ヘルニアなど骨に異常のある方は、整体施術を受ける時注意が必要です

腰が痛いという人の中で、ヘルニアなど骨自体に異常がある場合があります。

そういう人は、整体やカイロプラクティックの施術を受ける場合注意が必要です。

骨に異常がある腰痛の人に荒療治は危険

整体やカイロプラクティックの施術院の中には、体をひねって施術をしたり、腰に対して強い力をかけて施術をするところがあります。

ヘルニアなど骨に異常がある人に対して、そういう施術をすると腰痛が悪化してしまって取り返しがつかないことになるケースがあります。

実際にそういう施術を受けられて脊髄が損傷して車椅子生活になる人もいます。

病院を受診されてMRIなどで骨に異常がないということを確認された場合は、そういう施術を受けられてもそのようなことになる可能性は、少ないと思います。

整体やカイロプラクティックの施術院では、骨に異常があるかどうかを調べることができません。

いくら名人、達人クラスの施術師でも、体を触って骨の異常が分かる人はいないと思います。

体の中を透視出来る人なら話は別ですが、普通の人にはできない芸当です。

ですから、腰痛になってMRIなどで骨の確認をされてない人は注意が必要です。

当整体院では、体をひねったり、腰に対して強い力を使って施術するようなことをやっていませんので、安心して施術を受けていただけます。

足の開きが右と左で差がある

整体院などで仰向けに寝た時に、足の開き方が左右で差があると、指摘された人は多いと思います。

足の開き方とは、足が内側へ捻れたり外側へ捻れたりすることを言います。

内側にねじれている場合は、足が閉じているように見え、外側に捻れている場合は、足が開いているように見えます。

足の開きの左右差は全身の筋肉の影響

この足の開き方の左右の差が起きる原因は、股関節が原因の場合、膝関節が原因の場合、足の関節が原因の場合の3つが考えられます。

しかし、股関節、膝関節、足の関節などの大きな怪我がなければ、ほとんどのケースでは全身の筋肉のバランスのくずれによって起きます。

ですから、直接足に触って調整しなくても、全身の筋肉のバランスを整えることによって、足の開きの左右差は変わります。

例えば、首、腕、肩、背骨を調整しても足の開き方が変わります。

なぜこういうことが可能かと言いますと、全身の筋肉が連動して動くからです。

ただ、普通に筋肉を調整しただけでは時間が経つと元に戻ってしまいます。

当整体院で行っていますPRYバランス療法で調整した場合は、他の整体などの筋肉の調整法とはかなり違っていますので、時間が経っても戻りが少ないです。

ただし、過去に股関節を傷めたとか、股関節を手術したとかその他、足を痛めたとか足の手術をした場合は、体の調整を行っても、足の開きの左右差の変化が少ない場合もあります。

