肩こり、なぜよくならないの?

頻繁にマッサージ屋さんや整体に何年も通っても、なかなか肩こりが良くならないという人も少なくないです。

どうしてでしょうか?

姿勢が悪いから?

長時間同じ姿勢でいたから?

運動不足?

背骨のズレ?

精神的ストレス?

どれも肩こりに関係があるように思えますね。

現にあっちこっちのホームページに、上に挙げたようなことが肩こりの原因だと書いてあることが多いですね。

でも、どれも本当の肩こりの原因とはまったく関係のない事ばかりです。

例えば、長時間同じ姿勢でパソコン作業をしていて、肩こりになったとします。

たまたま同じ姿勢でいることが続いたのと、肩こりが出たのがタイミング的に合っただけです。

肩こりの原因は“気”の流れの滞りにあります

本当の原因は、体の中を流れるエネルギーが関係しています。

エネルギーといっても分かりにくいですね。

エネルギーを別の言葉で表わすと、東洋医学で言われる“気”の流れです。

“気”の流れが滞るために、ツボの部分に体にとって良くないエネルギーがたまります。

その結果、内臓の機能が低下し、筋肉などの軟部組織が緊張してしまって、肩こりという症状が出てくるわけです。

 

図式化すると

“気”の流れの滞り

内蔵機能の低下

筋肉の緊張

肩こり

となります。

肩こりの施術

施術は、“気”の流れの滞りを整える調整を行うと、肩こりは改善に向かいます。

肩こりの施術でマッサージをしたり、背骨などの骨格の矯正をすることが一般的です。

でも、マッサージをして筋肉をほぐしたり骨格の矯正をしても、“気”の流れの滞りが整わないためなかなか肩こりが改善しないのです。

肩をぶつけて腕が痛くて上げにくい

昔近所に住んでいて時々来ていた人が、10数年ぶりに来られました。

10数年前に引っ越していかれてから以来です。

どこが痛いの?と聞いてみると、梯子で足を踏み外して肩をぶつけて腕が痛くて上げにくいという事でした。

仕事で荷物の積み下ろしがあるので、仕事に差し支えるといけないのでということで来られました。

こういった外傷の場合は、先に整形外科に行ってもらうのがいいのですが、それほど症状がひどいわけではないので、うちに来られたのでしょう。

腕の筋肉の損傷で痛みが出ているのですが、当整体院の施術はこういった症状にはどちらかというと強いほうです。

他の整体院ですと、痛みのある腕に対して施術をすることが多いでしょうが、当院では腕に対してはなにもしません。

痛みのある部分に対して調整でなにか手を加えると、痛みを悪化させてしまう危険性があるためです。

筋肉が損傷しているわけですが、手術を要するような損傷は別として基本的には、自然治癒をするのを待つだけです。

ですから、施術では自然治癒を早めるような環境を作るだけです。

悪い姿勢を続けると肩こりの原因になる?

街を歩いていると、時々ひどく体を右か左に傾けて歩いている人を見かけます。

そういう姿勢になったのは、さぞかし悪い姿勢ですごしていたのかなと思われる人もいるかもしれませんが、そういうことはありません。

悪い姿勢と言うと、例えば女性の横座り。

あの横座りの姿勢を長年続けていると、筋肉のバランスに偏りが起きて体の歪みがひどくなり、肩こりの原因になるという見方もあります。

悪い姿勢を続けても体は歪まない

しかし、横すわりを長年続けたとしても、姿勢が傾くわけではありません。

と言うのは、横座りの姿勢を続けていても、しばらくすれば元の姿勢に回復します。

人間の体は、悪い姿勢を続けたところで、体が歪むわけではないのです。

体は、そのように出来ています。

他の施術師の人は、悪い姿勢を続けていると、体の歪みがひどくなるから悪い姿勢を止めなさいと、よく言いますね。

かく言う私も、以前は悪い姿勢を続けていると、体が歪むと思っていました。

と言うのは、整体を習った時にそのように教えられていてなんの疑問も持っていなかったのです。

しかし、今はそのようには思っていません。

体が歪んだりするのは、内蔵の機能の低下が関係していると考えます。

内臓の機能の低下により筋肉が影響を受けて、筋肉のバランスがくずれ、その結果筋肉の緊張が強くなり、肩こりが起きるのです。

歯の噛み合わせが悪いと肩こりになる?

歯の噛み合わせが悪いと、肩こりになると一般的には言われています。

噛みあわせに異常があると、体全体のバランスに影響があるため肩こりなどの原因になるというわけです。

歯の噛みあわせと肩こりは関連性はありません

しかし、そのようなことはありません。

誰でも多かれ少なかれ噛み合わせの異常がありますが、それが原因で肩こりになることはありません。

ですから、歯科医院で治療してもらったとしても肩こりが改善することはありません。

治療をすると、一時的に肩こりの症状が軽くなることはあります。

でも、噛み合わせは、肩こりの原因ではないので、また肩こりの症状がぶり返してきてしまいます。

肩こりの原因は別のところにあります。

他でも書いていますが、東洋医学で言われる“気”(エネルギー)の流れの滞りが原因です。

“気”が滞ると内蔵機能が低下し、内臓と関係のある肩の筋肉が影響を受け肩こりの症状となっています。

“気”の滞りを調整して、内蔵機能を高めていけば内臓と関係のある肩の筋肉の緊張も和らぎ、肩こりの症状も改善の方向へ向かいやすくなります。

体の歪みは肩こりの原因になる?

体の歪みがあると肩こりの原因になると一般的に言われています。

体の歪みによって、血液循環が悪くなったり、神経の働きに影響が出て、肩の周りの筋肉などの組織が硬くなりコリが出るというわけです。

しかし、体の歪みと肩こりとは関連はありません。

体の歪みは

・脚を組んで座る

・ペタンと両脚を開いて座るアヒル座り

・横座り

・寝転んで横向きでテレビを見る

といった普段何気なくしている姿勢などが関係していると言われています。

でも、そういった姿勢によって体が歪むわけではありません。

体の歪みは、内臓の機能の低下が関係しています。

内臓の機能が落ちると、内臓と関連している筋肉などの組織が影響を受けてバランスが悪くなって体の歪みが起きます。

そして、肩こりの症状も内臓の機能低下が関係しています。

ですから、施術は体の歪みを整える調整ではなく、内臓の機能が高まっていくようにすることが重要です。

具体的には、“気”の調整を行っていくことです。

“気”の調整を行っていくと、内臓の機能の低下が是正されて、内臓の影響を受けている筋肉が正常化されていって肩こりの症状も改善の方向に向かいます。

※“気”とは、体を流れるエネルギーのことです。

肩こりのセルフケアのやりすぎは逆効果

肩こりなどで来られる人に、よく聞かれることがあります。

それは、自宅で出来るストレッチや体操など良い方法はないですかということです。

もし、そのようなストレッチや体操などを提案した場合、なんとか症状を少しでも早く良くしたいと思われてストレッチや体操を一生懸命やられます。

一生懸命やられるのはいいのですが、どうしてもやりすぎになってしまうことがあります。

普通ストレッチ・体操をたくさんやると早く良くなるような気がします。

しかし、たくさんやると逆効果になってせっかく肩こりが良くなってきたのに症状が悪化してしまうことがあります。

そういうことにならないようにするため、私はそういうストレッチや体操などを提案することはしていないです。

そのかわりできるかぎり歩いてもらうようにしています。

ただ、歩き方が悪いとかえって悪化することがあります。

手に物をもたず、できるだけ平らな道を歩くこと。

今流行のウォーキングのようにヒジを曲げずに体の横に自然に垂らしたほうが良いです。

歩くスピードは、普通の速さでよいです。

体を鍛えるために歩くわけではないからです。

体のバランスを整えるために歩くわけです。

整体をするのと同じ考え方です。

肩こりは内臓が関係していることが多い

体が柔らかいと、肩こりになりにくいと言われています。

しかし、スポーツやヨガ、クラッシクバレエなどをやっている人は、体が柔らかい人が多いですが、意外と肩こりの人が少なくないのです。

不思議な気がしますね。

本当は一般的に言われていることとは違うのですね。

肩こりは、体が柔らかいとか硬いとかじゃなくて、別のところに原因があるのですね。

肩こりは、外傷を除いてほとんどは内臓が関連して起きています。

ですから、ストレッチをやって体の柔軟性を高めようとしても、肩こりは改善しません。

内臓の機能の低下によって肩の筋肉が影響を受けて肩こりが起きます。

そのようなわけで、やるべきことはストレッチで体の柔軟性を高めることではなく、内臓の機能低下を改善していく必要があるのです。

そして、内臓の機能の低下は、“気”の滞りが関係しています。

“気”は、体を流れるエネルギーのことで、滞りがあると体の働きに影響を及ぼします。

ですから“気”の滞りを整えていく調整をしていく必要があります。

肩こりの調整と言うと、一般的にはストレッチなどの方法や骨の矯正を行います。

しかし、ストレッチや骨の矯正では“気”の滞りを整えていくことは難しいため、内臓の機能も改善しにくいのです。

パソコン作業をすると肩こりになる?

