運動をすると元気になる?

毎日少しずつでもいいから運動しなさいとか言われます。

運動をすることは体に良いと思ってそのように言ってるのでしょうか?

確かに、運動をするとストレス解消になるかもしれません。

しかし、少なくとも健康に寄与することは少ないのではないかと考えます。

いろいろと運動をしたからといって、元気になるわけではないです。

体が元気になる要素は、今まで施術をしてきた経験から言うと、体を流れるエネルギー(気)に左右されます。

エネルギーが滞ると調子が悪くなって、だんだん元気がなくなっていきます。

運動をしてもエネルギーの滞りが解消されるなら、どんどん運動をすればいいです。

しかし、一般に行われている普通の運動ではエネルギーの滞りは改善されません。

行政などでは、運動を推奨して生活習慣病を改善させ、医療費の増加を抑える取り組みをしています。

でも、残念ながら上手くいっているように思えません。

エネルギーが滞ると調子が悪くなるという視点がないからです。

エネルギーの滞りを整える方法として、ヨガや太極拳などがあります。

ただ、ヨガや太極拳でも運動的な方法をやっていては上手くいきません。

エネルギー(気)の流れを意識してやっていく必要があります。

施術の時の刺激の強さ

マッサージやリラクゼーションサロンなどのHP、ブログなどを見ると、体を押したり揉んだりする時の強さは、お客様のご希望に応じて強さの加減をしますなどと書かれています。

しかし、痛み、しびれなどの症状改善を目的として施術する場合には、お客様のご希望をお聞きして、強さ加減を調整していては症状の改善は難しくなります。

と言うのは、症状改善をさせるためには最適の強さというものがあるからです。

では、その強さの基準ですが、それはその時の体の状態によって変わります。

体の状態といっても、症状の具合で強さを決めるわけではありません。

具体的には、体に強さを変えて刺激をしてみて、一番体が整う刺激の強さでもって施術を行います。

ですから、弱い刺激が最適な場合は、弱い刺激でもって施術を行い、強い刺激が最適な場合は強い刺激でもって施術を行います。

他のところではこのようなやり方の施術を行っていることは少ないですから、戸惑われる方もいらっしゃるかもしれませんが、どうぞご理解いただけるようお願いいたします。