ツボ押しは効果がない?

ツボの操作をする場合、ツボの操作法を書いたものを参考にすることが多いです。

そのやり方はだいたいツボに対して適度な強さで押すということが一般的です。

確かに、ツボは単に押しただけでは効果は微妙にしか出ないでしょう。

ツボ押しはいろいろやり方を考える必要がある

つぼに対する刺激方法は、鍼を打つ、鍼を打って電気を流す、お灸をすえる、棒灸で刺激をする、色紙を貼る、などいろいろなものがあります。

鍼を打つ場合だと、打つ方向、浅く打つか深く打つか、あと中空で鍼をかざすだけという方法もあります。

その他、てい鍼でこするという方法もあります。

棒灸で刺激をする場合だと、呼吸に合わせて近づけたり離したりする方法もあります。

他にもツボに対する刺激の方法は、いろいろあると思いますが、ともかくやる人によって、いろいろな方法でツボを刺激する方法を変えます。

ですから、ツボを押す場合も単にツボに対して真っ直ぐ押すだけでなく、いろいろとやり方を変える必要があると思います。

それから、ツボを選ぶことが非常に大事です。

刺激するツボによってかなり効果が違ってきます。

その他、押す力も大事です。

押す力が少し違っただけで、症状の取れ方が全然違ってきます。

むやみやたらに強く押しただけでは、どうしようもないです。

場合によっては、ツボに触れているだけでも効果が出ることもあります。

強さによって効果が違うのは、刺激の加わり方が変化することよって”気”の流れ方に違いが出るからです。

ですから、ツボ押しは単に硬くなっている筋肉が、ほぐれればいいというものではないのです。

筋肉の状態を調べて行えば、ストレッチは有害にならない

ストレッチ 有害で検索すると、いろいろなことを書いてあるサイトがあります。

その中で、一番多いのは、静的ストレッチは有害だとする意見です。

ストレッチと言えば、この静的ストレッチを指すことが普通のようになっています。

でも、正しいやり方でストレッチをやっている人が、ほとんどいないわけですから、ストレッチが有害だと言われるのも、なんら不思議でないでしょう。

ストレッチするには筋肉の状態を調べる必要がある

ところで、病気で病院を受診すると、治療をする前にいろいろと検査をして、診断が下りてから治療に取り掛かります。

ですから、検査をいろいろやってもなにも異常が見つからなければ、治療をしません。

これをストレッチに当てはめると、ストレッチをする前に筋肉の状態をしっかりと調べて、筋肉の状態が分かってからストレッチをするのが、順番でしょう。

ところが、そういったことを一切せずに、いきなり筋肉を伸ばすようなことをすれば、いろいろと体に不具合が起きるのも当然です。

知ってる人はそれほど多くはないと思いますが、筋肉はねじれています。

そして、そのねじれ方ですが、筋肉の片端ともう一方の片端が逆方向にねじっています。

つまり、タオルを絞ったようなねじれ方をしているわけです。

そのようなねじれ方をしている筋肉を真っ直ぐに伸ばせば、どうなるかは小学生でも分かるはずです。

筋肉がねじれていれば、そのねじれ方に合わせたストレッチをしなければ、筋力、筋パワーの低下が起きて、パフォーマンスが落ちるのは当然です。

では、実際にねじれた筋肉がどの程度ねじれているかを調べるわけですが、これは慣れないと結構調べるのは大変な作業になります。

