運動不足だと便秘になる?

運動不足が便秘と関係あると言っている人が多いようです。

その排便が起こる理論として

腹筋 → 腸の蠕動(ぜんどう)運動 → 便が腸から肛門へ押し出される

という図式が成り立っているそうです。

運動が不足がちになると、腹筋が衰えることによって腸の蠕動(ぜんどう)運動がうまくいかなくなり便秘につながるということらしいです。

運動不足になると便秘になるという理屈には無理がある

しかし、スポーツ選手は便秘になる人が多いそうです。

スポーツ選手と言えば、運動不足とは無縁で、筋力が低下して腹筋が衰えている人などはおそらくほとんどいないと思われます。

整体を仕事にしていますから、スポーツを本格的やっている人を施術する機会があります。

そういう人の体に触れると筋肉の太さが、普段スポーツをやっていない人の筋肉とはまるで違います。

仮に運動不足が便秘の原因のひとつだという理屈がほんとうだとしたら、スポーツ選手が便秘になるのは説明が付かなくなってしまいます。

その事実を知らない人が一生懸命運動して便秘が良くならないと嘆いている人が多いと思いますが、罪な話です。

一方、事故、病気などで車椅子になられた人は、重度の便秘になる人が多いそうです。ほとんど人が下剤や座薬を使って排便するそうです。

ただ、中には便秘の状態にならず、毎日自然な排便が出来ている人もいるようです。

車椅子の人は、ほとんど歩行ができないわけですから運動不足になり腹筋が衰えてしまいます。

その結果、腸の蠕動(ぜんどう)運動がスムーズにいかず便秘になるという理屈が成り立つかもしれません。

しかし、車椅子生活の人全員が便秘ではないという事実もあるわけですから、運動不足で腹筋が衰えて便秘につながるという理屈はちょっと無理があるように思えます。

便秘は腹筋運動をすると解消する?

便秘に腹筋が関係しているということで、腹筋運動を勧めているサイトが多いです。

骨格筋の中で大腸に関連しているのは、腹筋でも内腹斜筋という筋肉です。

内腹斜筋は、斜め(腸骨から肋骨、腹直筋)へ走る筋肉です。

腹筋運動では便秘が良くなる可能性は低い

ですから、腹筋運動を行うにしても、普通の腹筋運動ではなく特殊な方法(体を捻る運動)でやる必要があります。

ただ、問題は特殊な方法(体を捻る運動)で内腹斜筋を鍛えるといっても、慢性化した便秘が改善されるかどうかは疑問に思っています。

と言うのは、はたして筋肉を鍛えて大腸の働きが改善されるかどうかということなんです。

私は、腹筋運動をしても筋肉(内腹斜筋)の緊張が減らないと、まったく意味がないと思っています。

つまり、大腸は内腹斜筋の影響を受けていますから、内腹斜筋の緊張が強いのが減らないと、便秘が改善されないというわけなのです。

それから、内腹斜筋の他に、上腕にある腕橈骨筋(わんとうこつきん)という筋肉も大腸に関連しています。

この筋肉も緊張が強いと大腸が影響を受けて、働きが悪くなり、便秘になりやすくなります。

ですから、この筋肉も緊張を減らす必要があります。

しかし、腹筋運動では腕橈骨筋の緊張は減りません。

結論としては、大腸に関連のある内腹斜筋、腕橈骨筋の緊張が減れば、便秘は改善されていきます。

でも、腹筋運動を行っても内腹斜筋、腕橈骨筋の緊張が減ることは少ないと考えていますので、便秘が慢性化した人には、腹筋運動はあまりおすすめしません。

姿勢をよくすると便秘が改善する?

