腰痛に足首の歪みが関係している?

整体などの民間療法では、西洋医学と違って腰痛などの痛みは、体のいろいろな部分が関係しているとしています。

その1つとして、足首に歪みがあると、筋肉のバランスの関係で骨盤、背骨に影響があり、腰痛につながるという考え方があります。

足は体の土台だから、歪みがあるといろいろな影響が出るということなのでしょう。

確かに、構造的に見れば足は土台にはちがいありません。

足首の歪みと腰痛は関係ありません

でも、足首に歪みがあっても腰痛が起きない人はいくらでもいます。

もし足首の歪みが腰痛に関係しているとしたら、理屈に合わないことになってしまいます。

ただ、私も足首は腰痛に関係があると考えています。

しかし、足首が関係しているとしても、歪みではなく別の意味で関係があると思っています。

それは、“気”の滞りです。

“気”は、体の内外を流れるエネルギーのことです。

“気”の滞りという考え方は、東洋医学独自のもので現代西洋医学にはありません。

それはともかく、足首の部分の“気”が滞っていると、腰の部分に影響が出て腰痛につながります。

足首の部分の“気”が滞っていると、腰の部分に影響が出て腰痛につながります。

そこで問題になってくるのは、足首の歪みと“気”の滞りの関係です。

体の歪み(足首の歪み)があると、“気”が滞っていると言っている人が多いです。

でも私は関係がないと考えています。

例えば、腰椎椎間板ヘルニア(体の歪み)で腰痛が起きるとされていますが、それは間違いです。

ヘルニアで腰痛が起きるのではなく、“気”が滞ったから腰痛が出るのです。

ですから、“気”の滞りが整えば腰痛は改善します。

でも、“気”の滞りが整って腰痛が改善しても、ヘルニアはそのまま残ります。

ヘルニアが残っているということは、体の歪み(足首の歪み)も残っているということになりますので、体の歪みと“気”の滞りは関係ないということになります。

トリガーポイントは腰痛・坐骨神経痛の本当の原因ではありません

腰痛・坐骨神経痛の施術で、トリガーポイントと言われる、筋肉にある硬くなったコリにアプローチして対処する方法があります。

方法としては、ストレッチをしたり、病院ですとトリガーポイントに対して注射で薬液を注入したりします。

この方法は、症状に対してある一定の効果があるようです。

しかし、トリガーポイントは腰痛・坐骨神経痛の本当の原因ではありませんから、状態によっては改善しにくいこともあります。

当整体院の考え

本当の原因は、内臓機能の低下です。

内臓機能の低下の影響で、腰やお尻から足にかけて痛み、しびれ、感覚異常などの症状が出ています。

ですから、内臓の機能を高めていく必要があります。

内臓機能の低下は、“気”の滞りが関係していますので、“気”の調整をしなければ改善していきません。

“気”とは東洋医学の概念で、体を流れるエネルギーをさします。

“気”の調整には、気功、鍼灸などの方法があります。

当整体院では、上のような方法ではなく、体をいろいろと操作することによって“気”の調整をします。

坐骨神経痛関連記事

冷房は肩こりに関係ある?

肩こりの原因の一つとして、冷房が関係しているとされています。

冷房によって肩こりになるのは

冷房

僧帽筋などの筋肉が緊張して硬くなる

肩の周りの血液の循環が悪くなる

酸素や栄養が末端まで行かない

疲労物質が蓄積

肩こり

といったメカニズムがあるそうです。

でも、冷房と肩こりは直接の関係はありません。

外傷を除いて、肩こりの原因のほとんどが内臓が関係しています。

内臓の機能が低下し、その結果筋肉が影響を受け緊張が強くなり肩こりとなっています。

そして、内臓の機能低下は、“気”という体を流れるエネルギーの滞りが影響しています。

“気”は、体を流れるエネルギーのことを言います。

これは東洋医学の考え方で、西洋医学には存在しないものです。

医師の方に、肩こりに“気”の滞りが関係していると話をすれば、たいがい「なにそれ?」という顔をされるでしょう。

また、一般の人もこういった考え方に否定的なことも少なくないです。

でも、鍼灸、太極拳、ヨガなどは、元々“気”の滞りを整えて健康を増進させるもので、何千年もやられているものです。

ただ、“気”の滞りを整える調整もやり方によって結果が違ってきます。

腰痛と筋肉のしこり

体のゆがみを自分で治そうということで、エクササイズをされる方は多いと思います。

今は、インターネットで調べればいろんなエクササイズの方法を知ることができます。

また、フィットネスクラブ、体操クラブなどに入会すればいろいろなエクササイズの方法を教えてくれます。

体の歪みがそれほどでない人でしたら、腰痛などの症状が改善されて体のゆがみも良くなっていくでしょう。

エクササイズをやってみても、さっぱり症状が改善せず体のゆがみも良くならない方もみえます。

体の歪みが固定化してるのは硬いシコリができているから

そういう方はからだの歪みが固定されています。

そういう方の場合、筋肉に硬いしこりがたくさん出来ています。

筋肉に硬いしこりが、からだの歪みの固定化の原因になっているわけです。

シコリができる原因ですが、

・外傷

・日常生活の悪い姿勢

・運動不足

・精神的ストレス

などいろいろなことが言われています。

私は、別のところに原因があると考えています。

その原因は、内臓が関係していることです。

内臓の機能が低下すると、その内臓と関連性がある筋肉が影響を受けて緊張が強まり硬くなります。

内臓の機能が高まれば、関連している筋肉の緊張が弱まり硬くなっていた部分も柔らかくなります。

しかし、内臓の機能が低下したままだと、筋肉の緊張も強い状態が続きますので、しこりも硬いままになってしまいます。

その結果、体の歪みも固定された状態が続くわけです。

ですから、その状態を改善するには内臓の機能を高めていく必要があるのです。

そうすれば、腰痛も改善しやすくなります。