安全な整体

体の調子が悪くて整体を受けたら、よけいに症状がひどくなったという人が、ちょくちょく来られます。

整体は体を整えるものなのに、体を壊されたのではシャレにもなりません。

整体を受けられる人の中には、ソフトな整体では物足りないと思っている人もいますので、話がややこしくなります。

確かに、ボキッとかポキッと背骨を鳴らしてもらうと、いかにも効きそうな気がします。

背骨の音がしたからといって、背骨が矯正されているわけではないのです。

しかし、施術師の中には、背骨が矯正される時の音だと説明している人がいますが、まったく違います。

確かに、背骨の音がするとその場で痛みが取れることもあります。

でも、それも長続きしません。早い人ですと数時間~1日で元に戻ってしまいます。

私も過去に背骨をボキボキしてもらった経験があります。

確かに、その場で痛みがなくなりましたが、翌日には元に戻ってしまいました。

その時、関節ボキボキの施術は即効性があるけど、持続性がないなと思いました。

でも、痛みが取れますので、何年間も通っている人がいることは確かです。

ただ、持続性がありませんので、何年間通っても良くなっていくことはありません。

何年間も通って逆に悪化する人もいます。

そして、筋肉に力がない人に数回、関節ボキボキをやっただけで、体がおかしくなってしまうこともあります。

ですから、首に対する関節ボキボキの施術は特に危険です。

悪くすれば、車椅子生活になる恐れがあります。

また、腰椎椎間板ヘルニア・腰椎スベリ症・腰椎分離症など骨に異常がある人に対してもボキボキ音をさせる施術は危険です。

このようなことがありますので、当整体院では背骨に強い力を加えるような施術を行いません。

当整体院では、筋膜に対する施術を行うことによって、体の調整を行っております。

関節に対して、力を加えませんので物足りないと思われる人もいることは確かです。

でも施術は安全が一番だと考えていますので、当整体院では危険な施術はおこなうことはありません。

腰痛と整体施術の方法

日常経験する症状の中で一番多いのは腰痛だそうです。

そして腰痛の症状が出た時は、まず病院に行くことがほとんどでしょう。

病院で検査をした結果、骨には異常が見られないと言われ、薬と湿布を渡されます。

それで、症状が治まればいいですが、そうでない場合は、接骨院、マッサージ、鍼灸、整体などの民間療法の施術所に行きます。

民間療法の施術所もたくさんあり、施術方法にいろいろな名前をつけていますが、ほとんどやっていることは、筋肉を調整することです。

ただ、筋肉を調整すると言っても、やり方はそれぞれです。

腰を捻ったり、背中にひざを当ててボキボキ音をさせる方法は、骨を矯正しているように見えます。

その他、器具を使って関節を調整する方法なんていうのもあります。

また、ストレッチのような方法とか運動療法。

でも、結局のところは筋肉の調整です。

筋肉を調整することは即効性があります(もちろん上手にやらなければ、即効性はありませんが)。

筋肉を調整する施術を何回かやっているうちに、腰痛がすっかり良くなる人もいます。

また、腰の筋肉の疲れ程度でしたら筋肉の調整で十分間に合います。

しかし、そういう人ばかりではありません。

10年も20年も腰痛があり、なかなか良くならない人も多いです。

そういう人は、筋肉を調整する施術では改善は難しいです。

なぜか?

筋肉を調整する施術は、神経を刺激する調整法だからです。

慢性化した腰痛は、内臓が関連した腰痛が多く神経を刺激する調整法では改善しにくく、施術をしても2~3日で戻ってしまいます。

内臓関連の腰痛は、東洋医学で言われる“気”の調整をする必要があります。

“気”とは体を流れるエネルギーのことです。

そのエネルギーの調整を、“気”の調整と呼んでいます。

“気”の調整をすると、内臓の働きも活性化し、その結果慢性化した腰痛の症状も変化していきます。

骨のズレ

以前腰痛で来られていた方のことなのですが、その方が私のところに来られる前に別の整体へ行かれていたそうです。

その整体で腰の骨の3番目の骨がズレているから腰が痛いと云われたそうです。

結局、その整体では腰の痛みは良くならず私のところに来られました。

その方は、何回か通ってこられましが、来られるたびに腰の骨の3番目の事を云われます。

「腰の3番目の骨は、どうですかと」

私の施術方法は、直接腰の骨を調整する方法ではないので心配されたようです。

毎回、腰の骨の3番目を直接調整しなくても腰の痛みは良くなりますよと説明しました。

しかし、前に行かれていた整体の先生の云われたことをよほど気にされていたようです。

何回か来られ腰の痛みは、徐々に改善してきましたが完全に良くなる前にその方は来られなくなりました。

たまにこういう人はみえます。

その人は、腰の痛みは腰の骨の3番目を直接調整しないと良くならないと思い込んでみえたようです。

しょうがないですね。

人それぞれにお考え方がありますから。

痛いところが悪いと思っていませんか?

