その腰痛はヘルニア? 分離症・すべり症?脊柱管狭窄症?

腰や足の痛み、しびれがあるということで、整形外科にかかって検査をしてもらうと、背骨に異常がみられ、骨の異常によって神経を圧迫しているため症状が出ていますねと説明されます。

しかし、診断名は病院によって違います。

ある病院では椎間板ヘルニアと診断され、そしてまた違う病院へ行くと脊柱管狭窄症だと診断されます。

こういったことは別に珍しくはないようです。

一応、椎間板ヘルニア、分離症・すべり症、脊柱管狭窄症は、それぞれ背骨の状態は違っています。

病院によって診断が違うのは、レントゲンやMRI画像を見ても判別がつきにくいところがあるからだと考えています。

背骨の異常と痛み、しびれは、関連性はありません。

それはともかく、西洋医学では背骨の異常によって神経が圧迫されるため症状が出るという理論の基で治療を行います。

背骨の異常がみられなければ、注射をしたり痛み止めの薬をもらって終わりです。

背骨の異常がみられて症状がひどい場合は、手術を勧められることも少なくありません。

でも、手術をしても症状が改善されるとは限りません。

と言うのは、背骨の異常があってもなんの症状がない人が少なくないからです。

逆に、背骨の異常がなくても症状がひどい人がいます。

ですから、背骨の異常を基に処置をしても意味がないのです。

筋肉を調整すると腰痛は良くなる?

筋肉を調整すると腰の痛みが楽になるということで、いろいろと筋肉の緊張を解放する方法が考案されています。

その方法として

・ストレッチ

・鍼

・マッサージ

・各種エクササイズ

・薬(筋弛緩薬)

などがあります。

筋肉を調整すると腰痛が良くなるか疑問

以上のように筋肉を調整する方法はいろいろありますが、はたして筋肉を調整することが腰痛の改善につながるかどうかは疑問に思っています。

仮に筋肉を調整することが腰痛改善になるとしたら、ほとんど腰痛の人がいなくなるはずです。

と言うのは、腰痛の改善方法と言われるものが筋肉を調整するやり方がほとんどですから。

でも、現実は腰痛の人が減っているわけではないです。

それはどうしてでしょうか?

私は、筋肉を調整することが腰痛の施術の正しい方法であると、ずっと以前は思っていました。

でも、いつ頃からは記憶ありませんが、筋肉を調整しても腰痛は良くなっていかないと感じていました。

基本的に筋肉を調整しても、なにも症状に変化はないと思います。

一時的には緊張が取れて痛みも楽になります。

でもそれだけです。

もし腰痛が慢性化している場合は、筋肉の緊張が一時的に和らぎます。

でもそれだけのことですから、筋肉の緊張を調整する方法では腰痛は良くなっていくことはありません。

腰痛を良くしていくには?

ではどうすればよいのでしょうか?

筋肉を調整して緊張を解放するのは、基本的に神経に働きかけます。

薬の説明書きにもそのことが書いてあります。

でも、神経に働きかけた場合は、一時的な弛緩作用しかありません。

それでは、慢性の症状には効果は出ません。

慢性の症状には、神経ではなく東洋医学で言われている経絡に働きかける必要があります。

経絡は、目で確認できるものではないので、鍼灸師でもその存在を否定する人がいます。

でも間違いなく存在します。

そして、その経絡には“気”というものが流れています。

その“気”が神経に影響を与えるため、経絡に働きかけることによって、神経も調整され慢性の症状も改善されていきます。

ですから、筋肉を調整して直接神経に働きかけても、慢性の症状は改善しないのです。

腰椎椎間板ヘルニアなど骨の異常と腰痛は関連がありません

ヘルニアなど骨の異常があると腰痛が出ると考えている人が少なくありません。

なぜでしょうか?

それは、西洋医学で腰骨(腰椎)に変形があると、神経を圧迫して痛み、しびれなどの症状が出ると発表しているからです。

そのような発表があれば、メディア(テレビ、新聞、雑誌、ブログなど)で拡散されますから、それを見た人は信じてしまいます。

しかし、実際は違います。

骨の異常があって、神経が圧迫されていても、痛みなどの症状は出ません。

なぜなら、いわゆる保存療法(マッサージ、温める、電気を流すなど)を行うと、症状が楽にあることがあるからです。

仮に、骨の異常による神経圧迫が症状の原因だとしたら、理屈に合いません。

当整体院の考え

腰の痛み、しびれなどが出るしくみ

“気”の滞り

内臓の機能低下

腰、足の筋肉など組織の緊張が高まる

腰の痛み、しびれなどが出る

上のように、腰の痛み、足のしびれなどの症状は、骨の異常が関係しているのではなく、筋肉などの組織の緊張が内臓機能の低下の影響が関係しています。

そして、内臓機能の低下は、“気”(体のエネルギー)の滞りが関連しています。

ですから、“気”の滞りを整える調整をしてけば腰の痛みやしびれに対処できます。

ストレッチもやり方によってまったく効果が違う

肩が凝ったり、腰が痛いということで、自分でストレッチをやる人は多いです。

でも、ストレッチをやっても、なかなか肩こり、腰の痛みに変化がないということもあるようです。

体の仕組みの勉強をすれば、ストレッチで効果が出るようになると考えていると人もあると思います。

しかし、そんなに簡単ではありません。

確かに、肩こり、腰の痛みでも軽い症状でしたら、ネットで出回っているストレッチの方法やストレッチ教室でやり方を習ってストレッチをやれば、症状が改善するかもしれません。

症状がこじれている場合、ストレッチも普通のやり方では効果が出ない

ただ、普通のストレッチのやり方では、症状が改善しにくい場合いもあります。

それは、肩こり、腰痛の症状がこじれている場合です。

そういう場合は、ストレッチをやればやるほど、肩こり、腰痛の症状が悪化していく可能性もあります。

それに、気づいてストレッチをするのをやめれば、肩こり、腰痛の症状が悪化する可能性が少なくなると思います。

薬を飲むのと同じ理屈です。

薬を飲む場合も、体に合わない薬を飲み続ければ、どんどん体は悪い方向に向かいます。

ですから、ストレッチをやってみて、自分の体に合わないなと感じたのなら、そのストレッチの方法をスパッとやめられるのが賢明かと思います。

ところで、当院で行っている施術法も基本的には筋肉、筋膜を伸ばしたりする方法です。

その方法を工夫して、効果が出やすいやり方にしているだけです。

ですから、一般に行われているストレッチの延長線上にあると言っていいでしょう。

腰痛の対処法は、みな同じではない

整体・カイロプラクティックに行くと、腰痛の原因は体の歪みだということで、背骨・骨盤などの骨や筋肉などを調整します。

背骨・骨盤などの骨や筋肉などを調整すると、確かに体の歪みが整ってきて筋膜、筋肉などの組織の緊張が緩和し痛み、シビレなどの症状も改善します。

体の中を流れるエネルギーを調整することが本当の整体

しかし、他の整体・カイロプラクティックなどで行われている対処方法は、背骨・骨盤などの骨や筋肉などの組織に対してだけアプローチしますので、調整した体の歪みや症状が短期間に元に戻ってしまいます。

短時間に元に戻ってしまいますので、頻繁に施術を行わないとなかなか慢性化した症状は改善していきません。

体を調整しても症状が2~3日しか持たないので、一週間に一回位何年にもわたって整体・カイロプラクティックに通っている人もいます。

そういう人は、整体・カイロプラクティックとはそういうものだとお考えなのか、週1で何年も通うことに対してなにも疑問を持っておられない方もみえるようです。

腰痛でもかなりの重症、慢性化した状態でしたら、改善していくのに何年間もかかることもあることは確かです。

しかし、週1を何年間も続けてもなんの改善もせず、その時だけの効果であるということはその整体・カイロプラクティックの方法は、その人の体に合ってない可能性があります。

整体・カイロプラクティックの施療の方法は、いろいろなやり方がありますが、だいたい一般の方からすれば、同じようなことをやっているように見えます。

でも、同じように施術しているように見えても、行っている人によってまったく違う内容なのです。

ですから、施術後の結果もまったく違ったものになります。

私も他の整体・カイロプラクティックの人と同じことを、ずっと以前にやっていました。

しかし、そのような方法は上記したように効果が持続しにくいのです。

色々研究した結果、従来からある方法に比べて持続力が長い施療方法を考案しました。

その施療方法は、PRYバランス療法というのですが、この施術方法で体を調整すると、従来からある整体・カイロプラクティックとの違いを実感していただけると考えています。

従来からある整体・カイロプラクティックは、上記したように背骨・骨盤などの骨や筋肉などの組織に対してだけアプローチします。

しかし、PRYバランス療法では、筋膜という組織に刺激を加えますが、目的としているのは筋膜の調整ではありません。

筋膜という組織を介して、体の中を流れるエネルギーを調整することによっての歪みが変化し症状も改善されていくわけです。