便秘の人で姿勢が悪くなっている人が良い姿勢をしていると、便秘が改善するそうです。

確かに、猫背の姿勢になっていると、胃や腸が下がって圧迫され、働きも悪くなり便秘になるような気がしないでもないです。

内臓器官と骨格筋は関連がありますので、内臓器官の働きが悪いと骨格筋が影響を受けて、骨格筋のバランスがくずれて姿勢が悪くなります。

東洋医学では、経穴(ツボ)を刺激し内臓の働きを整えることによって、便秘を改善させる方法があります。

経穴(ツボ)は、骨格筋とも関係がありますのでそのようなことが可能になります。

姿勢を良くすることによって、内臓器官の働きを改善させる(便秘を改善させる)ということは理論的には可能かもしれませんが、実際にはそんなに簡単ことではありません。

姿勢が悪くなっている人が姿勢を良くすると言っても、姿勢を意識している時は良い姿勢でいられるかもしれませんが、そうでない時はおそらく悪い姿勢に戻っているはずです。

ですから姿勢を良くして便秘を改善させるということは、あまり現実的な方法とはいえないでしょう。

姿勢が悪くなっていても便秘ではない人がいる

ちなみに姿勢が悪くなっていても、便秘になっていない人はたくさんいます。

実際に姿勢が悪くなっている人に便秘をしますかと聞いてみますが、一週間も通じがなくて調子が悪いと答える人がいます。

また、逆に普段はほとんど便秘知らずで、環境が変わったりした時だけ便秘するという人もいます。

私も姿勢が良くないですが、普段はほとんど便秘になりません。

どちらかと言うと、柔らかめのことが多いです。

ですから、姿勢が悪いからかならずしも便秘につながるとは言い切れないわけです。

姿勢が悪くなっていてあまり便秘にならない人は、腸以外のどこかに調子が悪い部分があります。

例えば、呼吸器系の働きが悪くてぜんそくになった経験のある人などは、姿勢が悪くなっています。

しかし、そういう人でも便秘がちの人ばかりではありません。

まとめると、姿勢と便秘はかならずしも関連性が不明であるということです。

便秘はストレッチで解消できる?

「便秘ストレッチ」で検索すると、慢性の便秘もストレッチで解消などと書かれているサイトが多いですね。

ほとんどのサイトで同じようなことが書かれていますので、ほんとかなと思ってしまいます。

もしそれが本当だとしたら、特別にストレッチなどしなくても、普段から普通に体を動かしてさえいれば、便秘が慢性化することはないように思いますが。

ストレッチには

静的ストレッチ

動的ストレッチ

と2種類あります。

普通に体を動かして仕事などをしていれば、動的ストレッチをしたのと同じ効果があります。

さらに少し歩くだけでも、足全体を動かしますので、骨盤周りの筋肉にも刺激が行きますので、胃腸の働きが良くなり便秘も改善するはずです。

ストレッチでは慢性の便秘は変化しにくい

でも、現実は一生懸命ストレッチに励んでも、なかなか便秘が良くなることが少ないようです。

仮に、ストレッチで便秘が改善できるとしても、ネットで公開されている方法や書店で販売している書籍に書いてある方法では、おそらく慢性化してしまったら良くなることは難しいでしょう。

簡単に手に入る情報で改善するのは、慢性化していない極軽い症状の便秘だけで、便秘薬を飲んでもなかなかすっきりしない状態になったら、ストレッチの方法もかなり効果の出る方法でないと難しいと思います。

こちらを読んでみて下さい。

ページの内容は、ストレッチの方法ではありません。

体のバランスをとる方法です。

でも、体のバランスをとることは、便秘を改善するには必要なことです。

仮に便秘を改善させるためにストレッチをやったとしても、体のバランスがあまり変化しないようでしたら、便秘を改善させるための方法としては、意味のないことです。

それに、ネットで公開されているようなストレッチ、体操などは、とにかく回数をやるという方法が多いです。

回数を多くやったとしても、体のバランスが取れなければ、その方法はあまり意味を持ちません。

便秘が改善するためには、体のバランスが変わることが必要なのです。

体のバランスが変わることによって、初めて内臓の働きに変化を与えて、便秘の状態に変化が生まれます。

体の歪みと便秘

治したい!女性の身体の悩みランキングというサイトを見たのですが、便秘は、13位でした。

意外でした、もっと上位に来ると思っていました。

テレビを見ると、便秘薬のCMが結構流れているので便秘に悩む女性がそれだけ多くいると思ったのですが。

ちなみに、ベスト3は肩こり、おなか太り、下半身太りの順でした。

体の歪みが良くなるような施術を行うと便秘も改善しやすい

便秘解消法としては

・体操

・便秘に効くツボ

・食べ物(食物繊維の多く含んだ食べ物)

