寝方が悪いと腰痛を悪化させる原因になる?

寝方が悪いと腰痛を悪化させる原因になると言われています。

例えば、反り腰の姿勢になっている人。

反り腰とは、背中の部分が後ろに傾いている姿勢をさします。

そして、反り腰になっている人が仰向けの姿勢で寝た場合、腰に負担がかかるため痛みが悪化するというわけです。

しかし、仰向けに寝たとしても腰の痛みが出ることがあるかもしれませんが、悪化することはありません。

なぜなら、仰向けの姿勢で寝るから腰痛が出るわけではないからです。

仰向けで腰が痛くなるのはきっかけであって、原因は別のところにあります。

内臓の機能が低下することによって、腰の部分の筋肉が影響を受けていて、仰向けの姿勢というきっかけが加わって結果的に腰痛が出ています。

そして、内臓の機能の低下は、“気”の滞りが関連しています。

“気”は、体を流れるエネルギーのことで東洋医学の考え方です。

東洋医学では

“気”が滞る → 内臓の機能の低下 → 筋肉が影響を受ける → 腰などの痛みが出る

と考えます。

ですから、仰向けで寝ていても内臓の機能が低下していなければ、腰痛が出ないわけです。

よって、寝る時の姿勢が腰痛の悪化させる原因とはならないのです。

腰痛関連情報
腰痛でお困りの方

ほとんどの腰痛は筋肉には原因はありません

腰痛で整体、マッサージを受けると、施術者は筋肉を調整して緊張を緩和しようとします。

腰痛などの症状は筋肉などに出ますので、筋肉に原因があると考えているのでしょう。

例えば、スポーツや仕事などで腰をひねって筋肉の繊維を痛めたというような場合は、筋肉を調整すれば症状に変化はあります。

しかし、筋肉の繊維を痛めて腰痛になることはそれほど多くありません。

ほとんどの場合は、内臓が関連した腰痛です。

外傷以外は、筋肉には痛みの原因はありません。

ただ腰の部分の筋肉に痛みが出ているだけです。

特に慢性化している腰痛は、内臓が関連していることが多いのです。

内臓が関連した症状の場合は、筋肉を調整しても一時的に楽になるだけで良くなっていくことは少ないです。

ですから、筋肉を調整するのではなく、“気”の調整をする必要があります。

“気”とは、体を流れるエネルギーのことです。

“気”の調整は、筋肉を調整する施術になれた人には物足らないかもしれません。

と言うのは、気持ちよさといったものがないからです。

でも、気持ちよさで腰の痛みが改善されていけばいいですが、実際には改善されにくいです。

“気”の調整をする必要があるのは、“気”の滞りによって内臓の機能が低下し、その結果筋肉が影響されて痛みが出ているからなのです。

腰痛が出るしくみ

気の滞り

内臓の機能低下

腰の筋肉が影響を受ける

腰の痛み

ぎっくり腰が長引くのはなぜ?

腰を痛めて歩くのも苦労するくらいの状態でも、普通は1週間くらいすれば、痛みも消えて普通の生活に戻れます。

ところが、ひどい痛みはなくなっても、鈍痛が何ヶ月も続いていてなかなか痛みが引かない場合があります。

ぎっくり腰は、普通腰の筋肉、筋膜などの微小な損傷によるものとされています。

こういった腰痛は、筋・筋膜性腰痛と呼ばれています。

筋肉、筋膜などの損傷は、数日から長くても数週間くらいでほぼ修復されます。

ですから、筋肉、筋膜などの損傷が修復されれば、痛みが引くはずです。

長引くぎっくり腰は内臓が関係しています

でも、何ヶ月も鈍痛が続いている時や足の痛み、しびれが伴う場合は、他の原因で腰痛の症状が出ていると考えられます。

そのような症状の場合、一般的には腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離・すべり症、脊柱管狭窄症などの骨の異常が原因だとされることもあります。

骨の異常で神経が圧迫され、痛み、しびれなどが出ているというわけです。

でも私は、骨の異常による神経圧迫は関係してないと考えています。

内臓が関係するぎっくり腰のしくみ

“気”の滞り

内臓の機能低下

内臓と関連する筋肉の緊張が強くなる

腰痛

私が原因だと思っているのは、内臓からの影響です。

筋肉は、内臓と関連があるため、内臓の機能が低下すると、筋肉が影響を受けて、過緊張し、腰の痛みにつながります。

当整体院にも、ぎっくり腰をやって他の整体の施術を受けるも、鈍痛がなかなか取れなくて困っている人が来られます。

施術を受けても痛みが解消しないのは、筋肉を調整したり、背骨、骨盤の調整を中心にして施術をしたからでしょう。

内臓が関連する腰痛は、そのような施術では改善は難しいです。

そのような場合は、東洋医学でよく言われる“気”の調整をしていけば、改善しやすくなります。

ぎっくり腰Q&A

.ぎっくり腰の時は湿布などで冷やせば痛みはやわらいでいきますか?