足にできるタコ

体に出来るタコと言うと、ペンだこ、足のタコなどがあります。

今は、 大人の場合ペンだこが出来ることは少ないと思います。

事務職の人もパソコン作業ばかりで、ペンを握る機会が減っていますから、ペンだこができるのは、学生さんくらいでしょうか。

ただ、パソコン作業を長時間やっていると、マウスが当たる部分にタコができます。

「マウスだこ」というらしいです。

この「マウスだこ」の対策としては、パソコン作業の時間を減らすか、マウスが当たる部分に何かをあてがうしか方法はないでしょう。

足にできるタコの場合の原因としては

1.足の形に合わない靴を履いている

2.歩き方に癖がある

3.足の歪みが関係している

4.足のケアを行っていない

などが考えられます。

足のタコは開張足の改善が大事

足のたこの対策と言うと、靴にばかり目が行きがちです。

確かに、きゅうくつな靴を履いていれば、足の指、付け根などに当たり、たこができやすくなります。

ですから、足に負担の少ない靴を選ぶことは大切です。

しかし、靴以前に、足に問題があることが多いのです。

その足の問題とは、足の横アーチのくずれです。

足の横アーチとは、足裏の親指の付け根から、小指の付け根を結んだ線のカーブのことを言います。

その横アーチが減少して平らに近くなります。

いわゆる一般的に言われている開張足です。

開張足になると、足の裏が床に当たる面積が増えることと、足の幅が広がります。

そうなると、既製品の靴をはいていると、どうしてもタコが出来やすくなります。

しかし、自分の足に合うオーダーメードの靴を作ってもらったとしても、なかなか足に合うぴったりの靴も難しくなります。

その他にいろいろな対策グッズ(インソールなど)もあります。

それらのものを使えば、一時的には問題が解決します。

でも、それでは問題の先送りです。

やはりそうなると、足の横アーチのくずれを良くしていくしか、足のタコを防ぐには方法はありません。

股関節の痛みは筋肉の問題がほとんど

股関節の痛みで病院にかかると、たいがい股関節そのものに焦点を当てて治療をすることが多いようです。

・変形性股関節症

・臼蓋形成不全

・大腿骨頭壊死症

・感染症

・大腿骨頚部骨折

というような診断が下されるということもありますが、異常なしと言われることも多いようです。

でも、実際に股関節に痛みなどの症状が出ているわけですから、異常なしということはありえないでしょう。

病院の検査では異常を見つからないだけで、なにか原因が必ずあるはずです。

当整体院に来られる方の中にも股関節に痛みがあって、病院で診てもらった結果、骨には異常なしと診断された方が多いですが、股関節に痛みがあれば骨に異常があるとは限りません。

股関節を痛められる方は、中高年の女性が多いですから、骨粗しょう症で骨がもろくなって、骨折が原因で症状が出ている可能性も否定できないこともあるかもしれませんが、股関節が痛いからといって必ずしも骨折と結びつけるのはどうかと思います。

また、変形性股関節症と診断される方も多いようですが、股関節に変形があるからと言って痛みが出るとは限りません。

骨の問題によって痛みが出ることは少ない

むしろ逆に、股関節の骨折や変形などの骨の異常ではなく筋肉問題で痛みが出ていることが多いのです。

そして、股関節の痛みにつながる筋肉は、内臓の影響を受けています。

全身にある筋肉は、一つひとつ特定の内臓器官と関連があり、内臓の機能が低下すると影響を受けて緊張が強くなり痛みにつながります。

では、内臓の機能低下はどこが原因しているのでしょうか?

