太ももの裏の筋肉を伸ばすと腰痛の予防になる?

太ももの裏にある筋肉は、腰痛の原因になりやすいため、定期的にストレッチなどを行い伸ばしておくと腰痛の予防がしやすいとされています。

当整体院の考え

しかし、定期的にしっかりとストレッチをして、筋肉を伸ばしておいても残念ながら腰痛を予防することは難しいのです。

と言うのは、太ももの裏の筋肉には腰痛の原因が存在しないからです。

一般的に言われていることは、正しくないわけです。

では、腰痛の原因はどこにあるのでしょうか?

一般的には、腰痛の原因はかなりの数になると言われています。

でも、私は、そんなに多くはないと考えています。

打撲などの外傷を除いて、腰痛のほとんどは内臓が関係して発症します。

内臓疾患はもちろんですが、内臓の機能の低下の影響も少なくありません。

ですから、腰痛が起きにくくするには、内臓の機能を高めていくことが重要なのです。

腰痛の対処

その方法としては、体を流れるエネルギーの調整があります。

体を流れるエネルギーとは、俗にいう“気”です。

この“気”が滞ると、内臓の機能が低下します。

その結果、腰の筋肉が緊張して硬くなり、腰の痛みが出やすくなります。

そのようなわけですから、エネルギーの調整をしていくことによって、内臓の機能も高まり腰痛も起きにくくなります。

ハムストリングスが硬いと腰痛になりやすい?

ハムストリングスは、大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋の総称で太ももの裏側にあります。

主に膝を曲げる働きがある筋肉です。

このハムストリングスが硬くなると、腰痛の症状が出やすくなるとされています。

腰痛が出やすくなるのは、ハムストリングスが硬くなることによって、前かがみの動作がしにくくなり、背骨に大きな負担がかかるためだとしています。

当整体院の考え

確かに、ハムストリングスが硬くなると、前かがみの動作はしにくくなります。

そして、背骨に負担がかかります。

しかし、そのことと腰の痛みの関連はありません。

打撲などの外傷を除いて、腰の痛みのほとんどは内臓が関連して発症しています。

ハムストリングスなどの筋肉は、内臓と関連がありますが、内臓の機能が低下すると、筋肉が影響を受けて、緊張が増し痛みにつながりやすくなります。

ですから、ハムストリングスをストレッチなどで緊張を緩和しても、一時的には楽になりますが、腰の痛みは改善しにくいのです。

腰痛の対処

上記のように、内臓の機能が低下すると、筋肉が影響を受けて腰の痛みが出やすくなります。

そして、内臓の機能低下は、体を流れるエネルギーの滞りが関係しています。

体を流れるエネルギーとは、いわゆる“気”と呼ばれるものです。

“気”は、東洋医学の概念で、現代西洋医学にはないものです。

それはともかく、当整体院では、腰痛の大元の原因は“気”の滞りにあると理解していますので、“気”の調整を行っていきます。

ふくらはぎの筋肉を調整すると腰痛が良くなる?

