運動不足だと便秘になる?

運動不足が便秘と関係あると言っている人が多いようです。

その排便が起こる理論として

腹筋 → 腸の蠕動(ぜんどう)運動 → 便が腸から肛門へ押し出される

という図式が成り立っているそうです。

運動が不足がちになると、腹筋が衰えることによって腸の蠕動(ぜんどう)運動がうまくいかなくなり便秘につながるということらしいです。

運動不足になると便秘になるという理屈には無理がある

しかし、スポーツ選手は便秘になる人が多いそうです。

スポーツ選手と言えば、運動不足とは無縁で、筋力が低下して腹筋が衰えている人などはおそらくほとんどいないと思われます。

整体を仕事にしていますから、スポーツを本格的やっている人を施術する機会があります。

そういう人の体に触れると筋肉の太さが、普段スポーツをやっていない人の筋肉とはまるで違います。

仮に運動不足が便秘の原因のひとつだという理屈がほんとうだとしたら、スポーツ選手が便秘になるのは説明が付かなくなってしまいます。

その事実を知らない人が一生懸命運動して便秘が良くならないと嘆いている人が多いと思いますが、罪な話です。

一方、事故、病気などで車椅子になられた人は、重度の便秘になる人が多いそうです。ほとんど人が下剤や座薬を使って排便するそうです。

ただ、中には便秘の状態にならず、毎日自然な排便が出来ている人もいるようです。

車椅子の人は、ほとんど歩行ができないわけですから運動不足になり腹筋が衰えてしまいます。

その結果、腸の蠕動(ぜんどう)運動がスムーズにいかず便秘になるという理屈が成り立つかもしれません。

しかし、車椅子生活の人全員が便秘ではないという事実もあるわけですから、運動不足で腹筋が衰えて便秘につながるという理屈はちょっと無理があるように思えます。

便秘は腹筋運動をすると解消する?

便秘に腹筋が関係しているということで、腹筋運動を勧めているサイトが多いです。

骨格筋の中で大腸に関連しているのは、腹筋でも内腹斜筋という筋肉です。

内腹斜筋は、斜め(腸骨から肋骨、腹直筋)へ走る筋肉です。

腹筋運動では便秘が良くなる可能性は低い

ですから、腹筋運動を行うにしても、普通の腹筋運動ではなく特殊な方法(体を捻る運動)でやる必要があります。

ただ、問題は特殊な方法(体を捻る運動)で内腹斜筋を鍛えるといっても、慢性化した便秘が改善されるかどうかは疑問に思っています。

と言うのは、はたして筋肉を鍛えて大腸の働きが改善されるかどうかということなんです。

私は、腹筋運動をしても筋肉(内腹斜筋)の緊張が減らないと、まったく意味がないと思っています。

つまり、大腸は内腹斜筋の影響を受けていますから、内腹斜筋の緊張が強いのが減らないと、便秘が改善されないというわけなのです。

それから、内腹斜筋の他に、上腕にある腕橈骨筋(わんとうこつきん)という筋肉も大腸に関連しています。

この筋肉も緊張が強いと大腸が影響を受けて、働きが悪くなり、便秘になりやすくなります。

ですから、この筋肉も緊張を減らす必要があります。

しかし、腹筋運動では腕橈骨筋の緊張は減りません。

結論としては、大腸に関連のある内腹斜筋、腕橈骨筋の緊張が減れば、便秘は改善されていきます。

でも、腹筋運動を行っても内腹斜筋、腕橈骨筋の緊張が減ることは少ないと考えていますので、便秘が慢性化した人には、腹筋運動はあまりおすすめしません。

姿勢をよくすると便秘が改善する?