ですから、静的ストレッチできちんと結果を出すには、ストレッチをやること自体よりも、筋肉の状態を調べることの方が難しいです。

でも、それをクリアーすれば、ストレッチは有害とか無意味という批判はなくなります。

ストレッチで筋肉を伸ばすだけでなく、縮める方法を使ったほうがいい場合もある

ストレッチは、有害だという説がありますが、正しいストレッチの仕方をすれば、それほど有害ではないです。

その前に、ストレッチをする目的をはっきりさせておく必要があります。

それは、硬くなって縮んでしまって伸びにくくなった筋肉を、正常な長さの筋肉に近づけることです。

筋肉の長さを正常にするのにはストレッチが向かないことがある

ですから、筋肉を正常な長さに近づけるための方法として、ストレッチを行うことが必ずしも最適とは限りません。

と言うのは、筋肉のストレッチだけをやっても、筋肉の長さが変化しないことがあるからです。

筋肉のストレッチは、筋肉を伸ばします。

しかし、筋肉に痛みがある時は、ストレッチを行っても筋肉を正常な長さに近づけることが難しくなります。

ですから、そういったケースでは、痛みがある筋肉を伸ばすのではなく、最大まで縮めるという方法を行った方が良いかもしれません。

その方法は、ストレイン・カウンターストレインと呼ばれる方法です。

この方法は、略してSCSと呼ばれています。

このSCSは、元々アメリカのオステオパシードクターのローレンス・ジョーンズという人が考案した方法です。

筋肉を伸ばすのではなく、縮めるという方法ですから、まったく逆のやり方です。

この方法でも、ストレッチと同じ効果が得られます。

と言って、このSCSですべて目的が達せられるわけではありません。

ストレッチをやった方がいい場合もあります。

要は使い分けすることです。

カウターストレインのやり方
1.筋肉を楽な位置にもっていく

2.その楽な姿勢を約90秒間持続させる

3.約90秒経過したら、ゆっくり戻していく

1の筋肉を楽な位置にもっていくというのは、ばくぜんとしていて分かりにくいですね。

では、肘が曲がったままになってしまって、まっすぐに伸びないという状態を例に上げて説明します。

肘が伸びないのを伸ばす方向に操作することは、上腕二頭筋を伸ばしますので、上腕二頭筋のストレッチになります。

逆に、余計肘を曲げる方向に操作するのは、上腕二頭筋を縮めていますので、カウターストレインということになります。

肘をゆっくり曲げていくと、上腕二頭筋が一番緊張が緩みやすい位置があります。

その位置に止めておいて、首をゆっくりと左右に回してみると、首の回り方が右と左で同じように回ります。

つまり、首の回り方を左右で比較することによって、上腕二頭筋が一番緊張が緩む位置を確認するわけです。

肘を曲げていって、筋肉が一番楽な位置を見つけるコツは、ゆっくり肘を曲げていった時に、前腕が行きたい方向についていくことです。

早く肘を曲げてしまうと、前腕が行きたい方向が分からないので、筋肉を楽な位置に持っていくのが難しくなります。

3のゆっくり戻すというのは、ばくぜんとしていますが、ミリ単位で戻していきます。

もし、早く戻した場合は、全く効果を得ることが出来ません。

反り腰は筋肉を緩めると良くなる?