・お茶・ココア・アロエ

・サプリメント

などがあります。

体操・便秘に効くツボ押しは、めんどうくさがりの人には向いていないですね。

食べ物(食物繊維の多く含んだ食べ物)、お茶・ココア・アロエ、サプリメントなどを取るのは、効果はあるようですが効き目が出るのには多少時間がかかるようです。

そうなると手っ取り早く便秘薬に頼る人が多いようです。

でも薬は副作用がありますし、だんだん効きが悪くなってきます。

それにこれらの方法は、症状に対して働きかける対症療法ですのでこれらの方法を続けているうちは効果が出ていますが、やめてしまえば元の状態に戻ってしまいます。

そうなると、一番確実で効果が上がるのは、体の歪みを治して姿勢を良くすることです。

便秘の人は、たいがい反り腰で下腹がポッコリ出ています。

体の歪みを治して姿勢が変わると、反り腰が改善されポッコリお腹が良くなります。

だれでも多少は体が歪んでいますが、歪みの限界を越えると症状が出てきます。

体の歪みが大きい人は、自律神経のバランスがくずれています。

自律神経のバランスがくずれると、内臓の働きが悪くなり便秘などになりやすいわけです。

体を調整して、歪みを改善すると自律神経のバランスが整ってきて結果的に内臓の働きが良くなり、便秘も改善してくるわけです。

ただ長い間便秘があって頑固な症状の方は、体中の筋肉にシコリが出来ていて体の歪みが固定化してしまっています。

そういう方は、便秘の症状が改善するまで時間がかかる場合もあります。

便秘にお腹のマッサージは効くの?

女性の方は便秘に悩まされている人が多いです。

便秘に対するセルフケアとして、お腹のマッサージがあります。

このお腹のマッサージのやり方は、お腹に対して時計回りに指で押したり、さすったりする方法が一般的です。

また、お腹に対して「の」の字を書くようにして押していく方法もあります。

「の」の字を書く方法は、みぞおちの少し下から恥骨の上あたりまで押していき、そこから右の方へ曲がり、盲腸のあたりまでいったら今度は角度を変え上の方へ押していき、肝臓のあたりまでいったら、又角度を変え右の方へ押していき胃の部分まで来たら、又角度を変え下へ降りていきます。

