冷えは内臓と関係が深い

女性の方は冷え性(冷え症)の人が多いですね。

統計によると女性の7割近い人は冷えがつらいと感じているそうです。

女性に冷え性の人が多い理由についていろいろ言われています。

体の冷えと内臓の調子はリンクする

体の冷えは、内臓が関係しています。

以前は内臓の働きが悪くなると働きの悪い部分を修復するため、その部分に血液が集中するので全身にしっかりと血液が回らないからだと考えていました。

しかし、その考え方は間違っておりました。

内臓が関係していることは間違いはないのですが、“気”という体を流れるエネルギーの滞りが大元の原因となります。

体が冷えるしくみ

“気”の滞り

内臓機能の低下

内臓と関連がある筋肉が影響を受ける

筋肉を通る血管が影響を受ける

体の冷え

上記のように冷えは、“気”の滞りが大元の原因となりますので、それに対して処置をしていくことが重要です。

冷え性の症例

50代女性

結婚当時から、肩こり、頭、首、腰、背中、股関節の痛み、冷え性、便秘があり、体の調子が悪いのが続いていた。

特に体の冷えがひどく、冷房が苦手で冷たい風が体に当たると、寒いというよりも痛みを感じていました。

今までにいろいろな治療を試したそうです。

マッサージは、毎週のように通い2~3日は調子が良いのですがまたもとの状態に戻ってしまったそうです。

症状が慢性化しているため、週に一回来られ日数はかかりましたが全体的に改善しました。

冷えも良くなり冷房の効いた部屋にいても平気になったそうです。

30代男性

毎年冬になると、手足の冷えに悩まされ、仕事に支障が出るということで当整体院に来られました。

施術をする前に、両方の手に触れてみると氷のように冷たくなっていました。

施術後は、手に触れてみると冷たさはまだ若干あるようですが、かなり改善しました。

そのことをご本人に聞いてみると、手の冷たさが良くなったようです。

ただ、足の冷えは変化がありませんでした。

2回目は20日後に来られました。

20日間の様子をお聞きすると、一回目の施術後の夜に足がポカポカと暖かくなったそうです。

もちろん手の冷えた状態も、改善した状態が続いたそうです。

そして、もう1つ体の変化がありました。

それは、慢性的に軟便の状態が続いていたのが、だいぶん改善したようです。

そしてその状態も維持しているとのことでした。

この方の手足の冷えは、消化器系の臓器の働きが悪くなっていたために、起きたのではないかと推測されます。

整体施術によって、消化器系の臓器の働きが悪いのが良くなってきたため、手足に十分血液が回るようになり、その結果手足の冷たい感じが改善されてきたのでしょう。

仙腸関節痛

骨盤の腸骨と仙骨の部分の関節は、仙腸関節と言います。

この関節の部分に痛みが出ることがあります。

この痛みは、仙腸関節痛と呼びます。

そして、骨盤の矯正が仙腸関節痛に有効だということで、多くの整体、カイロプラクティック院などで施術が行われています。

しかし、いくら骨盤の矯正が有効だからと言って、単に骨盤周り、足などの筋肉を調整してほぐしたり、骨盤を調整したとしても、症状の改善はしにくいのです。

“気”の流れの滞りを整えると仙腸関節も調整される

というのは、筋肉の調整、骨盤の調整では、仙腸関節は調整されないからです。

仙腸関節は、動きが悪くなると、仙腸関節痛をはじめいろいろな症状が出ると言われています。

しかし、一般にやられているのは、ただ単に骨盤全体のねじれを調整しているだけです。

骨盤全体のねじれを調整したとしても、一時的に症状が楽になるだけです。

調整するべきなのは、仙腸関節の動きを回復させることです。

仙腸関節の動きが悪くなると、いろいろな症状が出るのは、内臓の機能が低下するためです。

内臓と筋肉は、関連性があるため、内臓の機能が低下するとその影響で筋肉の緊張が強まりいろいろな症状につながるわけです。

そして、内臓の機能が低下は、東洋医学で言われる“気”という体の中を流れるエネルギーの滞りが関係しています。

ですから、一番大事なことは、“気”の流れの滞りを整えることなのです。

“気”の流れの滞りを整えると、仙腸関節も調整され動きを回復させることができます。

仙腸関節の動きと症状の関係

“気”の流れの滞り

仙腸関節の動きが悪くなる

内蔵機能の低下

筋肉の緊張が強くなる

仙腸関節痛などの症状

ほとんどの腰痛は筋肉には原因はありません

腰痛で整体、マッサージを受けると、施術者は筋肉を調整して緊張を緩和しようとします。

腰痛などの症状は筋肉などに出ますので、筋肉に原因があると考えているのでしょう。

例えば、スポーツや仕事などで腰をひねって筋肉の繊維を痛めたというような場合は、筋肉を調整すれば症状に変化はあります。

しかし、筋肉の繊維を痛めて腰痛になることはそれほど多くありません。

ほとんどの場合は、内臓が関連した腰痛です。

外傷以外は、筋肉には痛みの原因はありません。

ただ腰の部分の筋肉に痛みが出ているだけです。

特に慢性化している腰痛は、内臓が関連していることが多いのです。

内臓が関連した症状の場合は、筋肉を調整しても一時的に楽になるだけで良くなっていくことは少ないです。

ですから、筋肉を調整するのではなく、“気”の調整をする必要があります。

“気”とは、体を流れるエネルギーのことです。

“気”の調整は、筋肉を調整する施術になれた人には物足らないかもしれません。

と言うのは、気持ちよさといったものがないからです。

でも、気持ちよさで腰の痛みが改善されていけばいいですが、実際には改善されにくいです。

“気”の調整をする必要があるのは、“気”の滞りによって内臓の機能が低下し、その結果筋肉が影響されて痛みが出ているからなのです。

腰痛が出るしくみ

気の滞り

内臓の機能低下

腰の筋肉が影響を受ける

腰の痛み

寝方が悪いと腰痛を悪化させる原因になる?

