くしゃみや咳をして腰痛になる  

腰痛が起きる原因としていろいろな動作がきっかけとなることがあります。

その中で、くしゃみや咳をした瞬間に腰が伸びなくなってどんどん痛みがひどくなるということもあります。

原因

一般的な見方
一般的には、筋肉の疲労が関係しているとしています。

いろいろな原因で筋肉が疲労して蓄積し、くしゃみといったちょっとした刺激によって腰の痛みが起きるとされています。

当整体院の見方
私は、別のことが原因していると見ます。

筋肉の疲労は関係なく、内臓が関連していると考えています。

内臓の機能が低下し、その影響で筋肉が緊張し硬くなり、くしゃみという刺激が加わることによって腰痛を発症します。

対処

他の整体院では、筋肉の疲労が腰痛に関係していると見ているので、骨盤矯正などによる骨の矯正、ストレッチを用いた筋肉の調整をすることが多いようです。

一方、当整体院では、内臓の機能の低下が腰痛に関連していると考えていますので内臓の機能を高める調整をします。

内臓の機能の低下は、体を流れるエネルギー(気)の滞りが影響しています。

ですから、エネルギーの滞りを整えることを中心して調整を行っていきます。

尚、骨の矯正や筋肉の調整などの施術は、エネルギーの滞りを整えることは難しいため症状の改善がしにくくなります。

立ち仕事は腰痛の原因になる?

工場や飲食店などでの立ち仕事をしている人は、腰痛の症状が出やすいと言われています。

立っていると、腰の骨(腰椎)に負担がかかり神経を圧迫するため痛みが出るということです。

また、骨盤が立ちっぱなしで疲労した足の筋肉に引っ張られ、腰に負担がかかるためという説もあります。

当整体院の考え

確かに、上記のようなことは腰の痛みには関係があります。

しかし、痛みが出ている腰や足の筋肉には原因はありません。

本当の原因は、別のところにあります。

それは、内臓です。

内臓だと説明すると、はあ?という反応をする人が多いです。

外傷を除いて、腰痛の原因のほとんどは内臓が関係しています。

内臓が関係していると言うと、内臓疾患を思い浮かべる人が多いです。

確かに内臓疾患があると、腰痛が出やすいです。

でも、内臓関連と言っても、内臓疾患だけでなく、病気の手前の状態にある、内臓の機能が低下した時でも腰痛は出ます。

対処

腰痛の対処は、一般的に骨の矯正、ストレッチなどによる筋肉の調整をする施術者が多いです。

しかし、骨の矯正、筋肉の調整をしても、内臓の機能を高めることは難しいため腰痛も改善しにくいのです。

内臓の機能低下は、体を流れるエネルギー(気)の滞りが関係していますから、エネルギーの調整をしていくと腰痛も改善に向かいやすくなります。

腰痛があり座れない

腰痛が慢性化しひどくなってくると、イスや床に座るのが難しくなることがあります。

そのため、立って食事をしたり、うつ伏せ寝で勉強したりということが続きます。

原因は?

椎間板ヘルニア、変形性脊椎症などの骨の異常、骨盤のズレなどいろいろなことが原因していると言われています。

しかし、腰の部分には原因はなく、腰の骨の異常や骨盤のズレと痛みは関係ありません。

では、なにが原因となっているのでしょうか?

体を流れるエネルギーが関係しています。

体を流れるエネルギーとは、俗に言われている“気”のことです。

そのエネルギーの滞りが進むことによって、内臓の機能が低下し、その影響で腰の筋肉が硬くなり痛みが出ます。

対処

対処としては、一般的には、骨の異常を検査で見つけ矯正したり、ストレッチなどの方法を行って筋肉を調整して対処します。

しかし、上記したように体を流れるエネルギーの滞りが症状と関係していますので、その滞りを調整していかないと改善は難しくなります。

私も過去には、他の整体院で行われているような一般的な方法で施術をしておりました。

その方法でもそれなりに調整効果がありました。

でも、症状がこじれていたりすると、思ったような結果が出なかったことも確かです。

そのようなわけで、エネルギー調整をメインした施術に切り替えました。

その結果、こじれている症状にも対応可能になりました。

朝起きると腰が痛い

朝起きたら腰が痛くて動くのも大変という経験をされた方もいると思います。

朝起きると腰が痛い原因

朝起きて腰が痛い女性

一般的な見方

腰の骨に問題がある
背骨の骨と骨の間にある椎間板が飛び出て神経を圧迫して痛くなる(椎間板ヘルニア)

骨のすり減りによって神経が刺激されて痛みが出る(変形脊椎症)

筋肉と腱の疲労が溜まっている
眠っている間に筋肉などが硬くなる→血行不良→酸素不足→こり、痛みが出るといったメカニズムによる

眠っているときに、腰の部分が圧迫されている
寝具の問題

寝具が硬かったり、逆にヘタっているために沈み込んで腰に負担がかかり痛みが出る

心因性腰痛
人間関係のストレス、家庭の不和、仕事の問題などにより腰痛が起きる

疾患
感染性脊椎炎、強直性脊椎炎、骨粗鬆症、脊椎(馬尾)腫瘍、原発性脊椎腫瘍、転移性脊椎腫瘍など

当整体院の見方

一般的には上記のようなことがらが関連しているとされていますが、私は別のことが関係していると見ています。

眠っているときに、内臓の機能が低下しているのを高めようとした結果、朝起きた時に腰の痛みが出ています。

ですから、朝起きた時の腰痛は体にとって悪いこととは言えないわけです。

逆に、朝に腰痛が出ない時は、それほど内臓の機能が低下していないのです。

そのようなわけで、朝の腰痛は、体の修復作用がしっかりと働いていると証拠になります。

対処

一般的には、寝具を変えたり、腰の骨、筋肉の調整をしたりします。

しかし、上記したように内臓の機能低下が関係しているわけですから、内臓の機能を高めていくことが一番重要だと考えています。