横隔膜が硬くなっていると腰痛の原因になる?

一般的な見方

横隔膜と言うと、呼吸運動に働く筋肉だと一般に知られています。

横隔膜は上下に動くことによって、肺を膨らませたり縮めたりして呼吸の補助をしています。

ところが、その呼吸を助ける横隔膜が緊張して硬くなっていると動きが悪くなってきます。

そうすると、呼吸がしづらくなるわけです。

横隔膜が硬くなると、呼吸がしづらくなるだけではありません。

横隔膜の上に位置する心臓などにも影響を与えますし、下にある胃腸などにも影響を与えます。

整体には、腰痛などの症状で来られる人が多いのですが、実はそういった症状の人は、ほとんどの人は横隔膜が緊張して硬くなっています。

ですから、横隔膜の緊張によって上下にあるいろいろな臓器が影響を受けて腰の症状が出ていることが多いわけです。

当整体院の考え

確かに、腰の痛みがある時は、横隔膜は硬くなっています。

しかし、横隔膜が硬くなっているのは結果であって、腰痛の原因ではありません。

腰痛が起こるしくみ

体を流れるエネルギー(気)の滞り

内臓の機能低下

筋肉の緊張が高まり硬くなる

腰痛

上のように、体を流れるエネルギー(気)の滞りが腰痛の大元の原因です。

体を流れるエネルギーの滞りが、体の不調になるというのは東洋医学の考え方です。

エネルギーの滞りの影響で、内臓の機能が低下し、その結果筋肉の緊張が高まって硬くなり腰の痛みが出ます。

腰痛の対処

上記のように、エネルギーの滞りが腰痛の原因となります。

ですから、当整体院ではエネルギーの滞りを整える調整を中心として行っていきます。

肩こり、なぜよくならないの?

頻繁にマッサージ屋さんや整体に何年も通っても、なかなか肩こりが良くならないという人も少なくないです。

どうしてでしょうか?

姿勢が悪いから?

長時間同じ姿勢でいたから?

運動不足?

背骨のズレ?

精神的ストレス?

どれも肩こりに関係があるように思えますね。

現にあっちこっちのホームページに、上に挙げたようなことが肩こりの原因だと書いてあることが多いですね。

でも、どれも本当の肩こりの原因とはまったく関係のない事ばかりです。

例えば、長時間同じ姿勢でパソコン作業をしていて、肩こりになったとします。

たまたま同じ姿勢でいることが続いたのと、肩こりが出たのがタイミング的に合っただけです。

肩こりの原因は“気”の流れの滞りにあります

本当の原因は、体の中を流れるエネルギーが関係しています。

エネルギーといっても分かりにくいですね。

エネルギーを別の言葉で表わすと、東洋医学で言われる“気”の流れです。

“気”の流れが滞るために、ツボの部分に体にとって良くないエネルギーがたまります。

その結果、内臓の機能が低下し、筋肉などの軟部組織が緊張してしまって、肩こりという症状が出てくるわけです。

 

