体の歪みの原因は?

一般的な見方

体がゆがんで姿勢が悪くなる原因には

・ケガの後遺症

・内臓の不調

・過労

・暴飲暴食

・睡眠不足

・精神的ストレス

などいろいろ言われています。

当整体院の考え方

当整体院では、体の歪みは内臓が関係していると考えています。

筋肉は、内臓と関連しているため、内臓の機能が低下して、その影響でバランスがくずれて体の歪みが起きます。

そして、内臓の機能の低下は、体を流れるエネルギーの滞りが影響しています。

体を流れるエネルギーとは、東洋医学で言われている“気”のことです。

体のゆがみは、放っておくとひどくなります

お年寄りの中にはかなり背中が折れ曲がった人を見かけますが、人は年齢を重ねるごとに体がゆがんでいきます。

なぜ、年を経るごとに姿勢が悪くなっていくのでしょう?

それは、上記したようにエネルギーの滞り(気)の度合いがひどくなったためだと考えます。

施術

他の整体、カイロプラクティックなどの施術所では、骨格の矯正、ストレッチなどを用いた筋肉の調整を行って体の歪みに対処します。

これらの方法で施術をすると、確かに体の歪みが変化します。

しかし、それも一時的な変化に終わります。

と言うのは、これらの方法ではエネルギーの滞りを整えることが難しいからです。

おしりの筋肉を調整すると腰痛は改善する?

おしりにある筋肉の緊張を取らないと腰痛が改善しないと言っている施術者がいます。

おしりにある筋肉は、大殿筋、中殿筋、小殿筋などがあります。

これらの筋肉は、骨盤にある腸骨という骨と股関節を結ぶ筋肉群です。

大殿筋、中殿筋、小殿筋が緊張が強くなって腸骨を引っ張るため、腰のところに痛みが出ているというわけです。

しかし、これらの筋肉を指圧や鍼などで緊張をゆるめたとしても、一時的に痛みが軽くなるだけで、時間が経てばまた痛くなってきます。

なぜでしょうか?

これらの筋肉には腰痛の原因はなく、内臓の影響で痛みが出ているのです。

筋肉は、それぞれ内臓と関連しています。

内臓と筋肉が関連しているから、その影響で筋肉が緊張して痛みが出ています。

内臓からの影響を減らすには、内臓の機能低下を是正していくようにする必要があります。

そして、内臓の機能低下は、“気”の滞りが関係しています。

“気”とは、体を流れるエネルギーのことです。

腰痛が起きるしくみ

“気”の滞り

内臓が影響を受けて機能が低下

筋肉の緊張が強くなる

腰の痛みが起きる

そのようなわけで、腰痛を調整するには、おしりの筋肉の緊張をゆるめるのではなく、“気”の滞りを整える調整をすることが大事なのです。

腰痛とテーピング

テーピングを使っている整体院は結構あるようです。

私も整体を始めた当時は、テーピングを使っていました。

テーピングには、いろいろな種類がありますが、私が使っていたのは伸縮性のあるテーピングです。

そのテーピングを貼ると腰痛などの症状は改善しますが、肌が弱い人はかぶれてしまいかゆみが出るためテーピングはやらなくなってしまいました。

それ以外の理由としては、テーピングを使わなくても施術をすれば症状が改善するようになったからです。

それに、テーピングは貼っている時はいいのですが剥がすと、症状が慢性化している場合戻ってしまうことが少なくなかったからです。

その理由として、テーピングを貼ることによって神経に働きかけているからだと考えられます。

腰痛は、外傷を除いて、ほとんどの場合内臓が関係していて、機能が低下すると、その影響で筋肉の緊張が強くなるため、症状が出ます。

そして、内臓の機能の低下は、体を流れるエネルギー(気)の滞りが影響しています。

ですから、腰痛の症状を改善に導くためにはエネルギー(気)の滞りを整えていく必要があるのです。

ところが、テーピングをした場合、神経の働きは正常化に近づきますが、エネルギーの滞りを整えることが難しいため、症状が慢性化している場合には中々改善しにくいのです。

エアロバイクで腰痛が出る?

運動不足を解消するトレーニング器具として、エアロバイクというものがあります。

その、エアロバイクを使ってトレーニングをしているうちに、腰の痛みが起きたという話を聞きます。

トレーニングによって腰や足の筋肉が疲労したため、腰の痛みが起きたとされています。

当整体院の考え方

しかし、私はエアロバイクによるトレーニングによって筋肉が疲労したとしても、腰痛の原因にはならないと考えています。

腰や足の筋肉には原因は存在していません。

内臓の機能の低下が関係して筋肉の緊張が強くなり、腰痛が出ています。

たまたま、エアロバイクでトレーニングをした時期と、内臓の機能低下が起きた時のタイミングが合っただけの話です。

対処

腰痛の対処は

・鎮痛剤

・ブロック注射

・湿布

・テーピング

・牽引

・骨盤の調整などによる骨格の矯正

・ストレッチなどによる筋肉の調整

などが一般的に行われている方法です。

当整体院の対処

上記のように、腰痛はほとんど内臓の機能の低下が関係していますが、一般的な対処法では、内臓が関連した腰痛の改善はしにくくなります。

と言うのは、一般的な方法は、神経に対する刺激を加えるやり方だからです。

内臓の機能の低下は、体を流れるエネルギー(気)の滞りが関連していますので、エネルギー調整をして滞りを整えていくことが必要なのです。