それは、東洋医学で言われる“気”の流れが関係しています。

“気”とは、体の内外を循環しているエネルギーのことです。

東洋医学では、“気”の流れが滞ると心身に影響があり、いろいろ不具合につながるとしています。

こういった考え方は、現代西洋医学にはありません。

西洋医学では、あくまでも目で見て確認できるものしか対象にしておりません。

ですから、MRIやCTなどの検査機器での画像で異常が確認できれば、それに対して手を施します。

しかし、画像で異常が確認できたからといって、それが痛みと関係しているとは断言できません。

それはともかく、“気”の流れが滞ることによって内臓が低下し、その影響で股関節の周りの筋肉が緊張が強くなり、痛みが出ています。

ですから、痛みの大元の原因である“気”の流れが滞りを整えていけば股関節の痛みも改善の方向に向かいます。

股関節の痛み関連記事

ぽっこりお腹と大腰筋の調整

ポッコリお腹は、やせていても太っていてもお腹だけがポッコリと飛び出た状態です。

やせている人はそれほど目立ちませんが、太っている人はお腹周りにたくさん肉がついていますので、よけい目立ちます。

女性の場合は、やせていてもお腹だけがポッコリ出ていると、スタイル的に気になりますので、なんとかしたいと思っている人が多いと思います。

大腰筋だけ調整してもぽっこりお腹は変わらない

ぽっこりお腹は、いろいろ言われているように骨盤が前傾(前に傾く)して反り腰の姿勢になっているのが原因です。

そして、骨盤が前傾する原因は、大腰筋の緊張によるものです。

大腰筋が緊張して骨盤全体が前に引っ張られますので自然にお腹が前に突き出た姿勢になります。

ですから、お腹が前に突き出た姿勢を改善させるには大腰筋の緊張を緩めてあげればよいわけです。

ただ、大腰筋の緊張を緩めるといっても大腰筋だけを緩めるのは、非常に難しいです。

と言うのは、大腰筋は俗に言うインナーマッスルだからです。

インナーマッスルというのは、体の奥にある筋肉のことです。

体の奥にあるインナーマッスルは、直接触れることが出来ませんので調整するのが難しいわけです。

そのようなわけで、どうしても大腰筋の調整は、エクササイズ的な方法になりがちですので調整しても、すぐに元の状態に戻ってしまいます。

整体院で骨盤矯正をやるにしても、上記したように理由からなかなか思うように、目的を達成出来ないところが多いようです。

そして、大腰筋の調整をしても、元の状態に戻ってしまう要因は、他にもあります。

それは、大腰筋を緊張させる要因が、全身に存在するからです。

その要因を調整して初めて大腰筋が調整されて、骨盤の前傾が良くなってぽっこりお腹が改善されます。

運動をすると元気になる?

毎日少しずつでもいいから運動しなさいとか言われます。

運動をすることは体に良いと思ってそのように言ってるのでしょうか?

確かに、運動をするとストレス解消になるかもしれません。

しかし、少なくとも健康に寄与することは少ないのではないかと考えます。

いろいろと運動をしたからといって、元気になるわけではないです。

体が元気になる要素は、今まで施術をしてきた経験から言うと、体を流れるエネルギー(気)に左右されます。

エネルギーが滞ると調子が悪くなって、だんだん元気がなくなっていきます。

運動をしてもエネルギーの滞りが解消されるなら、どんどん運動をすればいいです。

しかし、一般に行われている普通の運動ではエネルギーの滞りは改善されません。

行政などでは、運動を推奨して生活習慣病を改善させ、医療費の増加を抑える取り組みをしています。

でも、残念ながら上手くいっているように思えません。

エネルギーが滞ると調子が悪くなるという視点がないからです。

エネルギーの滞りを整える方法として、ヨガや太極拳などがあります。

ただ、ヨガや太極拳でも運動的な方法をやっていては上手くいきません。

エネルギー(気)の流れを意識してやっていく必要があります。

施術の時の刺激の強さ

マッサージやリラクゼーションサロンなどのHP、ブログなどを見ると、体を押したり揉んだりする時の強さは、お客様のご希望に応じて強さの加減をしますなどと書かれています。

しかし、痛み、しびれなどの症状改善を目的として施術する場合には、お客様のご希望をお聞きして、強さ加減を調整していては症状の改善は難しくなります。

と言うのは、症状改善をさせるためには最適の強さというものがあるからです。

では、その強さの基準ですが、それはその時の体の状態によって変わります。

体の状態といっても、症状の具合で強さを決めるわけではありません。

具体的には、体に強さを変えて刺激をしてみて、一番体が整う刺激の強さでもって施術を行います。

ですから、弱い刺激が最適な場合は、弱い刺激でもって施術を行い、強い刺激が最適な場合は強い刺激でもって施術を行います。

他のところではこのようなやり方の施術を行っていることは少ないですから、戸惑われる方もいらっしゃるかもしれませんが、どうぞご理解いただけるようお願いいたします。

肉離れによる腰痛

腰痛の男性

一般的な見方

腰痛には、筋肉の肉離れによるものがあります。

肉離れとは、筋肉や筋肉を包んでいる筋膜という組織が引き伸ばされて断裂してしまう状態です。

肉離れは、重い物を持ったり、急激に体を動かしたりしたときに筋肉に負担がかかることが原因となります。

当整体院の考え方

上記のように、一般的には筋肉が肉離れして損傷することによって腰の痛みが出ているとされています。

しかし、当整体院では別の見方をします。

筋肉の損傷によって腰の痛みが出ているのではなく、内臓からの影響によって腰痛が起きていると考えています。

内臓の機能の低下により、筋肉が影響を受け緊張が強くなり、その結果腰の痛みが出ています。

そして、内臓の機能の低下は、“気”という体を流れるエネルギーの滞りの影響によるものです。

ですから、一般的に言われていることとは実際はかなり違っています。

ところで、肩の腱板損傷というのがあります。

肩の腱板とは、肩の部分にある肩甲下筋(けんこうかきん)・棘上筋(きょくじょうきん)棘下筋(きょっかきん)・小円筋(しょうえんきん)という4つの筋肉の腱の総称です。

