骨のズレは、力では動かない

私が整体を始めた頃は、骨のズレを直接力をかけて調整していました。

しかし、骨のズレというのは力で動かそうと思っても、そう簡単に動くものではありません。

無理をして、大きな力を加えれば、施術事故が起きて危険です。

何とか骨のズレを力を用いずに調整する方法を教えてもらえる所はないかと思って探しました。

そこで出会ったのが、以前私が通っていた筋肉を調整して体の歪みを治すという研修会です。

そこの会で習った施術方法を使って施術すると、力を使って直接骨を矯正しなくても簡単に骨のズレを調整できました。

骨がズレるのは、骨を支えている筋肉のバランスのくずれから起きます。

ですから、骨を支えている筋肉のバランスを調整すれば、力を用いなくても骨のズレはもどります。

ただ、ズレてから年月が経って骨の周りの組織がカチカチになっている場合は、筋肉のバランスを調整してもすぐには骨のズレを戻すことができない時もありますので、少し日数がかかることもあります。

骨の周りの組織がカチカチになるのは、内臓の機能の低下が影響しています。

そして、内臓の機能低下は、体を流れるエネルギー(気)の滞りが関係してますので、“気”の滞りの調整を行っていくと、筋肉を調整するだけの場合よりも早く骨のズレも戻りやすくなります。

中殿筋が腰痛の原因になるって本当?

よく健康本などを、○○筋が腰痛の原因だったというようなキャッチフレーズで宣伝していたり、整体院などのブログに書いてあったりします。

○○の中には例えば、中殿筋などが入ります。

確かに、中殿筋は体の構造上重要な筋肉ですから、ストレッチなどでほぐせば、簡単な腰痛でしたら、変化があるかもしれません。

当整体院の考え

でも、おそらく中殿筋をほぐしても、一時的な効果しか期待できません。

と言うのは、体の構造上重要な筋肉といっても、腰痛の本当の原因は、中殿筋には存在しないからです。

ただ、中殿筋をストレッチなどをしてほぐすと、腰の痛みが楽になりますから、間接的には腰痛に関係しています。

でも、直接的な原因ではありませんから、いくらストレッチなどを工夫して行っても、一時しのぎにしかなりません。

では、本当の原因はどこにあるのでしょうか?

それは、体を流れるエネルギー(気)の滞りが関係しています。

 

腰痛が起こるしくみ

エネルギー(気)の滞り

内臓の機能低下

中殿筋などの筋肉の緊張が強くなる

腰痛

 

筋肉の一つ一つは、特定の内臓と関連がありますから、内臓の機能低下が起きると、影響を受けて緊張が高まり硬くなり、その結果腰痛の症状が出ます。

腰痛の対処

上記のように、腰の痛みの大元の原因は、エネルギーの滞りにありますから、腰痛に対処していくには、エネルギーの滞りを整える調整が必要になってきます。

お酒の飲み過ぎで腰痛になる?

お酒を飲み過ぎることによって、腰の痛みが出ることがあると言われています。

腰の痛みは、以下のような順で起こるとされています。

飲酒

内臓器官に異常が起きる

内臓器官の周りの神経を刺激して腹部に痛みが起きる

その影響で腰、背中まで痛みを感じる

当整体院の考え

腰痛が起きるしくみ

エネルギーの滞り

内臓の機能低下

腰の筋肉の緊張が強くなる

腰痛

一般的には、過剰なアルコールを摂取すると、肝臓の分解能力が間に合わなくなり、負担がかかり周りの筋肉にも影響が出て腰痛が起きるとしています。

しかし、私はアルコールを飲みすぎたとしても、腰痛は起きないと考えています。

なぜなら、アルコールを飲みすぎても内臓に異常は起きないからです。

アルコールの過剰摂取が原因ではなく、体を流れるエネルギーの滞りが関係しています。

体を流れるエネルギーは、いわゆる“気”と呼ばれるものです。

腰痛の対処

腰痛の対処は

他の整体、カイロプラクティックなどでは、腰痛の原因が神経の働きの異常だと考えている施術者が多いです。

そして、神経の働きを整えるために骨格の矯正、ストレッチなどによる筋肉の調整をします。

しかし、上記したように、腰痛の原因の大元は体を流れるエネルギーの滞りにあります。

ですから、当整体院では、エネルギーの滞りの調整を行って腰痛に対処しています。

腱板損傷と肩の痛み

肩の腱板とは、肩の関節にくっついている(肩甲下筋(けんこうかきん)、棘上筋(きょくじょうきん)、棘下筋(きょくかきん)、小円筋(しょうえんきん)の4つの筋肉の総称です。

腱板は、肩関節を安定させる役目があります。

そして、肩腱板損傷をするのはスポーツ、事故、肉体労働によることが多いです。

その他、肩の痛みに関係なく50歳以上の4人に1人が腱板損傷があるという調査結果があります。

肩腱板損傷の原因と症状

原因

腱板損傷(断裂)は

・外傷によるもの

・腕の繰り返し動作によるもの

といったものがあります。

外傷による損傷(急性断裂)

スポーツ中の怪我や交通事故などによって腱板に急激に大きな力が加わり損傷が起きます。

腕の繰り返し動作による損傷(変性断裂)

変性断裂は、言ってみれば老化現象が関係していると考えることができます。

それに加えて、腕を繰り返して使うことによって腱板に負担がかかり損傷します。

症状

・肩の運動障害

・運動痛(痛みがあっても肩を挙げることは可能のことが多い)

・夜間痛

などがあります。

当整体院の考え

腱板損傷(断裂)があっても、肩の痛みが出るとは限りません。

何の症状もない人も少なくありません。

年齢と共に体のあちこちが衰えてきます。

腱板損傷(断裂)だけではなく、膝の半月板の損傷、軟骨のすり減り、背骨にある椎間板、靭帯、関節の変形などが起こります。

これらの現象は、老化現象です。

整形外科では、これらの老化現象は、痛みが出る原因になると言っています。

仮に、老化現象によって痛みが出るとしたら、矛盾が生じてきます。

というのは、常時痛みが出るわけではないからです。

また、温めたり、冷やしたりすると痛みが消えたりしますので理屈に合いません。

当整体院では、別の原因で痛みが出ていると考えています。

その原因は、内臓の影響です。

内臓は、筋肉と関連がありますので、内臓の機能が低下するとその影響で筋肉の緊張が強くなり痛みなどにつながります。

肩腱板損傷の対処

病院での対処

病院では、保存療法と手術療法で対処します。

・消炎鎮痛剤などの薬物療法

・ステロイド薬やヒアルロン酸などの注射

・手術

当整体院での対処

上記したように、腱板損傷による肩の痛みは、内臓の機能低下の影響によるものです。

内臓の機能低下は、東洋医学で言われる“気”というエネルギーの滞りが関係しています。

ですから、当整体院では“気”の滞りを整える調整を行って肩の痛みに対応しております。