簡単に言うと、小腸から大腸に沿って押していくわけです。

お腹のマッサージの効果は一時的

私は、めったに便秘になることはありませんが、「の」の字を書くようにお腹を押してみました。

そうすると、一時的に体のバランスが取れます。

要するに体の歪みが良くなるわけです。

でもこれは一時的なことです。

しかし、一時的にでも体の歪みが改善すれば、便意をもようす可能性はあります。

慢性化している人は、みぞおち、お腹の筋肉が硬くなっている部分があり胃大腸反射が働きにくくなっていますので、便意が起きにくいです。

このマッサージを毎日続けてみぞおち、お腹の筋肉の硬い部分が柔らかくなってくれば便秘ぎみの状態も良くなって行く可能性はあります。

ただし、ある一定の限度を超えてみぞおち、お腹の筋肉が硬くなってしまっている場合は、この「の」の字を書くお腹のマッサージだけでは、ほぐれないかもしれません。

その時は、我々整体の助けが必要になってくるかもしれません。

ちなみに、「の」の字の反対に押しても体のゆがみは何も変化はないようです。

妊婦さんの便秘

妊娠すると便秘になりやすいと言われます。

しかし、妊娠すると便秘になりやすいと言われていても、それは個人差があります。

症状

妊婦さんの便秘に伴う症状として

お腹が張る、お腹が痛い、腰痛、コロコロの便が出る、脱肛、吐き気、嘔吐、ガスがたまっておならが出やすい、気持ち悪いなどが挙げられます。

便秘の期間

便秘が続く期間は、2~3日の人もいれば、長い人は1週間~10日間以上も通じがない人も珍しくありません。

1週間~10日間以上も通じがない人は、元々便秘が慢性化していて、妊娠してからその期間が長くなることもあるでしょう。

妊娠して便秘するにはわけがある

原因として、 ホルモンバランスの変化、つわりによる食生活の変化、疲労やストレス、運動不足などが挙げられることが多いです。

でも、原因として挙げられることもあまりあてになりません。

と言うのは、だいたい健康常識というものは間違っていることも少なくないのです。

運動不足になると便秘になるといいますが、プロのスポーツ選手もひどい便秘の人もいますから、この説は完全に間違った常識です。

それから、つわりによる食生活の変化によって便秘になりやすくなるというのも、あまり正確な情報とは言えません。

そもそも女性が妊娠したら、必ずつわりが起きるわけではありません。

つわりが起きない人もいます。

ある調査によると20~30%の人がつわりがないそうです。

また50%の人がつわりがないという説もあるそうです。

調査の仕方によって、こういった数字は変化しますので、どの説を信じたらよいのかは分かりませんが。

それはともかく妊娠しても、つわりが起きない人が一定数いるのは確かです。

ところで、つわりが起きない人というのは、完全な健康体の人かそれに近い人なのでしょう。

ですから、そういう人は妊娠しても、便秘などの症状が起きにくいのです。

つまり、妊娠していろいろ症状が出る人は、もともと妊娠しなくても症状が出やすい人なのです。

また、つわりによる食生活の変化(食べる量自体が減る)によって便秘になりやすくなると言われていますが、食べる量が少ないからといって、便秘になるわけではありません。

食べる量が多い少ないことが便秘になる原因ではなく、妊娠によって便秘になる人は、元々内臓の働きがあまり良くなく、妊娠という大事業による精神的ストレスによって便秘の症状が出るのでしょう。

便秘解消の対策

便秘解消の対策としては、便秘に効く食べ物、飲み物、薬、体操などの方法があります。

便秘薬を使えば、たまった便を出すことは可能ですが、薬を飲み続ければ便を出す力が弱くなり、ますます便秘がひどくなります。

また、便秘に効果あるとされる体操、ストレッチなどもいろいろなサイトや本などで紹介されていることも多いです。

症状の軽い人でしたらある程度効果も期待できることもあるでしょうが、便秘の状態がひどくなった場合はそれらの体操などではなかなか改善は難しいでしょう。

上記したように妊娠してから便秘になる人は、元々内臓の働きがあまり良くないことが多いですから、便秘の症状を改善するには内臓の働きを良くするようなストレッチなどを行う必要があります。

便秘は過去の怪我、外科手術が原因の場合もある

便秘になる原因として、ストレス、薬の副作用、腸内環境の悪化、水分不足などが言われています。

便秘は骨折、捻挫、脱臼、打撲の影響でなることもある

ですが、他にもあります。

それは、過去の怪我です。

怪我と言うと、骨折、捻挫、脱臼、打撲などがあります。

骨折、捻挫、脱臼、打撲などの怪我と便秘が関係あるのかといわれる人もいると思います。

おおいに関係があるのです。

人間の体は機械と違って部品の寄せ集めではありません。

機械でしたら故障した部分の部品を取り替えれば、元のように調子よく動きます。

ところが、人間の体では、体全体を1つのユニットとして考えると、例えば足首の捻挫をした場合、その捻挫の影響で腸の働きが悪くなって便秘になることもあります。

ある程度の日にちが経てば捻挫の痛みは引きます。

でも捻挫をした部分の痛みが引いたとしても、その部分の組織は硬くなりますので、後々まで体の他の部分に影響を与えるわけです。

過去の怪我以外に外科手術も便秘の原因になることもあります。

僕は整体の仕事をしていますので、いろいろな症状の人を施術してますが、怪我をすることによってその影響で体の各部に不調を訴える人をみてきています。

便秘以外の話ですが、あごの骨を骨折してから坐骨神経痛になったとか、足首の捻挫をしてから猫背になったという例があります。

こういう話をすると、にわかに信じられない人もいるかもしれませんが、現実にそういうこともあります。

それはともかく、便秘がこじれてお腹のマッサージをしたぐらいではなにも変化がない時は、過去の怪我、外科手術などが便秘の原因の可能性もありますので、そちらの方も手をつけないと症状の変化が見られないでしょう。

便秘はマッサージで解消できる?