反り腰を改善させるエクササイズの方法や整体の方法はたくさんあります。

そういった方法のほとんどは、筋肉を緩める方法です。

でもそういった筋肉を緩めて反り腰を改善させる方法は、何回やっても何年やっても結果は出ないと思います。

確かに、一時的には筋肉を緩めてあげれば反り腰が改善したように見えます。

でもあくまでも一時的です。

一時的効果しかありませんから、反り腰改善を謳っている整体では、自宅でエクササイズをやるように指導しています。

それでは、その整体の技術では、反り腰を改善させることが出来ないと言っているようなものです。

整体の術者が行う施術と、クライアントが行うエクササイズのレベルが一緒のはずがありません。誰が考えても、術者の施術の方がレベルが上でなければおかしいです。

こんなことを書くと、反り腰を改善させるために、お金と時間を使って施術に通っている人には申し訳ないです。

でも、それが現実です。

反り腰は普通に筋肉を緩めただけでは改善しない

反り腰を改善させるためには筋肉を緩めることは必須です。

筋肉のバランスがくずれて姿勢が変化するわけですから、筋肉を操作して緩めることは当然です。

でも、普通に行う筋肉の緩め方では、反り腰改善の効果はありません。

普通に行われている筋肉操作は、神経に働きかけています。神経に働きかける筋肉操作で施術しても、筋肉は緩みます。

しかし、5分も経たずに元の状態に戻ってしまいます。

それでは、反り腰の改善なんてことはとても望めません。

ではどうしたらいいのでしょうか。

効果を出すには、経絡に働きかけなければなりません。

では、経穴(ツボ)を操作すれば良いのかということになりますが、そう単純ではありません。

それはともかく、経絡(気)に働きかける方法で筋肉を緩めると、反り腰の改善効果は持続します。

このことは、反り腰の施術だけではありません。

骨盤矯正も同じことが言えます。

日本中に手技療法をやる人が何人いるかは分かりませんが、おそらく、私のようなやり方で筋肉を操作する人はいないと思います。

ほとんどの人は、筋肉操作の時に神経に働きかける操作をやっていると思います。

神経に働きかける操作では、縮んでいた筋肉は一時的に緩みます。

一時的でも筋肉が緩むと、症状も和らぎます。

急性の場合だと、そのまま症状がだんだんなくなっていくこともありますが、慢性の場合ですと、ほぼ症状は2~3日で元の状態に戻ります。

早い人だと施術をしたその日に戻ってしまいます。

ですから、反り腰のような姿勢の改善はとても望めません。

一方、私のやっているような経絡に働きかける施術法ですと、戻りが少なく慢性の症状も改善されていきます。

もちろん、戻りが少ないですから反り腰のような姿勢の改善も出来ます。

私がやっている方法以外で経絡に働きかける方法は昔からあります。

でもその方法は、非常に難しく達人がやる技と言われています。

おそらく国内でその方法を使いこなせるのは一握りの人しかいないと思います。

ですから私も出来ません。

でも、私の場合はその方法以外で同じ効果がある方法を考案しました。

それがこちらです。この方法を使うと、反り腰などの姿勢の改善も出来ます。

大腰筋トレーニングだけではスポーツのパフォーマンスは向上しにくい

大腰筋が弱ると、つまづきやすくなる・下半身が太くなる・スポーツのパフォーマンス低下などの影響があり、それを強化するために、大腰筋エクササイズが注目されています。

しかし、大腰筋はインナーマッスルと言われ、体の深部にあるため、エクササイズをするにはなかなか難しい筋肉です。

エクササイズの方法としては

・ウォーキング

・ストレッチ

などがあります。

ウォーキング、ストレッチにもやり方がいろいろあります。

ウォーキングは、その時の体の状態に合わせた自然の歩き方をしたほうが効果が上がりやすくなります。

ストレッチは、

・椅子に座って行う方法

・立って行う方法

があります。

これらの方法で大腰筋エクササイズを行うと、一定の効果はあります。

しかし、持続性がありません。

ですから、スポーツのパフォーマンスの低下などを防ぐ方法としては、ちょっと疑問符が付きます。

スポーツのパフォーマンスというのは、筋力があれば上がるというものでもありません。

やはり、筋力よりも体全体のバランスが大事です。

一流のアスリートが活躍しているのは、特定の筋肉に筋力があるというよりも、筋肉がバランス良く使えているからでしょう。

また、つまづきやすいというも、筋力がないからではなく、筋肉のアンバランスが影響していると思います。

最初に、大腰筋は、体の深部にあるためエクササイズしづらいと書きました。

ですから、大腰筋を上手く調整して体のバランスを取るには、体の表面近くにある部分をやったほうがいいです。

例えば、皮膚、筋膜、ツボです。

