ぽっこりお腹と大腰筋の調整

ポッコリお腹は、やせていても太っていてもお腹だけがポッコリと飛び出た状態です。

やせている人はそれほど目立ちませんが、太っている人はお腹周りにたくさん肉がついていますので、よけい目立ちます。

女性の場合は、やせていてもお腹だけがポッコリ出ていると、スタイル的に気になりますので、なんとかしたいと思っている人が多いと思います。

大腰筋だけ調整してもぽっこりお腹は変わらない

ぽっこりお腹は、いろいろ言われているように骨盤が前傾(前に傾く)して反り腰の姿勢になっているのが原因です。

そして、骨盤が前傾する原因は、大腰筋の緊張によるものです。

大腰筋が緊張して骨盤全体が前に引っ張られますので自然にお腹が前に突き出た姿勢になります。

ですから、お腹が前に突き出た姿勢を改善させるには大腰筋の緊張を緩めてあげればよいわけです。

ただ、大腰筋の緊張を緩めるといっても大腰筋だけを緩めるのは、非常に難しいです。

と言うのは、大腰筋は俗に言うインナーマッスルだからです。

インナーマッスルというのは、体の奥にある筋肉のことです。

体の奥にあるインナーマッスルは、直接触れることが出来ませんので調整するのが難しいわけです。

そのようなわけで、どうしても大腰筋の調整は、エクササイズ的な方法になりがちですので調整しても、すぐに元の状態に戻ってしまいます。

整体院で骨盤矯正をやるにしても、上記したように理由からなかなか思うように、目的を達成出来ないところが多いようです。

そして、大腰筋の調整をしても、元の状態に戻ってしまう要因は、他にもあります。

それは、大腰筋を緊張させる要因が、全身に存在するからです。

その要因を調整して初めて大腰筋が調整されて、骨盤の前傾が良くなってぽっこりお腹が改善されます。

反り腰は筋肉、筋力がないから?

反り腰は、筋肉、筋力がないからだと思っていませんか?

そんなことはありません。

スポーツ選手で筋力がある人でも、反り腰の人はたくさんいます。

例えば、力士(相撲取り)。

力士の人は反り腰でお腹がぽっこりの人がいます。

力士になるくらいですから、筋力がないはずはありません。

もし筋力がなければ、まず力士にはなれません。

筋力があるから、力士になっているわけです。

反り腰は筋力ではなく筋肉のバランスが悪いだけ

結論を言えば、筋肉、筋力がないから反り腰の姿勢になっているわけでありません。

筋肉のバランスが悪いから、反り腰の姿勢になっているということです。

では、どこの筋肉のバランスが悪いのでしょうか?

腹筋と背筋のバランスが悪いからです。

と言って、一生懸命腹筋、背筋運動や筋トレをやったとしても、反り腰の姿勢は良くなりません。

腹筋、背筋のバランスが取れるようなことをしなければ、反り腰の姿勢は良くなりません。

また、直接腹筋、背筋を調整するだけでも、反り腰の姿勢は変わりません。

ただし、一時的には反り腰が改善したようには見えます。

しかし、あくまでも一時的改善です。

反り腰の姿勢を本当に矯正するには、全身の筋肉のバランスが取れるような調整が必要なのです。

そうすれば、腹筋と背筋のバランスが調整され、結果的に反り腰も改善されていきます。

反り腰は、歩き方、立ち方、体操では改善しない

反り腰の矯正を謳っている整体院が多いです。

ですが、本当に反り腰を改善させる技術を持った人は、ほとんどいないでしょう。

なぜなら、反り腰の矯正が出来ると謳っておきながら、歩き方、立ち方、体操を指導している所が多いからです。

はっきり言えば、施術を行った後に歩き方、立ち方を意識したり、体操を行ったりしたからといって、反り腰は改善するようなことはありません。

確かに、そのようなことを行えば、一時的に反り腰が改善したようにみえます。

でも、すぐに戻ってしまいます。

すぐ戻ってしまいますから、どれだけそのようなことを続けたとしても、反り腰が改善していくようなことはないです。

反り腰が改善するには特殊な技術が必要

もし、反り腰を改善させる技術があれば、そのような指導など必要ありません。

技術がないから、整体の施術後にそういったことを教えているわけです。

整体の施術をした後に、筋肉に正しい癖をつけるためには、歩き方、立ち方などを意識したり、体操をしたりしないと反り腰は改善しないと説明されます。

ですが、そのようなことはありません。

当整体院では、一切歩き方、立ち方などをお教えするようなことはいたしませんが、整体技術だけで十分に反り腰は改善しています。

もちろん、すべての人が改善するわけではありません。

反り腰とお腹

反り腰が原因でお腹が前に突き出た姿勢、いわゆるぽっこりお腹は大腰筋をエクササイズすれば解消されると、紹介されているサイトが多く存在します。

本当なのでしょうか?

知らない人はその情報を信じて、一生懸命大腰筋エクササイズに励みます。

しかし、結果はまったく出ないと思います。

なぜでしょうか?

私は、筋肉を調整する方法をいろいろ研究しました。

しかし、どんなに頑張って工夫を加えても、思わしい結果が出ませんでした。

筋肉を緩めてもぽっこりお腹は変わらない

で、最終的に思ったのは、筋肉をエクササイズやストレッチをして調整しても、一時的に筋肉の緊張が取れるだけで時間が経つと、元の状態に戻ってしまうということです。

そのような結果しか出ないのでは、姿勢の改善など到底無理です。

実は、体の一部の筋肉を調整のために、いろいろエクササイズやストレッチをしても、すぐに元の状態に戻ってしまいます。

筋肉を調整して、反り腰を良くしてお腹のポッコリ状態を改善させるには、全身のすべての筋肉を調整する必要があります。

人間の筋肉の数は、大小合わせて600以上あります。

その600以上ある筋肉のすべて残らず調整しないと、反り腰を良くして、お腹のポッコリ状態を改善することはできません。

表面にある筋肉でしたら、なんとか調整可能かもしれませんが、体の奥にある筋肉を調整することは、実質上不可能です。

ですから、いろいろなサイトで紹介されている、いわゆる情報商材のマニュアルでは、問題の解決にはなりません。

でも、心配は要りません。

ちゃんと反り腰を良くして、ぽっこりお腹の状態を改善する方法があります。

その方法は、筋肉を調整する方法ではありません。

筋肉を調整する方法ですと、全身の筋肉を調整するしか手はありませんが、この方法は、筋肉に働きかけるのではなく、筋肉以外のものに働きかけるから、反り腰を良くして、ポッコリお腹の状態を改善出来るわけなのです。

大腰筋エクササイズをやってもスタイルは変わらない

ある程度の年齢になってくると、スタイルを気にされる人が多くなってきます。

特に女性の場合はその傾向が強いようです。

そこで「大腰筋」という筋肉が注目されて、大腰筋のストレッチなどのエクササイズが行う人が多いです。

しかし、大腰筋エクササイズを行って大腰筋を鍛えてもスタイルが変わるわけではありません。

特に「ぽっこりお腹」に代表される骨盤の前傾は、大腰筋だけを鍛えてもほとんど変化はありません。

ネットの情報では大腰筋の筋力が衰えたから、骨盤が前傾するとされていることが多いです。

しかし、そうではありません。

骨盤が前傾するのは、直接的には骨盤の前後に付着している下肢の筋肉や腰部、腹部の筋肉のバランスのくずれによるものです。

もちろん、「大腰筋」も含まれます。

ですから、上記した筋肉のバランスのくずれを正していかなければ、骨盤の前傾の状態は変化していきません。

でもそれだけでは、不十分です。

間接的に骨盤の前傾に関係している骨盤部以外の筋肉もバランスをとる必要があります。

骨盤の前傾に関係する筋肉は、骨盤周りにある筋肉だけではありません。

全身にあります。

全身にありますから、それらの筋肉も調整していかないと、元に戻ってしまいます。

元の状態に戻っても、継続して体操・トレーニング・エクササイズを続ければ、徐々に骨盤は良い状態になって、骨盤前傾も解消されていくという意見もあります。

でも最初が駄目でしたら、何百回、何千回と体操・トレーニング・エクササイズに励んでも骨盤の前傾は良くなりません。

それから、大腰筋エクササイズを行って、大腰筋を「鍛える」ことによって大腰筋の筋力が強化され、骨盤の前傾が改善されると考えている人が多いです。

でもそのようなことはありません。

その理由は、筋力をつけることと、筋肉のバランスをとることはまったく違うからです。

筋肉を鍛えることは、筋肉に負荷をかけます。

筋肉に負荷をかけると、筋肉が肥大します。

体全体の筋肉をまんべんなく鍛えることが出来ればいいのですが、そのようなことは不可能です。

そうなると、肥大した筋肉とそうでない筋肉がでてきます。

その結果、体のバランスがくずれてしまいます。

体のバランスがくずれるということは、骨盤の前傾がさらに進行することを意味します。

それではなんのためのエクササイズがわからなくなってしまいます。

ですから、体のスタイルのくずれを戻すには、筋肉を鍛えるのではなく、筋肉のバランスをとることが大事なのです。

ぽっこりお腹は、大腰筋の衰えが原因ではない

ぽっこりお腹は、大腰筋が衰えているのが原因なので、エクササイズなどによって大腰筋を鍛えれば、骨盤が矯正されてポッコリお腹が改善されますという表現をしているサイトが目立ちます。

本当なのでしょうか?

ぽっこりお腹は大腰筋の緊張が原因

実は、ぽっこりお腹は大腰筋の衰えが原因などではなく、大腰筋の緊張が原因なのです。

大腰筋の衰えと大腰筋の緊張では、筋肉の状態はまったく逆になっています。

大腰筋の衰えとは、例えればゴムが伸びきったような状態です。

そして、大腰筋の緊張は、縮んだ状態になっています。

大腰筋が伸びた状態と縮んだ状態では、まったく逆の状態になっていますから、当然大腰筋を調整の仕方が違ってきます。

そのあたりのことを理解して、調整を行わないと調整したことがまったくの無駄に終わってしまいます。

大腰筋エクササイズをすると、ぽっこりお腹が良くなるの?

私が行っている整体法で体を調整すると、大腰筋が調整されて骨盤の前傾(前に傾く)も改善され、ぽっこりお腹もかなり是正されます。

しかもそれが持続されます。

よくあるエクササイズ、整体法のように一時的な効果しかないということはありません。

でも残念なことに、大腰筋が調整されても、ぽっこりお腹を完全に良くすることは出来ません。

私の行っている整体法で、ポッコリお腹の状態はある程度は改善できます。

ぽっこりお腹を完全にするにはダイエットが必要

しかし、完全ではないのです。

なぜかと言いますと、お腹の周りに余分な肉がついている人は、それを取り去らないことには、完全にお腹ぽっこりが良くなったとは言えないからです。

それをするにはダイエットをする必要があります。

ダイエットは長期的に

しかし、大腰筋エクササイズを行うだけではダイエットは出来ません。

大腰筋エクササイズをやると、ダイエット出来ると謳っているサイトがありますが、大腰筋が調整されても、残念ながらダイエット効果はまったくありません。

大腰筋エクササイズをやると、ダイエット出来ると謳っているのは、誇大広告ですから信用してはいけません。

ダイエットは、そんなお手軽ことでは実現できません。

短期間にダイエットをしようとして、リバウンドする人が多くいます。

リバウンドだけなら良いのですが、よけいに太ってしまったという人が多くいます。

ですから、ダイエットをして、お腹ポッコリを完全に良くするには、長期計画でダイエットをするしかないと思います。

いろいろ情報が出回っていますので、ご存知の方も多いと思いますが、短期間にダイエットをするとリバウンドしてしまうのは、体が恒常性を保とうとしているからだと考えられます。

ですから、ダイエットを成功させるには、変な表現になりますが体との騙しあいになると思います。

長期計画(数年計画)でダイエットを成功させるには、少しずつ食事の量を減らしていくしかありません。

短期間のうちに食事の量を減らせば、必ずリバウンドします。

ですから、ダイエットを成功させるには根気がいる作業だと考えています。

これは、体型がポッチャリ体型の人の話です。

やせていて、お腹だけポッコリという人は、骨格の問題でお腹が出っ張っているわけですから骨格が調整されれば、ほぼお腹ポッコリは、解消されます。

そして、やせていてもお腹だけポッコリが、便秘が原因のこともあります。

軽い便秘でしたら、骨格が調整されれば、便秘も良くなりますので、ポッコリお腹も割りに早く解消されると思いますが、便秘の状態が慢性化してひどい場合は、骨格を調整しても便秘が解消されるまである程度の期間がかかります。

