背骨を押すとズレが直る?

腰の痛みなどの症状でカイロプラクティックを受けると、調整と称して体を捻って背骨や骨盤などを手などで押したり、腰の部分が落下するテーブル(ベッド)で背骨や骨盤を施術するところがあります。

カイロプラクティックを訪れる人は、それを期待してカイロプラクティックを受けていると思います。

骨はちょっと力を加えたくらいでは動かない

しかし、背骨や骨盤はちょっと手で押したくらいでは動きません。

もし仮に本当に背骨や骨盤を動かそうとすれば、何百キロかの力を加える必要があります。

何百キロの力を加えて動いたとしたら、多分関節が壊れます。

力を加えた骨が首の骨だとしたら多分あの世行きです。

あの世行きでなくても、確実に脊髄損傷で車椅子生活は間違いないです。

では、実際カイロプラクティックで、背骨や骨盤に軽い力を加えて、体が楽になるのはどうしてなのでしょうか?

それは、骨に軽い力を加えることによって神経にショックを与えているのです。

神経にショックを与えると、骨の周りの筋肉、筋膜、靭帯などの緊張がほぐれて、体が楽になるということです。

ですから、決して手で骨を押しても骨のズレは戻りません。

ただし、手の力では骨は動いてくれませんが、体の働きを利用すれば、触れるだけの刺激でも骨は動いてくれます。

骨が動くといっても、1mmくらいです。

当院では、その体の働きを利用して骨が動くような調整で施術を行っております。

ヘルニアなど骨に異常のある方は、整体施術を受ける時注意が必要です

腰が痛いという人の中で、ヘルニアなど骨自体に異常がある場合があります。

そういう人は、整体やカイロプラクティックの施術を受ける場合注意が必要です。

骨に異常がある腰痛の人に荒療治は危険

整体やカイロプラクティックの施術院の中には、体をひねって施術をしたり、腰に対して強い力をかけて施術をするところがあります。

ヘルニアなど骨に異常がある人に対して、そういう施術をすると腰痛が悪化してしまって取り返しがつかないことになるケースがあります。

実際にそういう施術を受けられて脊髄が損傷して車椅子生活になる人もいます。

病院を受診されてMRIなどで骨に異常がないということを確認された場合は、そういう施術を受けられてもそのようなことになる可能性は、少ないと思います。

整体やカイロプラクティックの施術院では、骨に異常があるかどうかを調べることができません。

いくら名人、達人クラスの施術師でも、体を触って骨の異常が分かる人はいないと思います。

体の中を透視出来る人なら話は別ですが、普通の人にはできない芸当です。

ですから、腰痛になってMRIなどで骨の確認をされてない人は注意が必要です。

当整体院では、体をひねったり、腰に対して強い力を使って施術するようなことをやっていませんので、安心して施術を受けていただけます。

足の開きが右と左で差がある

整体院などで仰向けに寝た時に、足の開き方が左右で差があると、指摘された人は多いと思います。

足の開き方とは、足が内側へ捻れたり外側へ捻れたりすることを言います。

内側にねじれている場合は、足が閉じているように見え、外側に捻れている場合は、足が開いているように見えます。

足の開きの左右差は全身の筋肉の影響

この足の開き方の左右の差が起きる原因は、股関節が原因の場合、膝関節が原因の場合、足の関節が原因の場合の3つが考えられます。

しかし、股関節、膝関節、足の関節などの大きな怪我がなければ、ほとんどのケースでは全身の筋肉のバランスのくずれによって起きます。

ですから、直接足に触って調整しなくても、全身の筋肉のバランスを整えることによって、足の開きの左右差は変わります。

例えば、首、腕、肩、背骨を調整しても足の開き方が変わります。

なぜこういうことが可能かと言いますと、全身の筋肉が連動して動くからです。

ただ、普通に筋肉を調整しただけでは時間が経つと元に戻ってしまいます。

当整体院で行っていますPRYバランス療法で調整した場合は、他の整体などの筋肉の調整法とはかなり違っていますので、時間が経っても戻りが少ないです。

ただし、過去に股関節を傷めたとか、股関節を手術したとかその他、足を痛めたとか足の手術をした場合は、体の調整を行っても、足の開きの左右差の変化が少ない場合もあります。