皮膚、筋膜、ツボを使っても、大腰筋を調整することが出来ます。

急性の腰痛と慢性の腰痛

急性の腰痛は、俗に言うぎっくり腰ですが、突然強い痛みが起きるのが特徴です。

そして、慢性の腰痛は、3ヶ月以上痛みが続く腰痛をさします。

急性の腰痛

重い物を持ち上げた時に腰に負担がかかり腰を痛めた場合は、筋肉や筋膜などの組織の微小な損傷がおきますが、その損傷が修復されていけば痛みが引いていくことが多いです。

このような腰痛は、筋・筋膜性腰痛と言います。

ですから言ってしまえば、筋・筋膜性腰痛は外傷に分類される腰痛です。

筋・筋膜性腰痛は、筋肉や筋膜の損傷で外傷ですから、なにもしなくても日数が経てば修復されます。

応急処置として、アイスパックなどでアイシングなどがされることも多いですが、冷やすことは、かえって組織の回復を遅らせることになりますので、逆効果です。

組織の修復をしているから炎症が出ているわけで、冷やすことによって炎症を止めることは修復の邪魔になることをしているわけです。

ですから、当院では炎症がある時にアイシングはしません。

当院では、他の整体院にない特殊な調整を行います。

特殊な調整を行うと、アイシングのように組織の修復を邪魔することもありませんし、逆に組織の修復が早まりますので、炎症も早く引きます。

また、痛みのある部分へのマッサージをしても効果はありません。

体のバランスが整う場所へのマッサージなら効果はあります。

ところで、ぎっくり腰を繰り返しているいわゆるくせになっているような人や足の痛み、しびれが出る人は、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離・すべり症など骨に異常が存在すると言われています。

でも、それは関係ありません。

骨の異常があっても足の痛み、しびれが出るわけではありません。

内臓からの影響で足の痛み、しびれが出ます。

また、ぎっくり腰を繰り返す場合も筋・筋膜性腰痛ではなく、内臓が関係してぎっくり腰を起こしているのです。

その場合は、筋肉の調整ではなく東洋医学で言われる“気”の調整を行わないと、改善しにくいです。

慢性の腰痛(腰の鈍痛)

一方、慢性の腰痛(腰の鈍痛)は、筋・筋膜の損傷ではなく、内臓が関係している症状が多いです。

内臓が関係していると言っても、いわゆる病気の状態ではなく、内蔵機能が低下していてその影響で腰に痛みが出ることも少なくありません。

慢性の腰痛の場合、マッサージ、整体なにをしても良くならないと言われます。

良くならないということは、原因(内臓からの影響)に対して施術をしていなくて、対症療法の施術をしているからでしょう。

そうでなければ改善に向かうはずです。

もし、原因に対して施術してもらっていても改善しない場合は、施術の仕方が良くないか、本当の原因を見つけてないからでしょう。

ただ、本当の原因を探すのは大変なことです。

ですから、当院では“気”の調整を行います。

“気”の調整を行うと、原因の部分にも効果が及びますので、症状の変化にあることが多いです。

ぎっくり腰Q&A

.ぎっくり腰で整体を受けると悪化しませんか?

.他の整体でぎっくり腰の施術を受けたら、余計痛みが増したという話を時々聞きます。

痛みが増すのは、背骨などの骨格矯正、筋肉の調整で、体に対して無理な施術を行った場合に起きることが多いです。

無理な施術と言っても、強い刺激で調整するからではありません。

強い刺激で調整をしても、理にかなった方法でしたら悪化することは少ないです。

ただ、正しい方法で施術をしても、好転反応が起きて痛みが増すことがあります。

好転反応で痛みが増した場合、腰の痛み以外の他の部分も調子が良くなったりするのが特徴です。

例えば、腰の痛みが引いてから、内臓の調子が良くなって便秘が改善したといった具合です。

ですから、腰の痛みがましたといっても、好転反応と単なる悪化ではまったく違うわけです。

.ストレッチをするとぎっくり腰が改善しますか?

.ぎっくり腰といっても、筋・筋膜性腰痛と内臓が関連する場合があります。

筋・筋膜性腰痛の場合は、ストレッチもやり方次第で改善することもあります。

しかし、内臓が関連する場合は、ストレッチをしても改善しにくいです。

内臓が関連するぎっくり腰のしくみ

“気”の流れの滞り

内臓の機能の低下

内臓に関連する腰周りの筋肉の緊張が強くなる

ぎっくり腰

“気”というのは、体の内外を流れるエネルギーのことです。

そして、“気”の流れが滞ると、内臓の機能が低下し、内臓と関連する腰周りの筋肉が影響を受けて緊張が強くなって腰の痛みにつながります。

こういった考え方は、西洋医学にはなく東洋医学独自のものです。

このように内臓が関連するぎっくり腰は、“気”の流れの滞りが大元の原因ですから、腰周りの筋肉をストレッチしても改善しにくいのです。

重いものを持つと腰痛(ぎっくり腰)になる?

