背骨を押すとズレが直る?

腰の痛みなどの症状でカイロプラクティックを受けると、調整と称して体を捻って背骨や骨盤などを手などで押したり、腰の部分が落下するテーブル(ベッド)で背骨や骨盤を施術するところがあります。

カイロプラクティックを訪れる人は、それを期待してカイロプラクティックを受けていると思います。

骨はちょっと力を加えたくらいでは動かない

しかし、背骨や骨盤はちょっと手で押したくらいでは動きません。

もし仮に本当に背骨や骨盤を動かそうとすれば、何百キロかの力を加える必要があります。

何百キロの力を加えて動いたとしたら、多分関節が壊れます。

力を加えた骨が首の骨だとしたら多分あの世行きです。

あの世行きでなくても、確実に脊髄損傷で車椅子生活は間違いないです。

では、実際カイロプラクティックで、背骨や骨盤に軽い力を加えて、体が楽になるのはどうしてなのでしょうか?

それは、骨に軽い力を加えることによって神経にショックを与えているのです。

神経にショックを与えると、骨の周りの筋肉、筋膜、靭帯などの緊張がほぐれて、体が楽になるということです。

ですから、決して手で骨を押しても骨のズレは戻りません。

ただし、手の力では骨は動いてくれませんが、体の働きを利用すれば、触れるだけの刺激でも骨は動いてくれます。

骨が動くといっても、1mmくらいです。

当院では、その体の働きを利用して骨が動くような調整で施術を行っております。

姿勢の悪さは、体の状態を反映している

体が不調だと、顔色に出ると言われます。

例えば、顔の色が青白いと肝臓・膵臓 、赤いと心臓、白いと肺、黒いと腎臓の不調があるとされています。

それと同じようにどこかの臓器に不調がある場合、姿勢にも現われます。

ですから、病院通いをしている人で姿勢が良い人は、まずいないはずです。

皆さん多かれ少なかれ、姿勢がくずれて悪くなっています。

整体に来られる人も病院通いをしている人と同じように、姿勢が悪くなっていることが多いです。

そういう人は、病名がつくほどには臓器の状態は悪くなっていないでしょう。

姿勢のくずれは臓器の不調や怪我から

でも、姿勢に問題があるわけですから、内臓の不調がないとはいえないと思います。

皆さんそのことをご存じないようで、姿勢の問題は日頃の生活習慣が原因だと思っているようです。

例えば、あぐらをかいたり、横すわりをしたり、アヒルすわりしたり、椅子に座る時に足を組んだりすることなどが原因だと思っているようです。

ネット上ではそのように書いてあるサイトが多いですから、その影響を受けているのでしょうね。

しかし、実際にはそのような日常生活の習慣よりも、臓器の不調や怪我の影響のほうが大きいのです。

消化器系、泌尿器系などの臓器は、体を支える筋肉に関連していますので、臓器が不調になると筋肉が影響を受けて姿勢がくずれて悪くなります。

ですから、姿勢のくずれを正していくには、まず臓器の不調を改善させていかなければなりません。

それをするには慰安の整体やマッサージでは時間をかけて施術しても、ちょっと難しいです。

やはり、姿勢に深く関わっている筋膜などの状態をしっかり把握して施術していく必要があります。

ストレッチもやり方によってまったく効果が違う

肩が凝ったり、腰が痛いということで、自分でストレッチをやる人は多いです。

でも、ストレッチをやっても、なかなか肩こり、腰の痛みに変化がないということもあるようです。

体の仕組みの勉強をすれば、ストレッチで効果が出るようになると考えていると人もあると思います。

しかし、そんなに簡単ではありません。

確かに、肩こり、腰の痛みでも軽い症状でしたら、ネットで出回っているストレッチの方法やストレッチ教室でやり方を習ってストレッチをやれば、症状が改善するかもしれません。

症状がこじれている場合、ストレッチも普通のやり方では効果が出ない

ただ、普通のストレッチのやり方では、症状が改善しにくい場合いもあります。

それは、肩こり、腰痛の症状がこじれている場合です。

そういう場合は、ストレッチをやればやるほど、肩こり、腰痛の症状が悪化していく可能性もあります。

それに、気づいてストレッチをするのをやめれば、肩こり、腰痛の症状が悪化する可能性が少なくなると思います。

薬を飲むのと同じ理屈です。

薬を飲む場合も、体に合わない薬を飲み続ければ、どんどん体は悪い方向に向かいます。

ですから、ストレッチをやってみて、自分の体に合わないなと感じたのなら、そのストレッチの方法をスパッとやめられるのが賢明かと思います。

ところで、当院で行っている施術法も基本的には筋肉、筋膜を伸ばしたりする方法です。

その方法を工夫して、効果が出やすいやり方にしているだけです。

ですから、一般に行われているストレッチの延長線上にあると言っていいでしょう。

反り腰は筋肉、筋力がないから?

反り腰は、筋肉、筋力がないからだと思っていませんか?

そんなことはありません。

スポーツ選手で筋力がある人でも、反り腰の人はたくさんいます。

例えば、力士(相撲取り)。

力士の人は反り腰でお腹がぽっこりの人がいます。

力士になるくらいですから、筋力がないはずはありません。

もし筋力がなければ、まず力士にはなれません。

筋力があるから、力士になっているわけです。

反り腰は筋力ではなく筋肉のバランスが悪いだけ

結論を言えば、筋肉、筋力がないから反り腰の姿勢になっているわけでありません。

筋肉のバランスが悪いから、反り腰の姿勢になっているということです。

では、どこの筋肉のバランスが悪いのでしょうか?

腹筋と背筋のバランスが悪いからです。

と言って、一生懸命腹筋、背筋運動や筋トレをやったとしても、反り腰の姿勢は良くなりません。

腹筋、背筋のバランスが取れるようなことをしなければ、反り腰の姿勢は良くなりません。

また、直接腹筋、背筋を調整するだけでも、反り腰の姿勢は変わりません。

ただし、一時的には反り腰が改善したようには見えます。

しかし、あくまでも一時的改善です。

反り腰の姿勢を本当に矯正するには、全身の筋肉のバランスが取れるような調整が必要なのです。

そうすれば、腹筋と背筋のバランスが調整され、結果的に反り腰も改善されていきます。

反り腰は、歩き方、立ち方、体操では改善しない

反り腰の矯正を謳っている整体院が多いです。

ですが、本当に反り腰を改善させる技術を持った人は、ほとんどいないでしょう。

なぜなら、反り腰の矯正が出来ると謳っておきながら、歩き方、立ち方、体操を指導している所が多いからです。

はっきり言えば、施術を行った後に歩き方、立ち方を意識したり、体操を行ったりしたからといって、反り腰は改善するようなことはありません。

確かに、そのようなことを行えば、一時的に反り腰が改善したようにみえます。

でも、すぐに戻ってしまいます。

すぐ戻ってしまいますから、どれだけそのようなことを続けたとしても、反り腰が改善していくようなことはないです。

反り腰が改善するには特殊な技術が必要

もし、反り腰を改善させる技術があれば、そのような指導など必要ありません。

技術がないから、整体の施術後にそういったことを教えているわけです。

整体の施術をした後に、筋肉に正しい癖をつけるためには、歩き方、立ち方などを意識したり、体操をしたりしないと反り腰は改善しないと説明されます。

ですが、そのようなことはありません。

当整体院では、一切歩き方、立ち方などをお教えするようなことはいたしませんが、整体技術だけで十分に反り腰は改善しています。

もちろん、すべての人が改善するわけではありません。