1日中パソコンに向かって仕事をしている人が少なくありません。

その作業のせいで肩こりが起きると言ってる人が多いですね。

確かに長時間作業をしていると、手や指などの筋肉が疲労します。

でも、手にある筋肉が疲労したからといって、肩こりが起きるとは限りません。

というのは、手の筋肉と肩にある筋肉は直接関連がないからです。

一般的には、手の筋肉が疲労すると、肩の筋肉が影響を受けてコリが出るとされています。

しかし、そのようなことはありません。

手の筋肉の影響によるものではなく、内臓が関係しています。

内臓の機能が低下し、肩の部分にある筋肉が影響を受け、その結果肩こりの症状が出ています。

そして、内臓の機能の低下は、“気”の滞りが関連しています。

“気”は、体を流れるエネルギーのことです。

ですから、パソコン作業を長時間するから肩こりが出るわけではないのです。

このような考え方は、古くからあるもので東洋医学の考え方です。

東洋医学では

“気”の滞り → 内臓の機能低下 → 筋肉が影響を受ける → 症状

といった考え方をします。

ですから、“気”の滞りを整える調整をしていけば、症状が改善されていきます。

当整体院では、この考え方を利用して施術しています。

肩こりの関連情報
肩こりでお悩みの方へ

腱板損傷と肩の痛み

肩の腱板とは、肩の関節にくっついている(肩甲下筋(けんこうかきん)、棘上筋(きょくじょうきん)、棘下筋(きょくかきん)、小円筋(しょうえんきん)の4つの筋肉の総称です。

腱板は、肩関節を安定させる役目があります。

そして、肩腱板損傷をするのはスポーツ、事故、肉体労働によることが多いです。

その他、肩の痛みに関係なく50歳以上の4人に1人が腱板損傷があるという調査結果があります。

肩腱板損傷の原因と症状

原因

腱板損傷(断裂)は

・外傷によるもの

・腕の繰り返し動作によるもの

といったものがあります。

外傷による損傷(急性断裂)

スポーツ中の怪我や交通事故などによって腱板に急激に大きな力が加わり損傷が起きます。

腕の繰り返し動作による損傷(変性断裂)

変性断裂は、言ってみれば老化現象が関係していると考えることができます。

それに加えて、腕を繰り返して使うことによって腱板に負担がかかり損傷します。

症状

・肩の運動障害

・運動痛(痛みがあっても肩を挙げることは可能のことが多い)

・夜間痛

などがあります。

当整体院の考え

腱板損傷(断裂)があっても、肩の痛みが出るとは限りません。

何の症状もない人も少なくありません。

年齢と共に体のあちこちが衰えてきます。

腱板損傷(断裂)だけではなく、膝の半月板の損傷、軟骨のすり減り、背骨にある椎間板、靭帯、関節の変形などが起こります。

これらの現象は、老化現象です。

整形外科では、これらの老化現象は、痛みが出る原因になると言っています。

仮に、老化現象によって痛みが出るとしたら、矛盾が生じてきます。

というのは、常時痛みが出るわけではないからです。

また、温めたり、冷やしたりすると痛みが消えたりしますので理屈に合いません。

当整体院では、別の原因で痛みが出ていると考えています。

その原因は、内臓の影響です。

内臓は、筋肉と関連がありますので、内臓の機能が低下するとその影響で筋肉の緊張が強くなり痛みなどにつながります。

肩腱板損傷の対処

病院での対処

病院では、保存療法と手術療法で対処します。

・消炎鎮痛剤などの薬物療法

・ステロイド薬やヒアルロン酸などの注射

・手術

当整体院での対処

上記したように、腱板損傷による肩の痛みは、内臓の機能低下の影響によるものです。

内臓の機能低下は、東洋医学で言われる“気”というエネルギーの滞りが関係しています。

ですから、当整体院では“気”の滞りを整える調整を行って肩の痛みに対応しております。

冷房は肩こりに関係ある?

肩こりの原因の一つとして、冷房が関係しているとされています。

冷房によって肩こりになるのは

冷房

僧帽筋などの筋肉が緊張して硬くなる

肩の周りの血液の循環が悪くなる

酸素や栄養が末端まで行かない

疲労物質が蓄積

肩こり

といったメカニズムがあるそうです。

でも、冷房と肩こりは直接の関係はありません。

外傷を除いて、肩こりの原因のほとんどが内臓が関係しています。

内臓の機能が低下し、その結果筋肉が影響を受け緊張が強くなり肩こりとなっています。

そして、内臓の機能低下は、“気”という体を流れるエネルギーの滞りが影響しています。

“気”は、体を流れるエネルギーのことを言います。

これは東洋医学の考え方で、西洋医学には存在しないものです。

医師の方に、肩こりに“気”の滞りが関係していると話をすれば、たいがい「なにそれ?」という顔をされるでしょう。

また、一般の人もこういった考え方に否定的なことも少なくないです。

でも、鍼灸、太極拳、ヨガなどは、元々“気”の滞りを整えて健康を増進させるもので、何千年もやられているものです。

ただ、“気”の滞りを整える調整もやり方によって結果が違ってきます。