ぽっこりお腹と大腰筋の調整

ポッコリお腹は、やせていても太っていてもお腹だけがポッコリと飛び出た状態です。

やせている人はそれほど目立ちませんが、太っている人はお腹周りにたくさん肉がついていますので、よけい目立ちます。

女性の場合は、やせていてもお腹だけがポッコリ出ていると、スタイル的に気になりますので、なんとかしたいと思っている人が多いと思います。

大腰筋だけ調整してもぽっこりお腹は変わらない

ぽっこりお腹は、いろいろ言われているように骨盤が前傾(前に傾く)して反り腰の姿勢になっているのが原因です。

そして、骨盤が前傾する原因は、大腰筋の緊張によるものです。

大腰筋が緊張して骨盤全体が前に引っ張られますので自然にお腹が前に突き出た姿勢になります。

ですから、お腹が前に突き出た姿勢を改善させるには大腰筋の緊張を緩めてあげればよいわけです。

ただ、大腰筋の緊張を緩めるといっても大腰筋だけを緩めるのは、非常に難しいです。

と言うのは、大腰筋は俗に言うインナーマッスルだからです。

インナーマッスルというのは、体の奥にある筋肉のことです。

体の奥にあるインナーマッスルは、直接触れることが出来ませんので調整するのが難しいわけです。

そのようなわけで、どうしても大腰筋の調整は、エクササイズ的な方法になりがちですので調整しても、すぐに元の状態に戻ってしまいます。

整体院で骨盤矯正をやるにしても、上記したように理由からなかなか思うように、目的を達成出来ないところが多いようです。

そして、大腰筋の調整をしても、元の状態に戻ってしまう要因は、他にもあります。

それは、大腰筋を緊張させる要因が、全身に存在するからです。

その要因を調整して初めて大腰筋が調整されて、骨盤の前傾が良くなってぽっこりお腹が改善されます。

反り腰は筋肉、筋力がないから?

反り腰は、筋肉、筋力がないからだと思っていませんか?

そんなことはありません。

スポーツ選手で筋力がある人でも、反り腰の人はたくさんいます。

例えば、力士(相撲取り)。

力士の人は反り腰でお腹がぽっこりの人がいます。

力士になるくらいですから、筋力がないはずはありません。

もし筋力がなければ、まず力士にはなれません。

筋力があるから、力士になっているわけです。

反り腰は筋力ではなく筋肉のバランスが悪いだけ

結論を言えば、筋肉、筋力がないから反り腰の姿勢になっているわけでありません。

筋肉のバランスが悪いから、反り腰の姿勢になっているということです。

では、どこの筋肉のバランスが悪いのでしょうか?

腹筋と背筋のバランスが悪いからです。

と言って、一生懸命腹筋、背筋運動や筋トレをやったとしても、反り腰の姿勢は良くなりません。

腹筋、背筋のバランスが取れるようなことをしなければ、反り腰の姿勢は良くなりません。

また、直接腹筋、背筋を調整するだけでも、反り腰の姿勢は変わりません。

ただし、一時的には反り腰が改善したようには見えます。

しかし、あくまでも一時的改善です。

反り腰の姿勢を本当に矯正するには、全身の筋肉のバランスが取れるような調整が必要なのです。

そうすれば、腹筋と背筋のバランスが調整され、結果的に反り腰も改善されていきます。

反り腰は、歩き方、立ち方、体操では改善しない

反り腰の矯正を謳っている整体院が多いです。

ですが、本当に反り腰を改善させる技術を持った人は、ほとんどいないでしょう。

なぜなら、反り腰の矯正が出来ると謳っておきながら、歩き方、立ち方、体操を指導している所が多いからです。

はっきり言えば、施術を行った後に歩き方、立ち方を意識したり、体操を行ったりしたからといって、反り腰は改善するようなことはありません。

確かに、そのようなことを行えば、一時的に反り腰が改善したようにみえます。

でも、すぐに戻ってしまいます。

すぐ戻ってしまいますから、どれだけそのようなことを続けたとしても、反り腰が改善していくようなことはないです。

反り腰が改善するには特殊な技術が必要

もし、反り腰を改善させる技術があれば、そのような指導など必要ありません。

技術がないから、整体の施術後にそういったことを教えているわけです。

整体の施術をした後に、筋肉に正しい癖をつけるためには、歩き方、立ち方などを意識したり、体操をしたりしないと反り腰は改善しないと説明されます。

ですが、そのようなことはありません。

当整体院では、一切歩き方、立ち方などをお教えするようなことはいたしませんが、整体技術だけで十分に反り腰は改善しています。

もちろん、すべての人が改善するわけではありません。

反り腰とお腹

反り腰が原因でお腹が前に突き出た姿勢、いわゆるぽっこりお腹は大腰筋をエクササイズすれば解消されると、紹介されているサイトが多く存在します。

本当なのでしょうか?