便秘の時にお腹の部分のマッサージをする人があります。

その方法としては、昔から「“の”の字マッサージ」をすることが多いようです。

腸は、ひらがなの“の”の字の形になっていることから、この「“の”の字マッサージ」が考えられたということです。

その他に、最近は「ねじれ腸マッサージ」「落下腸マッサージ」という方法も考案され、便秘解消のためされているようです。

「ねじれ腸マッサージ」は、言葉のとおり腸がねじれることによって、便のとおりが悪くなって便秘になっている状態を、マッサージすることによって便秘の症状を改善させようとするものです。

「落下腸マッサージ」も、腸が下がることによって便のとおりが悪くなって便秘になっているのを、マッサージによって便秘の症状を改善させる方法です。

「ねじれ腸マッサージ」「落下腸マッサージ」は、ねじれた腸、下がった腸自体を矯正するものではなく、マッサージの刺激によって便秘の症状の改善を促すものです。

腸のねじれ、下がった腸を改善しないと便秘は良くならない

これらのマッサージで便秘の症状を改善させることも可能かもしれませんが、定期的(例えば1日2回とか)にやる必要があります。

定期的にやる必要があるのは、マッサージ自体が腸のねじれ、さがりを矯正することが出来ないからです。

マッサージで腸のねじれ、さがりを矯正することは不可能ではないでしょうが、それができるのはプロのマッサージ師で便秘のことをそうとう研究している人以外には難しいでしょう。

便秘で困っている人は、即効で便を出したいということですから、お腹のマッサージの方法もその目的用になります。それはそれで良いと思います。

ただ、自分でマッサージをしてお腹が痛くなるという人がいますが、そういう人は指や手に力を入れすぎていることが多いと思います。

痛いくらい力を入れて圧さないと効かないと思っているからなのでしょうか。

腸壁は非常に薄くて繊細で、もし憩室が出来ている場合は強い力で圧せば破れてしまうことがありますので危険です。

便秘のことを研究しているマッサージ師の人のお腹のマッサージは、目的が違います。

最終目的は便秘の改善で同じですが、そういう人は今すぐ便を出すようなやり方ではなく、腸の働きを良くする目的にマッサージをします。

そのような目的で腸もみをすれば、ねじれた腸、下がった腸も改善され、結果的に便秘も良くなっていくと思います。

便秘解消のツボ

便秘解消のツボがいろいろ紹介されています。

紹介されているツボを押してみても、なかなか結果が出ないという人も多いと思います。

なぜそうなるのでしょうか?

便秘解消のツボ刺激はツボの場所選びが一番大事

便秘解消にはツボの押し方なども大事なことですが、なんと言ってもツボの場所の選び方が一番大事です。

ツボの刺激の仕方が多少よくなくても、便秘にきくツボをしっかりと選ぶことができれば、だいたい目的を達成することが可能です。

逆に、ツボの刺激の仕方が上手な人でも、的外れなツボを刺激していたらいっこうに効果は出せません。

そのくらい場所が大事だということです。他のサイトではツボについての解説は、押し方、刺激の仕方をくわしく書いているところが多いです。

しかし、まず刺激をするツボの場所が決まらないことには話になりません。

押し方とか刺激の仕方は、場所が決まってからの考えればいいことです。

便秘にきくツボとして

手ー合谷、神門、間使、支溝

足ー厲兌(れいだ)、足の三里、三陰交

腹ー天枢、大巨、中脘、気海

背中ー大腸兪

頭ー百会、風池

などがあります。

便秘に悩んでいる人は、これらのツボ刺激を試したことがあるかもしれません。

しかし、なかなか効果を実感することできずに終わっている人も少なからずいると思います。

上に書いてあるツボは14ヶ所ありますが、各ツボを刺激した時に常に同じ効果を出せるとは限りません。

ツボを選ぶ際の基準として圧痛(つぼを押したときに痛みが走る)、ツボを触った感覚(固い感じ、冷たい感じがするなど)などがあります。

これらのことを基準に効果のあるツボを選ぶわけですが、実際にはかならずしも圧痛、ツボを触った感覚もあまり当てになりません。

効果のあるツボを選ぶことが出来ればツボを触っているだけで体は変わる

便秘になっている時は体を触ると、あちこちが硬くなっています。

例えば、みぞおち、腰、肩、背中などが硬くなっています。

もちろんお腹の部分も硬くなっています。

体のあちこちが硬くなっているわけですが、効果の出るツボ選びに成功すれば、そのツボを実際に押さなくても、指でそのツボに触れるだけでも、体の硬くなっていたところも柔らかくなります。

もちろん指を離せば元に戻りますが。

あとはその選んだツボを上手に刺激すれば、体の硬くなっていたのも柔らかくなり、腸の働きが良くなり便秘の状態も変化していきます。