肩の腱板が損傷すると、肩に痛みが出るとされています。

しかし、肩の痛みに関係なく50歳以上の4人に1人が腱板損傷があるという調査結果があります。

その他、膝の半月板の損傷があっても、膝の痛みがある人とない人がいます。

このように、筋肉などの組織に損傷があっても痛みが出るわけではないのです。

整体の施術を受けても腰痛が改善しにくい方へ

腰痛で整体施術を受けても、なかなか改善しないということがありませんか?

だいたいの整体院では、腰椎、骨盤などの骨格を矯正したり、腰周りや足の筋肉を調整します。

これらの方法は、腰の関節、筋肉を施術することによって腰の神経を調整しているわけです。

整体を受けても腰痛が改善しないのにはわけがあります

腰の神経の調整で改善しやすいのは、筋肉などの疲労や損傷(外傷)による腰痛です。

それ以外の腰痛は、内臓関連によるものが多く、腰の神経の調整では改善しにくいです。

内臓関連と言っても、いわゆる内臓の病気とは限りません。

内臓の機能が低下している場合も、その影響で腰が痛くなることは多いです。

腰の周り、足の筋肉は内臓と関連があります。

内臓の機能が低下すると、その影響が腰の周り、足の筋肉に及びます。

その結果、腰の周り、足の筋肉の緊張が強くなり腰が痛くなるわけです。

内臓関連の腰痛は、腰の神経の調整ではなく、東洋医学でよく言われるいわゆる“気”の滞りを整える調整をしないと改善しにくいのです。

“気”は、体の内外を流れるエネルギーのことをさします。

ところで、腰痛と言っても腰の筋肉、筋膜を痛めた場合と内臓関連の腰痛と見分けることが難しいのです。

ですから、当整体院では“気”の調整と腰の神経の調整の両方をして腰痛の症状に対応しております。

凝っている部分が必ずしも腰痛の原因とは限りません

腰痛の人がマッサージへ行くと、たいがい凝っている部分をほぐして調整してくれます。

そして、筋肉の緊張が緩和して凝りがほぐれてくると、腰が楽になります。

凝っている部分は、押すと痛みが出ますので圧痛点と呼んでいます。

圧痛点は、たいがいの場合ツボの部分です。

圧痛点の部分は、硬くなって緊張していますが、指などで調整すると、緊張がやわらぎますので押しても痛みが消えたり軽減します。

しかし、コリが緩和して腰が楽になっても一時的なことが多いです。

そして、しばらくするとまた腰が痛くなります。

腰痛の原因は全身にある

マッサージに何年も通っていて、なかなか腰痛が良くならないのは、腰痛の原因ではない部分の凝りを調整してもらっているからなのですね。

そういう人は多いです。

腰痛の原因は、腰にあるとは限らないのですね。

いろいろな部分に原因があります。

腕、首、肩、背中、膝、足首、足の指などいたるところにありますが、なんと言っても内臓関連の腰痛が一番多いです。

ですから、腰が痛いからといって腰の部分を調整しても問題の解決にならないわけです。

腰痛は、腸や膀胱などの内臓が関連していることが多いですから、内臓の働きを高めていく必要があります。

その方法として、東洋医学で言われている“気”の調整があります。

“気”は、体を流れているエネルギーのことです。

マッサージでほぐすだけでは、“気”の調整はできませんから、内臓の機能を高めることも難しいため腰痛が改善しないわけです。