腰痛の施術をしても戻る?

私は、過去に筋肉を調整する運動療法をしばらくの間やっていたことがあります。

その筋肉調整法は、ソフトで危険性がほとんどないため、高齢者の人、小さい子供さんでも安心して施術をすることが出来ました。

調整の性質上筋筋膜性腰痛には良かったのですが、内臓関連の腰痛にはあまり強くない感じで、施術後の戻るのが早く持続性があまりなかったです。

整体院に来られる人は、内臓関連の腰痛が7~8割で残る2~3割が筋筋膜性腰痛の人です。

ですから、内臓関連の腰痛に対応出来ないとうまくいきません。

筋肉を調整する方法で施術後戻るのが早いのは、神経反射を利用した調整法(神経に刺激を入れるやり方)だからです。

神経に刺激を入れるやり方と言えば、筋肉をほぐす施術や背骨・骨盤を矯正する施術も同じ種類の調整です。

神経に刺激を入れる調整の特徴として、即効性はあるのですが持続性に乏しいため、慢性化した症状、内臓関連の症状には弱いです。

ですから、当整体院では慢性化した症状、内臓関連の症状に対応するため、東洋医学で言われる“気”の調整を主にやっています。

それにプラスして神経に刺激を入れる調整も行っております。

“気”の調整を行うと、他の整体院で改善しにくい慢性化した腰痛も改善しやすいですので、そういった症状の方にも喜んでいただいております。

歩き方が悪いと腰痛が起きる?

腰痛の男性

一般的な見方

歩き方が悪いと腰痛が起きやすくなると言われています。

例えば

・猫背姿勢で歩く

・前のめりで歩く

・まっすぐに歩けない

などです。

これらの歩き方になっている人は、体に歪みがあるため、歩くことによって筋肉に負担がかかり、腰痛につながりやすくなるとされています。

当整体院の考え方

確かに、構造的に見れば、体が歪んでいると、歩くと筋肉に負担がかかりますので、良くないように思えます。

整体やカイロプラクティックをやっている人でも、そのように考えている人は少なくありません。

かくゆう私も過去にはそう考えていました。

ですから、体の歪みを施術によって整えていけば、筋肉にかかる負担も減り、歩いても腰痛が出にくくなると信じていたわけです。

でも、実際にそのように考えて施術をしても、腰痛が慢性化している人の場合は、なかなか改善していかないことが少なくありませんでした。

そのような結果しか出ないのは当然です。

と言うのは、体の歪みと痛みは関連がないからです。

ところで、東洋医学というのがあります。

東洋医学では、“気”の滞りが体の不調の原因だという考え方です。

“気”とは、体を流れるエネルギーのことを言います。

“気”の滞りがあると、内臓の機能が低下し、筋肉が影響を受け緊張が強くなり、その結果腰痛が起きます。

ですから、“気”の滞りを整えて内臓の機能を高めていけば、腰痛も改善に向かいます。

長時間運転すると腰が痛くなるのは?

車の運転をする男性

一般的な見方

タクシー、トラック、営業など仕事で長時間運転をして腰痛に悩んでいる人がいます。

腰痛が出る原因として、車のシート、運転中の姿勢が関係しているとしています。

車のシート
体にシートが合ってないために、姿勢を保とうとすることや力みによって腰に負担がかかり腰痛が起きやすくなる。

運転中の姿勢
癖になっている姿勢などの影響により体に負担をかけるため、血行が悪くなり腰痛が起きる。

その他、AT車を運転することによる体の使い方が影響している。

AT車は、右足ばかりを使い、左足を使うことがなく、左右均等に足が使わないため、体のバランスのくずれを起こしその結果、腰痛につながりやすくなる。

当整体院の考え方

上記のように、車の運転によって腰の痛みが出る原因として、車のシート、運転するときの姿勢、体の使い方が原因であると指摘しています。

しかし、これらのことは腰痛とは関係ありません。

一般的な見方は、端的に言うと、姿勢の問題が一番影響していると言っています。

姿勢は、いわば体の構造的な問題に関係することです。

体の構造的な問題があると、体の不調が起きると言っているわけです。

でも、体の構造上に問題があったとしても、腰痛などの症状にはつながりません。

ネット上では、体の構造上の問題が腰痛に関係しているという情報が多いです。

それには理由があります。

それらの情報のネタ元が病院、整体関係のサイトでそれらを参考にしているからです。

私も、以前は体の構造上のことが腰痛に関係していると考えていました。

しかし、体の構造を基にして、施術をしていっても、症状が難しくなってくると、対応が出来なくなるのです。

対応ができなくなるのは、内臓が腰痛に関係しているからです。

内臓の機能の低下によって、筋肉の緊張が強くなります。

その結果、腰が痛くなります。

そして、内臓の機能の低下は、“気”という体を流れるエネルギーの滞りが影響しています。

ですから、腰痛に対処するには、エネルギーの滞りを整える施術をしていく必要があります。

靴の片減りと腰痛

靴が片減りしてソールを修理したり、新しく靴を買い直したりする方がいます。

対策として一般的には、靴のインソールを入れるという方法があります。

しかし、体の状態には個人差がありますので、足の裏の形も個人差がでます。

よって、市販のインソールでは不十分です。

と言うことで、オーダーメイドのインソールということになります。

しかし、オーダーメイドのインソールは、費用対効果としてはあまり良くないように思います。

価格を調べてみたら、20,000円くらいの所が多いようですが中には50,000円以上のところもあります。

価格が高いものは、素材的に長持ちするものを使っているのでしょう。

確かに、オーダーメイドのインソールを靴に入れれば靴の片減りも減りますし、腰痛などの症状は改善します。

しかし、インソールを入れたからといって体の状態が良くなるわけではありません。

靴を履いている時だけは、改善されているように見えます。

しかし、靴を脱いでしまえば、すぐに元の状態に戻ってしまいます。

ですから、インソールを入れるよりも、整体によって施術をしたほうが体の状態が良くなっていますから、靴の片減りも少なくなりますし症状も改善されます。

ただ、整体を受けて改善させると言っても整体にもいろいろあります。

整体院も数が多すぎて、どこへ行ったらいいのか分からないかもしれません。

決して、整体施術をしてもらっている時の、気持ち良さを基準にしてはいけません。

気持ち良さを売りにしているような所は、その場だけ体の状態が改善されますが、少し歩いたり、ちょっと体を動かすだけで戻ってしまいますから。