腰痛の時ふくらはぎの筋肉をストレッチなどで調整して緊張を和らげると、楽になると言っている整体関係の人がいます。

ふくらはぎの筋肉を調整すると腰が楽になるのは、ふくらはぎにある腰痛に関係するツボの部分の緊張が和らぐためだとしています。

当整体院の考え

確かに、ふくらはぎを調整してツボの緊張が和らいで楽になることもあるでしょう。

しかし、常に腰の痛みが楽になるとは限りません。

と言うのは、ふくらはぎにあるツボが、いつもいつも腰の痛みに効果があるとは言えないからです。

人間の体は、体温をはじめ血圧などは一定ではなく上がったり下がったりしています。

1日24時間のうち、常に変化しています。

体を流れるエネルギー(気)も同じで、変化しています。

ですから、効果が出るツボも変化していますので、それに合わせて調整をしていく必要があるのです。

※ツボはエネルギーの出入口です。

この事実は、10年ほど前に気づきました。

腰痛の対処

上記のように、調整して効果の出るポイント(ツボ)は、日々変化しています。

当整体院では、効果の出るポイントを特殊な検査法を使って見つけ、その結果に基づいて調整を行っています。

この方法で施術をするようになってからは、以前良い結果が出なかったものも改善しやすくなりました。

大腰筋エクササイズをやってもスタイルは変わらない

ある程度の年齢になってくると、スタイルを気にされる人が多くなってきます。

特に女性の場合はその傾向が強いようです。

そこで「大腰筋」という筋肉が注目されて、大腰筋のストレッチなどのエクササイズが行う人が多いです。

しかし、大腰筋エクササイズを行って大腰筋を鍛えてもスタイルが変わるわけではありません。

特に「ぽっこりお腹」に代表される骨盤の前傾は、大腰筋だけを鍛えてもほとんど変化はありません。

ネットの情報では大腰筋の筋力が衰えたから、骨盤が前傾するとされていることが多いです。

しかし、そうではありません。

骨盤が前傾するのは、直接的には骨盤の前後に付着している下肢の筋肉や腰部、腹部の筋肉のバランスのくずれによるものです。

もちろん、「大腰筋」も含まれます。

ですから、上記した筋肉のバランスのくずれを正していかなければ、骨盤の前傾の状態は変化していきません。

でもそれだけでは、不十分です。

間接的に骨盤の前傾に関係している骨盤部以外の筋肉もバランスをとる必要があります。

骨盤の前傾に関係する筋肉は、骨盤周りにある筋肉だけではありません。

全身にあります。

全身にありますから、それらの筋肉も調整していかないと、元に戻ってしまいます。

元の状態に戻っても、継続して体操・トレーニング・エクササイズを続ければ、徐々に骨盤は良い状態になって、骨盤前傾も解消されていくという意見もあります。

でも最初が駄目でしたら、何百回、何千回と体操・トレーニング・エクササイズに励んでも骨盤の前傾は良くなりません。

それから、大腰筋エクササイズを行って、大腰筋を「鍛える」ことによって大腰筋の筋力が強化され、骨盤の前傾が改善されると考えている人が多いです。

でもそのようなことはありません。

その理由は、筋力をつけることと、筋肉のバランスをとることはまったく違うからです。

筋肉を鍛えることは、筋肉に負荷をかけます。

筋肉に負荷をかけると、筋肉が肥大します。

体全体の筋肉をまんべんなく鍛えることが出来ればいいのですが、そのようなことは不可能です。

そうなると、肥大した筋肉とそうでない筋肉がでてきます。

その結果、体のバランスがくずれてしまいます。

体のバランスがくずれるということは、骨盤の前傾がさらに進行することを意味します。

それではなんのためのエクササイズがわからなくなってしまいます。

ですから、体のスタイルのくずれを戻すには、筋肉を鍛えるのではなく、筋肉のバランスをとることが大事なのです。

ぽっこりお腹は、大腰筋の衰えが原因ではない

ぽっこりお腹は、大腰筋が衰えているのが原因なので、エクササイズなどによって大腰筋を鍛えれば、骨盤が矯正されてポッコリお腹が改善されますという表現をしているサイトが目立ちます。

本当なのでしょうか?

ぽっこりお腹は大腰筋の緊張が原因

実は、ぽっこりお腹は大腰筋の衰えが原因などではなく、大腰筋の緊張が原因なのです。

大腰筋の衰えと大腰筋の緊張では、筋肉の状態はまったく逆になっています。

大腰筋の衰えとは、例えればゴムが伸びきったような状態です。

そして、大腰筋の緊張は、縮んだ状態になっています。

大腰筋が伸びた状態と縮んだ状態では、まったく逆の状態になっていますから、当然大腰筋を調整の仕方が違ってきます。

そのあたりのことを理解して、調整を行わないと調整したことがまったくの無駄に終わってしまいます。

大腰筋エクササイズをすると、ぽっこりお腹が良くなるの?

私が行っている整体法で体を調整すると、大腰筋が調整されて骨盤の前傾(前に傾く)も改善され、ぽっこりお腹もかなり是正されます。

しかもそれが持続されます。

よくあるエクササイズ、整体法のように一時的な効果しかないということはありません。

でも残念なことに、大腰筋が調整されても、ぽっこりお腹を完全に良くすることは出来ません。

私の行っている整体法で、ポッコリお腹の状態はある程度は改善できます。

ぽっこりお腹を完全にするにはダイエットが必要

しかし、完全ではないのです。

なぜかと言いますと、お腹の周りに余分な肉がついている人は、それを取り去らないことには、完全にお腹ぽっこりが良くなったとは言えないからです。

それをするにはダイエットをする必要があります。

ダイエットは長期的に

しかし、大腰筋エクササイズを行うだけではダイエットは出来ません。

大腰筋エクササイズをやると、ダイエット出来ると謳っているサイトがありますが、大腰筋が調整されても、残念ながらダイエット効果はまったくありません。

大腰筋エクササイズをやると、ダイエット出来ると謳っているのは、誇大広告ですから信用してはいけません。

ダイエットは、そんなお手軽ことでは実現できません。

短期間にダイエットをしようとして、リバウンドする人が多くいます。

リバウンドだけなら良いのですが、よけいに太ってしまったという人が多くいます。

ですから、ダイエットをして、お腹ポッコリを完全に良くするには、長期計画でダイエットをするしかないと思います。

いろいろ情報が出回っていますので、ご存知の方も多いと思いますが、短期間にダイエットをするとリバウンドしてしまうのは、体が恒常性を保とうとしているからだと考えられます。

ですから、ダイエットを成功させるには、変な表現になりますが体との騙しあいになると思います。

長期計画(数年計画)でダイエットを成功させるには、少しずつ食事の量を減らしていくしかありません。

短期間のうちに食事の量を減らせば、必ずリバウンドします。

ですから、ダイエットを成功させるには根気がいる作業だと考えています。

これは、体型がポッチャリ体型の人の話です。

やせていて、お腹だけポッコリという人は、骨格の問題でお腹が出っ張っているわけですから骨格が調整されれば、ほぼお腹ポッコリは、解消されます。

そして、やせていてもお腹だけポッコリが、便秘が原因のこともあります。

軽い便秘でしたら、骨格が調整されれば、便秘も良くなりますので、ポッコリお腹も割りに早く解消されると思いますが、便秘の状態が慢性化してひどい場合は、骨格を調整しても便秘が解消されるまである程度の期間がかかります。

そういう方も、骨格を調整すれば、ある程度ポッコリお腹も改善されていきますがどうしても、便秘が解消されないと、お腹が膨らみます。

でも、何もしないよりも、通じの具合が変わりますので、お腹が膨らむ回数も減っていきます。