バレーボールによる腰痛

バレーボール試合

一般的な見方

バレーボールなどのスポーツでは、腰痛などの怪我がつきものだと言われています。

バレーボールによる腰痛の原因

・レシーブをする時の中腰姿勢や使い過ぎによる慢性疲労

・アタックやブロックなどの時にジャンプをしますが、その時に床からの衝撃によって腰に負担がかかるため

当整体院の考え

当整体院では、腰痛のほとんどが内臓の機能低下が関係していると考えています。

確かに、中腰姿勢、使い過ぎによる筋肉の慢性疲労、ジャンプによって腰に負担かかるといったことは、腰の痛みに関連はあります。

しかし、それはあくまでも、腰痛が起こる間接的な原因にすぎません。

ですから、本当の原因ではないのです。

本当の原因は、上で書いたように内臓が機能低下して、その影響で腰の筋肉の緊張が強くなっているためです。

そして、内臓の機能の低下は、体を流れるエネルギーの滞りによるものです。

体を流れるエネルギーと言っても、なんのことか分からない人が多いかもしれませんが、いいわゆる“気” のことです。

“気”とは、東洋医学の考え方です。

東洋医学では、“気”が滞ると体の不調が起こり腰痛などの症状が出るとしています。

腰痛の対処

一般的に行われている腰痛の対処法は

・骨格の矯正、ストレッチなどを使った筋肉の調整

・アイシング

・テーピング

・低周波治療器などを使った電気治療
・痛み止めの薬

・ブロック注射

などがあります。

当整体院では、これらの方法は行わず、エネルギーの滞りを整える調整をして、腰痛の対処をしていきます。

腰痛が長引く原因は?

腰の痛みが出て、なかなか症状が良くなっていかない人が少なくないです。

その原因として

・腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離・すべり症など骨の異常

・慢性すい炎、尿路結石、子宮内膜症など内臓疾患

などが指摘されています。

当整体院の考え

打撲など外傷を除いて、ほとんどの腰痛は内臓の機能低下が関係していて、その大元は体を流れるエネルギーの滞りが原因だと考えています。

体を流れるエネルギーとは、いわゆる“気”と言われるものです。

腰椎椎間板ヘルニアなど骨の異常は、腰の痛みとはまったく関係はありません。

また、骨の異常は老化現象ですからどうすることもできないのです。

そして、慢性すい炎など内臓疾患もエネルギーの滞った結果です。

ですから、腰痛に対処するには、エネルギーの滞りを整える調整を行っていく必要があります。

鍼灸治療がありますが、鍼やお灸をすることによって、エネルギーの滞りを整える調整をしています。

ただ、昨今は、西洋医学的な考えで鍼灸治療をする施術者も少なくないです。

西洋医学的な鍼灸治療は、神経の働きを正常化するには良いでしょうが、エネルギーの滞りを整えることは難しいため、長引いている腰痛にはあまり向きません。

長引く腰痛の施術例

先日、腰痛の症状で来られた方です。

この方は、腰痛の症状が出てから、3週間が経ったそうですが、ほとんど症状には変化がなく、体を動かすのもしんどいといった状態でした。

腰痛が出てから、ある整体に10回ほど行かれたそうです。

電気治療とマッサージの施術を受けると、楽にはなるそうです。

しかし、すぐに症状が戻ってしまうということで当整体院に来られました。

施術が終わって数時間後電話がありました。

症状が悪化して、立てなくなったと言われました。

好転反応が出ていますのでしばらくすれば、良くなっていきますと説明しました。

9日後に2回目の施術を受けに来られました。

その時にお話を聞くと、症状が悪化してから3日経ってから、だんだん症状が変化してだいぶ良くなってきて、症状が戻ることはなかったと言われました。

この施術例のように、エネルギー調整をしていくと、内臓の機能も高まり、長引いている腰痛の場合でも、だんだんと変化していきます。

ぎっくり腰になると炎症が起きるとは限りません

ぎっくり腰になると痛みのある部分に冷湿布などを貼る人が多いです。

でも、ぎっくり腰になったからと言って炎症が起きるとは限らないのです。

ぎっくり腰の原因は2種類あります

・筋繊維の損傷によるもの

・内臓の影響によるもの

筋繊維の損傷によるもの

筋繊維の損傷によるぎっくり腰は、足首の捻挫と同じで、損傷部分を修復しようとして、痛みのある部位が腫れて炎症が起きます。

その場合は、アイシングをしたり冷湿布を貼ったりすれば痛みが緩和されます。

また、痛い部分の筋肉の緊張が強くなっていますので、痛い部分から離れた部分の筋肉の調整を行うと、筋肉の緊張が和らいで、痛みも軽くなります。

ただし、痛みのある部分の筋肉を調整した場合は痛みが悪化しやすいです。

内臓の影響によるもの

内臓の影響によるぎっくり腰は、筋繊維の損傷によるぎっくり腰と違って炎症は起きません。

ですから、アイシングをしたり冷湿布を貼ったりしても、痛みの変化は少ないです。

また、筋肉の調整も有効な方法とは言いがたいです。

このような場合は、内臓が関係していますので、その影響を減らすような調整が必要です。

このような場合は、東洋医学で言われる“気”の調整をします。

“気”の調整をすると、内臓機能の低下も改善し、腰の筋肉に対する影響も減りますので痛みも改善に向かいます。

ぎっくり腰関連記事

ぎっくり腰(急性腰痛)

座る時の姿勢は腰痛に関係ある?

