腰の真ん中あたりが痛くなる腰痛

腰の痛みは、腰の右側や左側に出ることも少なくありませんが、真ん中に出ることもあります。

一般的な見方

腰の真ん中に出る場合は

背骨の関節や筋肉に原因があります。

背骨の関節は、椎間関節と呼びます。

体を動かさないと、椎間関節の部分が固くなり、無理に動かすと痛みが出ます。

そして、背骨に付着している筋肉は、脊柱起立筋です。

脊柱起立筋は、背骨を支えている筋肉です。

脊柱起立筋の部分に痛みが出るのは、運動が足りていなかったり、適度な負荷がかかってないと弱くなるためです。

当整体院の考え

確かに、背骨の関節が固くなったり、筋肉が弱くなったりすると腰痛になりやすくなります。

しかし、体を動かさなくても、関節が固くなることはありません。

また、運動不足や負荷がかかってなくても、筋肉が弱くなることはありません。

関節が固くなったり、筋肉が弱くなったりするのは、内臓の機能の低下が関係しています。

そして、内臓の機能の低下は、体を流れるエネルギーの滞りの影響によるものです。

体を流れるエネルギーとは、東洋医学で言うところの、“気”のことをさします。

腰痛が出るしくみ

体を流れるエネルギーの滞り

内臓の機能の低下

関節が固くなったり、筋肉が弱くなったりする

腰痛

腰痛の対処

一般的には、関節を矯正したり、ストレッチなどを用いた筋肉の調整をして腰痛に対処することが多いです。

当整体院の場合は、上記したようにエネルギーの滞りが腰痛の大元の原因だと考えていますから、エネルギーの滞りを整える調整を行って腰痛に対処しております。

腰の片側だけ痛む腰痛

腰の痛みは、腰全体が重いといったことがありますが、片側だけに出るといったことも少なくありません。

一般的な見方

片側だけに腰の痛みが出ることについて、一般的には2つのことが言われています。

一つ目として、偏った姿勢、動作を続けている

例えば、いつも右側ばかりむいていたり、左に体をねじって同じ動作を続けているため、筋肉に負担がかかって痛みが出る。

2つ目として、骨格が右側もしくは左側に傾くといった具合に歪んでいるため、特定の筋肉に負担がかかり血行不良になり痛みが出る。

当整体院の考え

上記のように、偏った姿勢、動作を続けたり、骨格に歪みがあるために筋肉に負担がかかり腰の片側に痛みが出ると、一般的には言われています。

しかし、姿勢、動作、骨格の歪みといったことは、片側に痛みが出る原因とはなりません。

筋肉そのものに痛みの原因があるのではなく、内臓の機能が低下して筋肉が影響を受けて痛みが出ています。

そして、内臓の機能の低下は、体を流れるエネルギー(気)の滞りの影響によるものです。

腰痛の対処

一般的には、骨格や筋肉の調整を行って腰痛に対処します。

しかし、骨格や筋肉には原因がないため、腰が楽になったとしても、持続性に乏しいため改善しにくいのです。

当整体院では、エネルギーの滞りを整える調整を行って腰痛に対処しています。

手首を調整すると腰痛が改善する?

体は不思議なもので、腰とは全然関係のない離れた場所にある手首の部分を調整しても、腰痛の症状が改善することがあります。

なぜ手首の部分を調整して腰痛の症状に変化が出るのでしょうか?

一般的には、パソコン作業などで手を良く動かす人は、筋肉が疲労して腕、手首などがねじれたり、筋肉が硬くなるために腰の筋肉などが影響を受けて痛みが出るので、手首を調整することによって筋肉疲労を解消すると腰も楽になっていくとしています。

