時に、首を右と左にゆっくり向けてみて、どちらが向きやすいか、向きにくいかを確認しておきます。

そして、最後に普通に肩まで湯船に浸かった時に、同じように首を右と左にゆっくり向けてみます。

おそらく、右と左同じくらいに向きやすくなっているはずです。

この方法のポイントは、最初に、普通に肩まで湯船に使ってからその後に、胸から上を出して湯船に浸かるということです。

最初に、胸から上を出して湯船に浸かってからその後に、普通に肩まで湯船に使っても効果はありません。

湯船に浸かる順番がポイントになるわけです。

なぜこのような効果があるのかを考えてみたのですがおそらく、肩まで湯船に使った時と胸から上を出して使った時では、水圧の掛かる部分が違うからだと思いました。

この方法で、お風呂に入ると普通に肩まで湯船に浸かるよりも、体の疲労などが取れやすくなると思います。

腰痛の施術は体の機能を高めることが重要

施術を受けに来られる人で施術をすれば、その場で症状が消えてしまうとお考えのひとがいます。

確かに、当整体院でもその場で腰痛の症状に変化が出て楽になる人もあります。

しかし、施術後すぐに症状にあまり変化がない人もあります。

他の整体院では、施術後すぐに症状が変わるような施術をする先生もいます。

その方法は、症状のある部分を押したり揉んだりするやり方です。

ですから、そういった整体院では、その場症状が楽になることが多いようです。

でも、そういった施術をした場合、症状の戻りが早いのです。

こういった施術のことを、対症療法の施術と言います。

この対症療法の施術は即効性があっていいのですが、症状の戻りが早いですから、何度施術しても同じことの繰り返しになりますので、慢性化した症状には向きません。

当整体院では、そのことが分かっていますから、そういった対症療法の施術は行っていません。

と言って、私が手を抜いた施術をしているわけではありません。

整体の施術は、本来症状を直接取るものではないのです。

体の機能が落ちたために、腰痛の症状が出ていると考えていますので、整体施術を、体の機能を高めることを目的として行っています。

腰痛の施術で骨の矯正をしても戻るのが早い

腰痛の施術でカイロプラクティック院や整体院では、骨の矯正をすることが多いです。

骨の矯正の方法には

・術者の体(手、指、足)を使う方法

・器具(木槌など)を使う方法

・筋肉の緊張をほぐす

といったものが一般的です。

その他には、

・イメージを使う(背骨のズレが良くなるようにイメージする)

・ツボの操作をする(直接ツボを刺激したり、色紙を貼る方法などがあります)

といった方法もあります。

上記のように直接骨にアプローチしたり、間接的にアプローチして骨を矯正するわけですが、一般的に骨の矯正をして腰痛の施術をすることは、痛みの改善にはつながりにくいのです。

もちろん、骨の矯正でも楽にはなります。

でも、持続性が乏しいため、2~3日くらいしかもちません。

持続性が乏しいのは、神経に対して刺激を加えているからです。

腰痛は、内臓が関連することが多いのですが、内臓が関連する痛みの場合は、神経に刺激加える方法ではなく別の方法で調整していく必要があります。

それは、いわゆる“気”という体を流れるエネルギーの滞りを調整する方法です。

“気”は、内臓の機能と関連しているため、“気”の滞りを調整していくと内臓の機能が高まり、その結果痛みも改善に向かいやすくなります。