図式化すると

“気”の流れの滞り

内蔵機能の低下

筋肉の緊張

肩こり

となります。

肩こりの施術

施術は、“気”の流れの滞りを整える調整を行うと、肩こりは改善に向かいます。

肩こりの施術でマッサージをしたり、背骨などの骨格の矯正をすることが一般的です。

でも、マッサージをして筋肉をほぐしたり骨格の矯正をしても、“気”の流れの滞りが整わないためなかなか肩こりが改善しないのです。

つらい腰痛をなんとかしたい

腰痛の女性

腰痛は内臓が関係していることが多い

普段から腸の調子が良くなくて便秘ぎみの場合、腰痛の症状が出やすく慢性化しやすいです。

腰痛が出た場合、まず病院で検査をしてなにも問題がなければ、整体、カイロプラクティック、マッサージ、鍼灸などの施術所へ行くことが少なくないです。

整体、マッサージなどに行った場合、だいたいの施術所では腰を中心に筋肉をほぐす施術をしてくれます。

筋肉を調整すると、筋肉の緊張が緩和して腰は楽になります。

でも、筋肉を調整しても一時的に腰が楽になるだけで、施術を続けても腰痛が改善していくことはありません。

筋肉を調整しても内臓関連の腰痛は改善しにくい

なぜなら、腸の調子が悪くて腰痛が出ているわけで、筋肉の調整では、腸(内臓)の調子が上向くようにすることは難しいからです。

このように内臓の働きが落ちている場合は、それに合わせた施術をしていく必要があります。

その方法は、東洋医学で言われている“気”の調整です。

“気”の調整と言っても、“気”になじみのない方には分かりにくいかもしれません。

“気”の調整をしているというと、気功と間違われることがあります。

しかし、私は一般的に言われる気功を習ったこともありませんし、修行をしたわけでもありません。

エネルギー療法というセミナーには参加したことはあります。

現在行っている“気”の調整は、その習ったエネルギー療法の方法を自分なりに応用して使っています。

それはともかく、“気”の調整をしていくと、内臓の働きが落ちた状態も活性化していきます。

その結果、内臓が関係している腰痛も改善の方向に向かいやすくなります。

必要以上に力を加える施術は危険です

現在は、整体院の数がかなり増えましたが、それに比例して施術事故も増えています。

施術事故が多いのは、必要以上に体に力を加える施術を行っているからです。

事故の内容は、骨にひびが入った、肋骨の骨折、脊髄損傷などです。

骨にひびが入った、肋骨の骨折の場合は、ある程度日数が経てば痛みも治まります。

しかし、脊髄損傷の場合は、最悪の場合は車椅子生活になる可能性もあります。

また、首の骨の場合は死亡することもあります。

確かに力を体にかける施術は、満足感があり整体を受けたという実感があるかもしれません。

でも、物理的な力で腰痛などの症状が改善するわけではありません。

しっかりと体の仕組みに則った施術をしていけば改善していきます。

腰痛関連情報

腎臓に原因がある可能性のある腰痛

腰痛でお困りの方へ

骨盤矯正

骨盤(仙腸関節)は動かない?

西洋医学では、いまだに骨盤は動かないと言っています。

しかし、出産の時に実際骨盤は開きます。

でも、西洋医学ではかたくなに仙腸関節は動かないといっているわけです。

出産の時に骨盤は開いているわけですから、骨盤は動きがあるわけです。

ですから、西洋医学で言っていることは矛盾しています。

骨盤の動きを知るには、上後腸骨棘という骨盤の後ろにある出っ張っている部分に指を当ててその場で足踏みをするとわずかに動くのが分かります。

しっかり骨盤に動きがあれば、骨盤の動きは正常です。

ところが、上後腸骨棘に指を当てて動きが感じにくい場合があります。

骨盤の歪みと言われますが、誰でも多かれ少なかれ歪んでいます。

でも、大きく歪んでいる場合は、今説明したように仙腸関節の動きが悪くなっています。

仙腸関節の動きが悪いと、体の機能に影響を与えます。

女性の場合ですと、生理痛、生理不順、手足の冷えなどがあるような時は仙腸関節の動きが悪くなっている可能性がありますので注意が必要です。

骨盤矯正は手段

骨盤矯正とか骨盤矯正ダイエットと銘うって施術をしている整体院が多いです。

そういうところでは、骨盤ブロックという特殊な器具を使ったり落下するテーブルを使ったりといろいろな方法で施術が行われています。

私の所では、特別に骨盤矯正を謳って施術することはありません。

必要がある時には骨盤の部分を施術しますが、必要がなければ、骨盤の部分を施術することはありません。

骨盤矯正と他の人は言っていますが、本当に骨盤を矯正するわけではありません。

骨盤の部分を調整することによって、体全体のバランスを整えているだけなのです。

整体は体を整えると書きますが、腰痛や肩こりなどの症状を直接施術するわけではないのです。

あくまでも、整体は体のバランスを整えるだけです。

体のバランスを整えた結果、腰痛や肩こりなどの症状が改善されるということです。

ですから、骨盤の調整はあくまでも体のバランスを整える手段にしかすぎないのです。

体のバランスを整える手段ですから、首を調整しても足を調整しても腕を調整してもいいわけです。

そんなことを言うと、骨盤矯正を希望している人は不安になりますが、首、足、腕を調整しても、ちゃんと骨盤の部分は調整されます。

骨盤矯正は椅子、マシン、下着などの器具で出来る?

骨盤矯正が流行っているせいなのか知りませんが骨盤矯正ができると言う謳い文句でいろんな器具などが売られています。

器具と言ってもいろいろあります。

骨盤矯正の出来る椅子、マシン、下着などです。

これらのものを使えば、骨盤が矯正できると言うことなのですね。

椅子、マシン、下着などの説明を見ると、マッサージ効果とかストレッチ効果としか謳っていません。

マッサージ効果? ストレッチ効果?

マッサージ効果とかストレッチ効果とかってなんのことでしょうか?

マッサージ効果とかストレッチ効果とかって、なんか曖昧な表現ですね。

今は、骨盤矯正というキーワードがブームになっていますから、ただブームに乗っかってそういった物を販売しているとしか思えません。

口コミを見ると、案の定あまり効果があるということは書かれていませんね。

効果があったという口コミは、おそらく業者の人の自作自演でしょう。

そもそも、人の体はそれぞれ歪み方が違っています。

いろいろな器具で、その歪み方に対応することは不可能です。

ですから、骨盤の歪みを調整するには、人の手による調整でないと出来ません。