足の開きが右と左で差がある

整体院などで仰向けに寝た時に、足の開き方が左右で差があると、指摘された人は多いと思います。

足の開き方とは、足が内側へ捻れたり外側へ捻れたりすることを言います。

内側にねじれている場合は、足が閉じているように見え、外側に捻れている場合は、足が開いているように見えます。

足の開きの左右差は全身の筋肉の影響

この足の開き方の左右の差が起きる原因は、股関節が原因の場合、膝関節が原因の場合、足の関節が原因の場合の3つが考えられます。

しかし、股関節、膝関節、足の関節などの大きな怪我がなければ、ほとんどのケースでは全身の筋肉のバランスのくずれによって起きます。

ですから、直接足に触って調整しなくても、全身の筋肉のバランスを整えることによって、足の開きの左右差は変わります。

例えば、首、腕、肩、背骨を調整しても足の開き方が変わります。

なぜこういうことが可能かと言いますと、全身の筋肉が連動して動くからです。

ただ、普通に筋肉を調整しただけでは時間が経つと元に戻ってしまいます。

当整体院で行っていますPRYバランス療法で調整した場合は、他の整体などの筋肉の調整法とはかなり違っていますので、時間が経っても戻りが少ないです。

ただし、過去に股関節を傷めたとか、股関節を手術したとかその他、足を痛めたとか足の手術をした場合は、体の調整を行っても、足の開きの左右差の変化が少ない場合もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA