ぎっくり腰(急性腰痛)Q&A

.ぎっくり腰の施術はどんなことをしますか?

.ぎっくり腰(急性腰痛)には、筋・筋膜性腰痛と内臓が関連したものがあります。

整体院での施術というと、普通は背骨などの骨格の矯正、筋肉の調整を行うことが多いです。

具体的には

骨格の矯正

・手や指を用いて骨を押してズレを戻す方法

・くさび状のブロックという道具を用いて骨盤のズレを戻す方法(ソフトな矯正法です)

筋肉の調整

・ストレッチ

・マッサージ

などがあります。

上に挙げたような骨格の矯正、筋肉の調整は、神経に作用させる施術法です。

この神経に作用させる施術法は、筋・筋膜性腰痛には有効です。

一方、内臓が関連した腰痛の場合は、神経に作用させる施術法では改善しにくいのです。

内臓が関連する腰痛のしくみ

“気”の滞り

内臓の機能の低下

内臓に関連がある筋肉の緊張が強くなる

ぎっくり腰

上のように、内臓が関連した腰痛は、“気”という体を流れるエネルギーの滞りが大元の原因となります。

ですから、神経に作用させる骨格の矯正、筋肉の調整は、内臓が関連した腰痛には向かないのです。

※“気”は、東洋医学でよく使われる言葉です。

.何度もぎっくり腰を繰り返すのですが?

.1年間に2回とか3回とかぎっくり腰になる人がいます。

こういった場合、腰が悪いと思っている人が多いようです。

でも、腰が悪いからぎっくり腰を繰り返すわけではありません。

腰の部分にはほとんど原因はなく、腰以外の他の部分に原因があります。

何度もぎっくり腰を繰り返す原因としては、腸や膀胱などの内蔵機能の低下が考えられます。

そして、内蔵機能が低下するのは、過去の怪我(骨折、脱臼、捻挫など)の影響もあります。

その他、精神的ストレスもあるでしょう。

ともかく、ぎっくり腰を繰り返すのは、内蔵機能の低下が影響していますので、“気”の調整をする必要があります。

筋肉を調整してから背骨・骨盤を矯正すると腰痛は改善する?

整体師、カイロプラクティックなどの施術者は、体を調整する場合、筋肉の緊張が強いと骨を矯正してもすぐに戻ってしまうため、矯正の前に筋肉を十分緩めてから背骨・骨盤などの関節の矯正をします。

この方法が一般的にされている腰痛の施術法です。

私も施術を始めてしばらくはそのような施術法でやっていました。

この方法は、腰痛の症状が出てから日数が経っていなくてなおかつ、それほど症状が重症でなければ、何回か施術をすれば改善していきます。

でも、ある程度日数が経っていたりして症状がこじれている場合は、この方法はあまり有効な方法とは言えません。

なぜか?

筋肉の調整をしたり背骨・骨盤を矯正することは、基本的に神経を刺激する調整だからです。

筋肉疲労に起因する腰痛でしたら、神経を刺激する調整でも改善していきやすいです。

しかし、日数が経ってこじれているような腰痛は、単なる筋肉疲労による症状ではありません。

胃や腸、腎臓などの内臓からの影響を受けて腰痛が出ていることが多いのです。

ですから、内臓からの影響による腰痛の場合は、神経を刺激する調整ではなく東洋医学で言われる“気”の調整をしないとなかなか改善していきません。

もし、整体を受けても腰痛がなかなか改善しないという方は、“気”の調整をする整体や鍼灸などを受けられることをお勧めします。

回盲弁症候群と腰痛

回盲弁という言葉は、なじみがないかもしれません。

回盲弁は、小腸と大腸をつなぐ弁です。

大腸から小腸への便の逆流を防ぐ役目をしている弁です。

そして、この弁の開閉に不具合があると、腰痛を始め体にいろいろな影響を与えます。

例えば、草むしりや重い物を持ち上げてぎっくり腰を起こし、強い痛みは消えたとしても、鈍痛が残りなかなか取れない場合があります。

そういった場合、回盲弁症候群がぎっくり腰と関係していることもあるわけです。

ですから、草むしり、重い物を持ち上げる動作はぎっくり腰のきっかけであって、本当の原因は胃腸の不調だったという可能性もあります。

回盲弁症候群は、西洋医学では注目していません。

しかし、民間療法のカイロプラクティック、整体では、回盲弁症候群などの内蔵の問題は、筋肉に影響を与えるため腰痛の原因になると考えています。

カイロプラクティックなどの施術では、回盲弁に関連するポイントや背骨、骨盤の矯正を行います。

しかし、当整体院では別の方法で調整をします。

その方法は、“気”の調整です。

“気”の調整を行うと、回盲弁に関連するポイントや背骨、骨盤も調整されるため腰痛も改善されやすくなります。

関節操作で腰痛・足の痛みは改善する?

整体院・カイロプラクティック院で腰痛・足の痛みを改善させるために、骨盤、腰椎、頚椎などの関節を操作を行う施術をするところは少なくないです。

しかし、関節を操作しても外傷によるもの(筋肉の繊維を痛めて腰痛になる)以外の症状は改善しにくいです。

外傷を除いて症状のほとんどは内臓が関連していますが、関節の操作では内臓の状態が変わらないため改善しにくいのです。

関節の操作は神経に対する調整ですので、例えば筋肉の繊維の微小な損傷によるものには有効です。

でも、外傷による腰痛・足の痛みは数が少なく、整体院に訪れるほとんどの人の症状は内臓関連ですので、関節操作では改善しにくいと言ってよいでしょう。

ただ、人間の体は自然治癒力というものがありますので、内臓関連のものでも、ほっといても良くなっていきます。

ただし、すごく時間がかかります。

そこで、骨盤などの関節の操作ではなく、“気”の調整をすると、自然治癒力が高まり内臓関連の症状も改善が早まります。

“気”は、体を流れるエネルギーのことです。

“気”の調整は、気功、鍼、お灸などがあります。

ただ、これらの方法は、やり方によって結果が違ってきます。

ですから、施術者を選んでいくことが大切です。