腰痛 姿勢 座るで検索するとたくさんのサイトがヒットします。

ザーッと説明書きだけ見てみても、座る時の姿勢は腰の痛みに関係していると書かれています。

姿勢と腰痛は関係がないと書かれているサイトは1つもありませんでした。

ところで私は、整体を始めて20数年経ちました。

以前は、他の人と同じように腰痛に姿勢が関係していると考えていました。

でも、数年前から姿勢と腰痛は関連がないのではないかと考えるようになりました。

座る時の姿勢というと

・横座り、アヒル座り

・椅子に座る時足を組む

などがあります。

整体院へ行くと、上のような姿勢をしないように注意を受けます。

しかし、足を組んだり、横座りをしていても腰は痛くなりません。

腰が痛くなるのは、ほとんどが内臓からの影響です。

筋肉は特定の内臓と関連があり、内臓の機能が低下すると、その影響で緊張が強くなって硬くなります。

その結果、腰の痛みが出ます。

そして、内臓の機能低下は、“気”という体を流れるエネルギーの滞りが影響しています。

ですから、日常生活でそれほど意識する必要はありません。

腰痛が出るしくみ

“気”の滞り

内臓の機能低下

筋肉が影響を受けて緊張して硬くなる

腰の痛みが出る

小学生の腰痛

少し前に小学生の間に腰痛が増えているとニュースになりました。

その原因として、ランドセルが重すぎることが関係しているのではないかとされました。

小学生は、体が小さく筋力がないため、ランドセルの重みによって腰に負担がかかり腰痛が起きているというわけです。

当整体院の考え

でも、ランドセルと腰痛とはなんの関係もありません。

そもそも筋力が弱いからといって、腰の痛みが出るわけではありません。

筋力があるスポーツ選手でも、腰の痛みで悩んでいる人はたくさんいます。

ですから、筋力の強さは腰痛の原因とは言えないわけです。

また、子供の姿勢が悪くなっていることも腰痛に関係してると指摘されていますが、姿勢も腰痛とは関係ありません。

打撲などの外傷を除いて、ほとんどの腰痛は、内臓の機能の低下が関係しています。

そして、内臓の機能の低下は、体を流れるエネルギーの滞りが関連しています。

体を流れるエネルギーは、いわゆる“気”と呼ばれるものです。

腰痛が起きるしくみ

エネルギーの滞り

内臓の機能低下

腰の筋肉の緊張が強くなって硬くなる

腰痛

腰痛の対処

整体での施術は、背骨をボキボキ音をさせるイメージがあります。

しかし、当整体院では、そのような施術は危険を伴うため、行っておりません。

ですから、子供さんでも安心して施術を受けていただけます。

寝返りが少ないと腰痛になる?

寝返りが少ないと腰痛になりやすくなると言われています。

その理由として、寝返りをうたないで同じ姿勢でいると、体の一か所に体重がかかり続けるため、腰の筋肉の緊張が強くなって硬くなり、腰の痛みの原因になるからというわけです。

逆に、寝返りの回数が多いと体への負担が少ないため、腰痛が起きにくいとしています。

当整体院の考え

しかし、寝返りの回数が少なくても、腰痛になりやすくなることはありません。

なぜなら、同じ姿勢でいて体の一か所に体重がかかり続けたとしても、筋肉は硬くなることはないからです。

筋肉が硬くなるのは、別の原因があります。

その原因とは内臓からの影響です。

内臓からの影響で筋肉の緊張が高まって硬くなり、腰が痛くなります。

このような現象は、内臓-筋肉反射と言います。

筋肉が内臓の影響で硬くなるのは、内臓と筋肉の間に関連性があるからです。

そして、内臓は、体を流れるエネルギー(気)の滞りの影響があります。

腰痛が起きるしくみ

“気”の滞り

内臓が影響を受け機能が低下

筋肉が影響を受けて硬くなる(内臓-筋肉反射)

腰痛

腰痛の対処

上記のように、腰痛の大元の原因は、体を流れるエネルギー(気)の滞りにあります。

ですから、腰痛の対処は、エネルギーの滞りを整える調整をしていく必要があります。

他の整体、カイロプラクティックなどの施術所では、骨格の矯正、ストレッチなどによる筋肉の調整をすることが多いです。

でも、骨格の矯正、筋肉の調整では、エネルギーの滞りを整えることが難しいため、腰の痛みの改善がしにくくなります。