長時間運転すると腰が痛くなるのは?

車の運転をする男性

一般的な見方

タクシー、トラック、営業など仕事で長時間運転をして腰痛に悩んでいる人がいます。

腰痛が出る原因として、車のシート、運転中の姿勢が関係しているとしています。

車のシート
体にシートが合ってないために、姿勢を保とうとすることや力みによって腰に負担がかかり腰痛が起きやすくなる。

運転中の姿勢
癖になっている姿勢などの影響により体に負担をかけるため、血行が悪くなり腰痛が起きる。

その他、AT車を運転することによる体の使い方が影響している。

AT車は、右足ばかりを使い、左足を使うことがなく、左右均等に足が使わないため、体のバランスのくずれを起こしその結果、腰痛につながりやすくなる。

当整体院の考え方

上記のように、車の運転によって腰の痛みが出る原因として、車のシート、運転するときの姿勢、体の使い方が原因であると指摘しています。

しかし、これらのことは腰痛とは関係ありません。

一般的な見方は、端的に言うと、姿勢の問題が一番影響していると言っています。

姿勢は、いわば体の構造的な問題に関係することです。

体の構造的な問題があると、体の不調が起きると言っているわけです。

でも、体の構造上に問題があったとしても、腰痛などの症状にはつながりません。

ネット上では、体の構造上の問題が腰痛に関係しているという情報が多いです。

それには理由があります。

それらの情報のネタ元が病院、整体関係のサイトでそれらを参考にしているからです。

私も、以前は体の構造上のことが腰痛に関係していると考えていました。

しかし、体の構造を基にして、施術をしていっても、症状が難しくなってくると、対応が出来なくなるのです。

対応ができなくなるのは、内臓が腰痛に関係しているからです。

内臓の機能の低下によって、筋肉の緊張が強くなります。

その結果、腰が痛くなります。

そして、内臓の機能の低下は、“気”という体を流れるエネルギーの滞りが影響しています。

ですから、腰痛に対処するには、エネルギーの滞りを整える施術をしていく必要があります。