腰・肩などが痛いと、痛い部分が悪くなっていると思っている人が多いようです。

そのせいか、痛い部分を触らないと不思議な表情をされる人が多いです。

症状があるところと別のところを触っていると「痛いのはそこじゃないです。肩が痛いのです肩をやってください。」と言われることもあります。

それで、痛いのは肩ですけど肩を触って施術しても、症状は良くならないのですと説明します。

痛いところに原因はない

実際に痛い肩以外の別のところを施術して痛い肩の症状が良くなっていくと、「なるほど肩が痛くなった原因はそこにあったのですね。」と納得される人もいますし不思議そうな顔をされる人もいます。

実際、症状のあるところに原因があることはまれです。

ほとんどの場合、症状とは別のところが原因となっていることが多いです。

ですから、症状のあるところを触って施術して症状が取れたとしても、まず短期間で元の状態に戻ってしまって、再び同じ症状が出てくるでしょう。

そうならないためには、症状の元となっているところを施術する必要があります。

症状の元となっているところを施術すれば、早ければ一度の施術で良くなっていくこともあります。

また慢性化している場合は多少時間がかかることもあるかもしれません。特に何年何十年の慢性の症状の場合はそういうことが云えます。

前に、うちに来られていた人なのですが、その人は何十年も体のあちこちに症状が出て調子が悪かったそうです。

それで、ある整体院に何年も通っていました。

施術をしてもらうと、2~3日は体が楽で、また施術をしてもらうと、2~3日は体が楽ということを何年も繰り返していました。

多分その整体院さんは、対症療法(痛いところを施術する方法)の施術をやられていたのでしょう。

それで、他を探していて私の所に来られるようになりました。この方は、何十年も調子が悪かったわけですから、時間がかかりました。

しかし、うちに来られるようになってからは、だんだん体が楽になってきて、2~3日で元の状態に戻ってしまうということはなくなりました。

そのように体が変化してきたのは、痛いところを施術するのではなく、体が変わるポイントを施術したからだと思います。

整体などの民間療法は、西洋医学とは体の観方が違います

足をクルクル回して、そして体のいろいろなところを調整したら慢性中耳炎の子供の症状が良くなったと、あるブログに書かれていました。

私も過去にそういった経験があります。

ただし、私の場合は、足をクルクル回したりはしません。

他の方法で施術します。

しかし、体をいろいろ操作すると、体の状態がいろいろと変化しますので西洋医学で慢性だと言われている症状が、あっけなく消えてしまうことがあります。

ですから、病院にしかかかったことがない人は、不思議そうな顔をされます。

でも不思議でも何でもありません。

西洋医学と民間療法は、体に対する観方が違います。

体に対する観方が違いますから、当然体に対する処置の仕方も違ってきます。

西洋医学では、基本的に症状がある所、異常がある所を触ります。

しかし、私が行っている整体では、直接症状のある部分に触れて施術することはありません。

では、なぜ症状のある所、異常がある所を触れないのに症状が改善してしまうのでしょうか。

それは、昔から東洋医学などで言われているように体の中を流れている、血液、リンパ液などの体液の流れが良くなって神経の伝達力が回復したからということになります。

ただ、施術と言っても、人がすることです。

人がすることですから、施術をする人によって、体の変化の具合が違ってきます。

体の変化の具合が違ってくれば、当然施術した後の症状改善具合も違います。

ですから、うまく体を変化させることが出来れば、思ってもいないことも起きます。

整体の目的と役割

整体の目的

整体は体を整えると書きます。

整体という言葉を辞書で調べてみると、「手や足の力を用いて骨格を矯正し、筋肉や内臓など各部のバランスを整えて、本来の状態に戻すこと」とあります。

整体を受けられる方は、施術は体を真っ直ぐにすることだと思っていらっしゃる方が多いかもしれません。

しかし、施術はあくまでも「本来の状態に戻すこと」が目的になります。

けっして体を真っ直ぐにすることではありません。

あくまでも「本来の状態に戻すこと」です。

「本来の状態に戻すこと」の意味は解釈によって、いろいろな意味に取れるかもしれません。

私は、「本来の状態に戻すこと」とは「その人の一番調子が良かった時まで戻すこと」ではないかと解釈しています。

「本来の状態に戻すこと」を目標として施術しその結果、痛み、シビレなどの症状が改善し悪くなった姿勢が良くなっていくと考えています。

整体の役割

整体と言うと、皆さん今ある症状をなんとかしたいと思って来られているでしょう。

確かに、施術師の仕事はその期待に答えること以外にはありません。

でも、あまり症状にばかりこだわり過ぎるのもどうかと思います。

と言うのは、ちまたにある整体院、カイロプラクティック院などは、症状に焦点を当てて施術するものですから、完全に対症療法ばかりになってしまっています。

確かに、症状に対して施術しますから、その場で症状が消えることが多いです。

でも、その方法はあまり持続性がありません。持続性がありませんから、何回施術してもその繰り返しになってしまう、恐れがあります。

でも、本来の整体とはそういうものではありません。

体にある器官の機能が落ちた結果、症状が出ているだけなのです。

ですから、機能が落ちた器官の働きを高めるようにすればよいのです。

そうすれば、症状改善も一時的でなく持続するようになっていきます。