寝方が悪いと腰痛を悪化させる原因になると言われています。

例えば、反り腰の姿勢になっている人。

反り腰とは、背中の部分が後ろに傾いている姿勢をさします。

そして、反り腰になっている人が仰向けの姿勢で寝た場合、腰に負担がかかるため痛みが悪化するというわけです。

しかし、仰向けに寝たとしても腰の痛みが出ることがあるかもしれませんが、悪化することはありません。

なぜなら、仰向けの姿勢で寝るから腰痛が出るわけではないからです。

仰向けで腰が痛くなるのはきっかけであって、原因は別のところにあります。

内臓の機能が低下することによって、腰の部分の筋肉が影響を受けていて、仰向けの姿勢というきっかけが加わって結果的に腰痛が出ています。

そして、内臓の機能の低下は、“気”の滞りが関連しています。

“気”は、体を流れるエネルギーのことで東洋医学の考え方です。

東洋医学では

“気”が滞る → 内臓の機能の低下 → 筋肉が影響を受ける → 腰などの痛みが出る

と考えます。

ですから、仰向けで寝ていても内臓の機能が低下していなければ、腰痛が出ないわけです。

よって、寝る時の姿勢が腰痛の悪化させる原因とはならないのです。

腰痛関連情報
腰痛でお困りの方

パソコン作業をすると肩こりになる?

1日中パソコンに向かって仕事をしている人が少なくありません。

その作業のせいで肩こりが起きると言ってる人が多いですね。

確かに長時間作業をしていると、手や指などの筋肉が疲労します。

でも、手にある筋肉が疲労したからといって、肩こりが起きるとは限りません。

というのは、手の筋肉と肩にある筋肉は直接関連がないからです。

一般的には、手の筋肉が疲労すると、肩の筋肉が影響を受けてコリが出るとされています。

しかし、そのようなことはありません。

手の筋肉の影響によるものではなく、内臓が関係しています。

内臓の機能が低下し、肩の部分にある筋肉が影響を受け、その結果肩こりの症状が出ています。

そして、内臓の機能の低下は、“気”の滞りが関連しています。

“気”は、体を流れるエネルギーのことです。

ですから、パソコン作業を長時間するから肩こりが出るわけではないのです。

このような考え方は、古くからあるもので東洋医学の考え方です。

東洋医学では

“気”の滞り → 内臓の機能低下 → 筋肉が影響を受ける → 症状

といった考え方をします。

ですから、“気”の滞りを整える調整をしていけば、症状が改善されていきます。

当整体院では、この考え方を利用して施術しています。

肩こりの関連情報
肩こりでお悩みの方へ

太ももの痛み

太ももをおさえる女性

太ももの痛み原因

太ももの痛み原因の一般的な見方

・腰からの関連痛

・外傷

などがあります。

腰からの関連痛

腰からの関連痛は

・腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離・すべり症、腰部脊柱管狭窄症など骨の異常

・梨状筋症候群 など

腰からの関連痛がおきるのは、骨の異常、梨状筋の緊張によって神経が圧迫されるため太ももに痛みが出るとされています。

外傷

・太ももの筋肉の肉離れ

・打撲 など

当整体院の考え方

腰からの関連痛は、一般的には神経を圧迫するため太ももに痛みが出るとされています。

しかし、神経の圧迫によって痛みが出ているのではなく、別の原因があります。

それは、内臓の影響です。

内臓と筋肉は、関連性があるため内臓の機能が低下すると、筋肉が影響を受けて緊張が強くなります。

その結果、太ももが痛くなります。

また、肉離れ、打撲などの外傷も組織の損傷の影響で痛みが出るのではなく、内臓の影響です。

膝の半月板の損傷、肩の腱板損傷、腰のヘルニア、腰の分離・すべり症など組織の損傷があっても痛みが出ないケースが少なくないのです。

太ももの痛みの対処

病院での対処

・薬物療法(消炎鎮痛剤など)

・神経ブロック注射

・マッサージ、低周波治療器などによる理学療法

・手術(椎間板ヘルニア、分離・すべり症など骨の異常がある場合)

当整体院での対処

上記のように、太ももの痛みは、骨の異常、外傷であっても、内臓が関係していると考えています。

そして、内臓の機能の低下は、東洋医学で言われる“気”という体の中を流れるエネルギーの滞りが関係しています。

ですから、当整体院では、 “気”の流れの滞りを整える調整を行って太ももの痛みに対応しています。

他の整体、カイロプラクティック院などでは、背骨などの骨格矯正、ストレッチなどでの筋肉の調整をすることが多いです。

しかし、骨格矯正、筋肉の調整は、神経を刺激する方法ですので、“気”の流れの滞りを整えることが難しいため、太ももの痛みなどの症状を改善しにくいのです。