しかし、腰痛は筋肉疲労だけが原因ではなく、内臓からの影響によるものもあります。

と言うよりも、むしろ内臓が関連している腰痛がほとんどを占めます。

それはともかく、基本的に手首を調整することは、神経に刺激を入れていく方法です。

神経に刺激を入れていく方法は、筋肉の疲労による腰痛には有効ですが、内臓が関連した腰痛には有効ではありません。

その内臓関連の腰痛は、“気”の滞りが原因です。

ですから、その場合は、“気”の調整をしていく必要があります。

“気”は、体を流れるエネルギーのことをさします。

“気”が滞ると、腰に痛みが出るのは

“気”の滞り

内臓の機能が低下する

腰の筋肉が影響を受けて緊張が強くなる

腰が痛くなる

となります。

腰痛とランニング

ランニングする男性

一般的な見方

ランニングをやっている人の中には、腰の痛みに悩まされていることが少なくありません。

ランニングによる腰痛の原因は

・走りすぎることによって疲れがたまる

・腹筋と背筋のバランスが悪くなり姿勢がくずれて、腰に負担がかかる

・腰に負担がかかるようなランニングフォーム

といったことがあげられます。

当整体院の考え

当整体院では、腹筋と背筋がアンバランスに姿勢がくずれ、ランニングフォームなどは腰痛とは関連性が薄いと考えています。

では、なにが原因で腰痛が起こっているのでしょうか?

腰痛が起こるしくみ

体を流れるエネルギーの滞り

内臓の機能低下

腰の筋肉が影響を受けて緊張が強くなる

腰痛

上のように、内臓の機能の低下によって、腰の筋肉が影響を受けて緊張が強くなり、腰の痛みが起こります。

そして、内臓の機能の低下は、体を流れるエネルギーの滞りが関連しています。

体を流れるエネルギーは、いわゆる“気”のことです。

このように、当整体院では、一般的に言われているように、筋肉などの肉体的なことが腰痛に関係しているのではなく、エネルギー的なことが関係していると考えています。

エネルギー的なことが関係して体の不調が起こるという考え方は、東洋医学独自のもので、西洋医学にはありません。

腰痛の対処

一般的に行われている腰痛の対処は、骨格の矯正、ストレッチなどを用いた筋肉の調整、アイシング、テーピング、痛み止めの薬の投与などが行われています。

上で書いたように、腰痛は肉体的のことが関係して起こっているわけではないので、対処はそれに合わせてしていく必要があります。

そのようなわけで、当整体院ではエネルギーの滞りを整える調整を中心に行っております。

サッカーと腰痛

サッカーの練習

一般的な見方

サッカーをやっている人で腰痛で困っていることが少なくありません。

サッカーによる腰痛の原因は、股関節の動きが関係しています。

パスやシュートの時に、大腿を伸展(足を後ろに振る動作)させます。

その時に股関節の動きが良くないと、体の他の部分を使って股関節を伸展させようとします。

体の他の部分とは、腰にある体を伸展(体を反らせる働き)させる筋肉のことです。

その筋肉が働いて、股関節の伸展をさせます。

この動きは、代償運動と言います。

この代償運動によって腰骨(腰椎)に負担がかかり、腰痛が起きます。

当整体院の考え

上記のような考え方は、運動学という学問によるものですが、実際に体の中で起こっていることは、運動学で考えるようにはなっていません。

多くの、整体師、カイロプラクター、理学療法士の方は、運動学などを基に施術法を組み立てて、施術に当たっています。

もちろん、そのような施術を行えば、ある程度結果は出ます。

でも、腰痛でも症状が難しくなってくると、そのような方法ではなかなか結果が出にくいのです。

そこで、体を流れるエネルギー(気)の滞りが、体の不調につながるという東洋医学の考え方を使って施術を行っていくと、腰痛の症状が難しくなっていても、対処がしやすくなります。

私も、過去には他の整体師の方のように運動生理学を基に施術をしていましたが、東洋医学の考え方を取り入れていくようになってからは、結果が早く出るようになりました。

もちろん、症状がこじれて重症化している場合は、ある程度の期間は要します。

腰痛の対処

一般的に行われている方法は、骨格の矯正、ストレッチなどを用いた筋肉の調整が主体です。

当整体院の場合は、上記したようにエネルギーの滞りが、腰痛など体の不調の原因と考えていますので、エネルギーの滞りを整えることを中心に調整を行っていきます。