知らない人はその情報を信じて、一生懸命大腰筋エクササイズに励みます。

しかし、結果はまったく出ないと思います。

なぜでしょうか?

私は、筋肉を調整する方法をいろいろ研究しました。

しかし、どんなに頑張って工夫を加えても、思わしい結果が出ませんでした。

筋肉を緩めてもぽっこりお腹は変わらない

で、最終的に思ったのは、筋肉をエクササイズやストレッチをして調整しても、一時的に筋肉の緊張が取れるだけで時間が経つと、元の状態に戻ってしまうということです。

そのような結果しか出ないのでは、姿勢の改善など到底無理です。

実は、体の一部の筋肉を調整のために、いろいろエクササイズやストレッチをしても、すぐに元の状態に戻ってしまいます。

筋肉を調整して、反り腰を良くしてお腹のポッコリ状態を改善させるには、全身のすべての筋肉を調整する必要があります。

人間の筋肉の数は、大小合わせて600以上あります。

その600以上ある筋肉のすべて残らず調整しないと、反り腰を良くして、お腹のポッコリ状態を改善することはできません。

表面にある筋肉でしたら、なんとか調整可能かもしれませんが、体の奥にある筋肉を調整することは、実質上不可能です。

ですから、いろいろなサイトで紹介されている、いわゆる情報商材のマニュアルでは、問題の解決にはなりません。

でも、心配は要りません。

ちゃんと反り腰を良くして、ぽっこりお腹の状態を改善する方法があります。

その方法は、筋肉を調整する方法ではありません。

筋肉を調整する方法ですと、全身の筋肉を調整するしか手はありませんが、この方法は、筋肉に働きかけるのではなく、筋肉以外のものに働きかけるから、反り腰を良くして、ポッコリお腹の状態を改善出来るわけなのです。

大腰筋エクササイズをやってもスタイルは変わらない

ある程度の年齢になってくると、スタイルを気にされる人が多くなってきます。

特に女性の場合はその傾向が強いようです。

そこで「大腰筋」という筋肉が注目されて、大腰筋のストレッチなどのエクササイズが行う人が多いです。

しかし、大腰筋エクササイズを行って大腰筋を鍛えてもスタイルが変わるわけではありません。

特に「ぽっこりお腹」に代表される骨盤の前傾は、大腰筋だけを鍛えてもほとんど変化はありません。

ネットの情報では大腰筋の筋力が衰えたから、骨盤が前傾するとされていることが多いです。

しかし、そうではありません。

骨盤が前傾するのは、直接的には骨盤の前後に付着している下肢の筋肉や腰部、腹部の筋肉のバランスのくずれによるものです。

もちろん、「大腰筋」も含まれます。

ですから、上記した筋肉のバランスのくずれを正していかなければ、骨盤の前傾の状態は変化していきません。

でもそれだけでは、不十分です。

間接的に骨盤の前傾に関係している骨盤部以外の筋肉もバランスをとる必要があります。

骨盤の前傾に関係する筋肉は、骨盤周りにある筋肉だけではありません。

全身にあります。

全身にありますから、それらの筋肉も調整していかないと、元に戻ってしまいます。

元の状態に戻っても、継続して体操・トレーニング・エクササイズを続ければ、徐々に骨盤は良い状態になって、骨盤前傾も解消されていくという意見もあります。

でも最初が駄目でしたら、何百回、何千回と体操・トレーニング・エクササイズに励んでも骨盤の前傾は良くなりません。

それから、大腰筋エクササイズを行って、大腰筋を「鍛える」ことによって大腰筋の筋力が強化され、骨盤の前傾が改善されると考えている人が多いです。

でもそのようなことはありません。

その理由は、筋力をつけることと、筋肉のバランスをとることはまったく違うからです。

筋肉を鍛えることは、筋肉に負荷をかけます。

筋肉に負荷をかけると、筋肉が肥大します。

体全体の筋肉をまんべんなく鍛えることが出来ればいいのですが、そのようなことは不可能です。

そうなると、肥大した筋肉とそうでない筋肉がでてきます。

その結果、体のバランスがくずれてしまいます。

体のバランスがくずれるということは、骨盤の前傾がさらに進行することを意味します。

それではなんのためのエクササイズがわからなくなってしまいます。

ですから、体のスタイルのくずれを戻すには、筋肉を鍛えるのではなく、筋肉のバランスをとることが大事なのです。