.筋肉、筋膜を損傷して痛みが出るいわゆる筋・筋膜性腰痛の場合、痛みのある部分に炎症が起きますので、湿布などで冷やすと炎症が早く引く可能性はあります。

しかし、ぎっくり腰は、筋・筋膜性腰痛の症状だけではありません。

内臓が関連したぎっくり腰も多いです。

内臓が関連したぎっくり腰の場合は、筋・筋膜性腰痛のぎっくり腰のように炎症は起きませんので、湿布を貼っても意味がありません。

ですから、湿布を貼って冷やしても必ずしも痛みがやわらぐことがないのです。

.ぎっくり腰を予防できますか?

.上でも書きましたが、ぎっくり腰は基本的に内臓が関係しています。

そして、外傷による腰痛も内臓が絡んでいます。

内蔵の機能が低下すれば、再度ぎっくり腰になる可能性があります。

ですから、日常の動作に注意して腰に負担がかからないようにしていても予防することは難しいのです。

スポーツによる腰痛の原因は?

野球、サッカーなどのスポーツを楽しんでいる人が多いですが、プレーや練習によって腰を痛めてしまうこともあります。

スポーツによる腰痛の原因として

・腰をひねって筋肉を痛めた(筋・筋膜性腰痛)

・腰骨の疲労骨折(腰椎分離症)

・腰の骨の関節のズレ(椎間関節捻挫)

などのことが指摘されています。

当整体院の考え方

腰をひねって筋肉を痛めた場合や椎間関節捻挫の場合、外傷によって腰痛が出ているように一見思われます。

しかし、本当は別の原因で痛みが出ています。

また、腰骨の疲労骨折(腰椎分離症)の場合も同じく別の原因によるものです。

その原因は、内臓からの影響によるものです。

内臓の機能が低下して、筋肉の緊張が強くなることにより硬くなり、腰の痛みが出ています。

そして、内臓の機能低下は、“気”という体を流れるエネルギーの滞りが関係しています。

ですから、筋肉や骨には腰痛の原因となるものはないわけです。

腰痛の対処

腰痛の対処は、骨格の矯正、ストレッチなどによる筋肉の調整、テーピング、アイシング、痛み止めの薬などが一般的な方法です。

これらの方法は、症状に対するもので対症療法になります。

対症療法は、即効性はありますが持続性に欠けるため腰痛は改善しにくくなります。

上記したように、エネルギーの滞りによって内臓の機能低下が起き腰痛が出ていますので、エネルギーの滞りを整えていく必要があります。

凝っている部分が必ずしも腰痛の原因とは限りません

腰痛の人がマッサージへ行くと、たいがい凝っている部分をほぐして調整してくれます。

そして、筋肉の緊張が緩和して凝りがほぐれてくると、腰が楽になります。

凝っている部分は、押すと痛みが出ますので圧痛点と呼んでいます。

圧痛点は、たいがいの場合ツボの部分です。

圧痛点の部分は、硬くなって緊張していますが、指などで調整すると、緊張がやわらぎますので押しても痛みが消えたり軽減します。

しかし、コリが緩和して腰が楽になっても一時的なことが多いです。

そして、しばらくするとまた腰が痛くなります。

腰痛の原因は全身にある

マッサージに何年も通っていて、なかなか腰痛が良くならないのは、腰痛の原因ではない部分の凝りを調整してもらっているからなのですね。

そういう人は多いです。

腰痛の原因は、腰にあるとは限らないのですね。

いろいろな部分に原因があります。

腕、首、肩、背中、膝、足首、足の指などいたるところにありますが、なんと言っても内臓関連の腰痛が一番多いです。

ですから、腰が痛いからといって腰の部分を調整しても問題の解決にならないわけです。

腰痛は、腸や膀胱などの内臓が関連していることが多いですから、内臓の働きを高めていく必要があります。

その方法として、東洋医学で言われている“気”の調整があります。

“気”は、体を流れているエネルギーのことです。

マッサージでほぐすだけでは、“気”の調整はできませんから、内臓の機能を高めることも難しいため腰痛が改善しないわけです。