そういう方も、骨格を調整すれば、ある程度ポッコリお腹も改善されていきますがどうしても、便秘が解消されないと、お腹が膨らみます。

でも、何もしないよりも、通じの具合が変わりますので、お腹が膨らむ回数も減っていきます。

反り腰は徐々にひどくなっていく

町を歩いていると、たまにお年寄りの人ですごい反り腰の人を見かけます。

ひざを大きく曲げ腰を前に突き出し、背中は丸くなり、あごを突き出した格好で歩いていらっしゃいます。

こういう格好で歩いているお年寄りも、若い時からこんな姿勢ではなかったはずです。

大きな病気をされたか、怪我などで痛みなどの症状をかばううちに、少しずつそのような姿勢になったのでしょう。

すごい反り腰の姿勢であっても、多少症状があってもそんなに激痛はないかもしれません。

反り腰のひどい状態が固定されると良くなるためには時間がかかる

痛みなどの症状が原因で姿勢が悪くなるのは、ある意味体の正常な反応です。

痛みなどの症状から逃れるために姿勢が悪くなってしまったわけです。

病気や怪我が治って症状がなくなると、普通はほぼ病気や怪我をする前の姿勢に戻ります。

例えば、ひどいぎっくり腰を起こした時などは、若い人でも一時的にお年寄りのように腰が曲がることがあります。

腰の痛みが治まれば元の良い状態の姿勢に戻ります。

しかし、悪い姿勢が元に戻らずそのまま固定されてしまうことがあります。

そして、悪い姿勢が固定されてしまうと、内臓が圧迫され働きが悪くなるため、病気になりやすくなります。

また、体がゆがんでいますので、エネルギー効率が悪く、そんなに働きすぎているわけではないのに、疲れやすくなったり、疲れが取れにくくなります。

このような状態が続くと、体はまたそれをカバーするために体は曲がっていきます。

そして、以前よりさらに疲れやすくなったり、疲れが取れにくくなります。

それをカバーするために、一層からだが曲がっていくという悪循環になっていきます。

そうなるとかなり体がゆがんで曲がっていますので、体を調整するにしても、時間がかかってしまいます。

この悪循環を断つためには、できるだけ早めに体の調整を行って行くことが大切です。

ウォーキングで反り腰が改善する?

反り腰を改善しようとして、ウォーキングをやって腰を痛める人がいます。

では、なぜ腰を痛めてしまうのでしょうか?

それは、反り腰になる原因をしっかり理解せずに、ウォーキングをやったのが原因かと思われます。

一般にやられているウォーキングは、反り腰などの姿勢を矯正しようとして、体の一部分に無駄な力を入れてしまっています。

体の一部分に無駄な力を入れると、その部分の筋肉が緊張してしまって痛みなどの原因になり、余計姿勢のバランスがくずれ反り腰がひどくなってしまいます。

それでは、筋肉に負担をかけずに歩くにはどうしたよいのでしょうか?

それは、体のどこにも無駄な力が入っていない、自然な姿勢で歩くのが一番かと思います。

自然な姿勢で歩くと言うのは、反り腰になっていても、あえてそれを矯正しようという意識を持たずに歩くことです。

そうすれば、筋肉に適切な刺激が加わり、筋肉の緊張のバランスがとれてきて、自然に姿勢も改善していきます。

ストレッチポールを使ってエクササイズをすると、反り腰が改善される?

ストレッチポールを使ってエクササイズをすると、反り腰が改善されるということです。

本当なのでしょうか?

確かに、ストレッチポールを使ってエクササイズをすると、全身の筋肉はほぐれます。

そして、全身の筋肉がほぐれると、腰痛、肩こりなどの症状も緩和するでしょう。

ストレッチポールで腰痛は改善しても、反り腰は変わらない

しかし、全身の筋肉がほぐれて、腰痛、肩こりなどの症状が緩和したからと言って、反り腰が改善されるかどうかは、また別の話です。

ストレッチポール以外の器具を使ったエクササイズ、整体、カイロプラクティック、オステオパシー、按摩、マッサージ、鍼灸などを行って、腰痛、肩こりなど症状が緩和したとしても、反り腰などの姿勢の改善が出来ないことは多いです。

反り腰が改善されたように見えても、効果が一時的ということがほとんどです。

私も、いろいろ整体の調整法を研究し、腰痛、肩こりの緩和が出来ることはありましたが、本当に反り腰などの姿勢を改善できる方法に出合ったことがありません。

反り腰などの姿勢を改善させるには、特別なテクニックが必要なのです。

でも、ストレッチポールを使ったエクササイズを否定するものではありません。

ストレッチポールを使ったエクササイズを行えば、全身の筋肉がほぐれるわけですから、腰痛、肩こりなどの症状緩和が期待できます。

でも、ストレッチポールを使ったエクササイズでは、反り腰などの姿勢の改善は期待できませんから、あまり過度な期待は禁物です。