便秘の人で姿勢が悪くなっている人が良い姿勢をしていると、便秘が改善するそうです。

確かに、猫背の姿勢になっていると、胃や腸が下がって圧迫され、働きも悪くなり便秘になるような気がしないでもないです。

内臓器官と骨格筋は関連がありますので、内臓器官の働きが悪いと骨格筋が影響を受けて、骨格筋のバランスがくずれて姿勢が悪くなります。

東洋医学では、経穴(ツボ)を刺激し内臓の働きを整えることによって、便秘を改善させる方法があります。

経穴(ツボ)は、骨格筋とも関係がありますのでそのようなことが可能になります。

姿勢を良くすることによって、内臓器官の働きを改善させる(便秘を改善させる)ということは理論的には可能かもしれませんが、実際にはそんなに簡単ことではありません。

姿勢が悪くなっている人が姿勢を良くすると言っても、姿勢を意識している時は良い姿勢でいられるかもしれませんが、そうでない時はおそらく悪い姿勢に戻っているはずです。

ですから姿勢を良くして便秘を改善させるということは、あまり現実的な方法とはいえないでしょう。

姿勢が悪くなっていても便秘ではない人がいる

ちなみに姿勢が悪くなっていても、便秘になっていない人はたくさんいます。

実際に姿勢が悪くなっている人に便秘をしますかと聞いてみますが、一週間も通じがなくて調子が悪いと答える人がいます。

また、逆に普段はほとんど便秘知らずで、環境が変わったりした時だけ便秘するという人もいます。

私も姿勢が良くないですが、普段はほとんど便秘になりません。

どちらかと言うと、柔らかめのことが多いです。

ですから、姿勢が悪いからかならずしも便秘につながるとは言い切れないわけです。

姿勢が悪くなっていてあまり便秘にならない人は、腸以外のどこかに調子が悪い部分があります。

例えば、呼吸器系の働きが悪くてぜんそくになった経験のある人などは、姿勢が悪くなっています。

しかし、そういう人でも便秘がちの人ばかりではありません。

まとめると、姿勢と便秘はかならずしも関連性が不明であるということです。

便秘はストレッチで解消できる?

「便秘ストレッチ」で検索すると、慢性の便秘もストレッチで解消などと書かれているサイトが多いですね。

ほとんどのサイトで同じようなことが書かれていますので、ほんとかなと思ってしまいます。

もしそれが本当だとしたら、特別にストレッチなどしなくても、普段から普通に体を動かしてさえいれば、便秘が慢性化することはないように思いますが。

ストレッチには

静的ストレッチ

動的ストレッチ

と2種類あります。

普通に体を動かして仕事などをしていれば、動的ストレッチをしたのと同じ効果があります。

さらに少し歩くだけでも、足全体を動かしますので、骨盤周りの筋肉にも刺激が行きますので、胃腸の働きが良くなり便秘も改善するはずです。

ストレッチでは慢性の便秘は変化しにくい

でも、現実は一生懸命ストレッチに励んでも、なかなか便秘が良くなることが少ないようです。

仮に、ストレッチで便秘が改善できるとしても、ネットで公開されている方法や書店で販売している書籍に書いてある方法では、おそらく慢性化してしまったら良くなることは難しいでしょう。

簡単に手に入る情報で改善するのは、慢性化していない極軽い症状の便秘だけで、便秘薬を飲んでもなかなかすっきりしない状態になったら、ストレッチの方法もかなり効果の出る方法でないと難しいと思います。

こちらを読んでみて下さい。

ページの内容は、ストレッチの方法ではありません。

体のバランスをとる方法です。

でも、体のバランスをとることは、便秘を改善するには必要なことです。

仮に便秘を改善させるためにストレッチをやったとしても、体のバランスがあまり変化しないようでしたら、便秘を改善させるための方法としては、意味のないことです。

それに、ネットで公開されているようなストレッチ、体操などは、とにかく回数をやるという方法が多いです。

回数を多くやったとしても、体のバランスが取れなければ、その方法はあまり意味を持ちません。

便秘が改善するためには、体のバランスが変わることが必要なのです。

体のバランスが変わることによって、初めて内臓の働きに変化を与えて、便秘の状態に変化が生まれます。

体の歪みと便秘

治したい!女性の身体の悩みランキングというサイトを見たのですが、便秘は、13位でした。

意外でした、もっと上位に来ると思っていました。

テレビを見ると、便秘薬のCMが結構流れているので便秘に悩む女性がそれだけ多くいると思ったのですが。

ちなみに、ベスト3は肩こり、おなか太り、下半身太りの順でした。

体の歪みが良くなるような施術を行うと便秘も改善しやすい

便秘解消法としては

・体操

・便秘に効くツボ

・食べ物(食物繊維の多く含んだ食べ物)

・お茶・ココア・アロエ

・サプリメント

などがあります。

体操・便秘に効くツボ押しは、めんどうくさがりの人には向いていないですね。

食べ物(食物繊維の多く含んだ食べ物)、お茶・ココア・アロエ、サプリメントなどを取るのは、効果はあるようですが効き目が出るのには多少時間がかかるようです。

そうなると手っ取り早く便秘薬に頼る人が多いようです。

でも薬は副作用がありますし、だんだん効きが悪くなってきます。

それにこれらの方法は、症状に対して働きかける対症療法ですのでこれらの方法を続けているうちは効果が出ていますが、やめてしまえば元の状態に戻ってしまいます。

そうなると、一番確実で効果が上がるのは、体の歪みを治して姿勢を良くすることです。

便秘の人は、たいがい反り腰で下腹がポッコリ出ています。

体の歪みを治して姿勢が変わると、反り腰が改善されポッコリお腹が良くなります。

だれでも多少は体が歪んでいますが、歪みの限界を越えると症状が出てきます。

体の歪みが大きい人は、自律神経のバランスがくずれています。

自律神経のバランスがくずれると、内臓の働きが悪くなり便秘などになりやすいわけです。

体を調整して、歪みを改善すると自律神経のバランスが整ってきて結果的に内臓の働きが良くなり、便秘も改善してくるわけです。

ただ長い間便秘があって頑固な症状の方は、体中の筋肉にシコリが出来ていて体の歪みが固定化してしまっています。

そういう方は、便秘の症状が改善するまで時間がかかる場合もあります。