重い物を持つと腰の筋肉に負担がかかって腰を痛めるということが常識になっています。

本当にそうなのでしょうか?

私も20代の頃、ひどいぎっくり腰になったことがあります。

でも、動けないくらいのひどい腰痛はその時の1回だけでその後腰痛に苦しんだということはありません。

商品管理の仕事で割と重い物(重くても20kg程度)を持つ機会多かったので、それが原因で腰を痛めたとその時は思っていました。

でも今は、腰を痛めたのは重い物を持つ回数が多いから腰に負担がかかるからというよりも、他の原因で腰を痛めたのではないかと考えています。

もし他の人が言うように、腰の筋肉に負担がかかって腰を痛めるとしたら矛盾が生じます。

と言うのは、重い物を持っても腰を痛める時と傷めない時があるからです。

ですから、この理屈は無理があるのです。

重い物を持つから腰を痛めるのではなく、腰の痛みは内臓が関連していると思います。

腰を痛めるのは内臓の調子が落ちている時で、腰の筋肉がその影響を受けて緊張が強くなっていて、たまたま重い物を持った時にギクッとくるわけです。

ちなみに重い物を持つだけでなく、くしゃみをしてもギクッとくることがあります。

くしゃみでギクッとくるのも、内臓の関連で起こるわけです。

座り方が悪いと腰痛になる?

悪い座り方と言えば、腰を丸くして座っている人が多いですね。

腰を丸くして座っていると、見た目がよくなくてあまりかっこいい座り方ではないです。

腰を丸くして座っていても腰痛にはならない

一般的には、座り方が悪いと腰痛の原因になると言われています。

腰を丸くして座っている姿勢は、腰の筋肉などに負担がかかり、その結果腰椎(背骨の腰の部分の骨)がずれてしまって、神経を圧迫して腰痛につながりやすいと言っている整体師の人が多いです。

しかし、仮に腰椎がズレて神経を圧迫したとしても腰痛になるわけではないのです。

病院のMRI画像でヘルニアが確認され、神経が圧迫していてもなんの症状もない人がたくさんいます。

また、腰椎がずれた(腰椎が歪む)としても、しばらくすれば元の良い状態に復元されますので心配はいりません。

基本的に、腰痛は、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離・すべり症、腰部脊柱管狭窄症などの骨の構造的な問題で起きることはありません。

その証拠に、病院で腰椎椎間板ヘルニアと診断され手術をしても、腰痛が良くなることは少ないです。

では、なにが問題で腰痛が起きているのでしょうか?

それは、東洋医学でよく言われるいわゆる“気”の流れの滞りが影響して腰痛が出ているのです。

“気”は、体を流れるエネルギーのことです。

ですから、“気”の調整を行っていくと腰痛も改善されやすくなります。

自転車による膝の痛み

運動不足の解消のためかは分かりませんが、通勤や近い距離の移動に自転車を使う人が増えています。しかし、膝を痛めることが多いようです。

自転車に乗るのは、ランニングなどに比べて膝を痛めることが少ないといわれていますが、膝を痛めやすいのは膝に負担がかかるポジションで走ったり、坂をひんぱんに走ったりした時が多いと思います。

膝痛は体のゆがみの固定を調整する必要がある

自転車で膝を痛めるのは、体の歪みが関係しています。ですから、特に体の歪みが固定してしまっている人は要注意です。

体の歪みが固定してしまっていると、筋肉が縮みっぱなしになっていて、筋肉の端にある腱の部分が引っ張られて痛みが発生します。

膝の内側、膝のお皿の下の部分、膝のお皿の外側の部分などに痛みが発生することが多いです。

膝の内側の部分の痛みは、鵞足炎。膝のお皿の下の部分の痛みは、膝蓋靱帯炎(別名ジャンパー膝ともいいます)。そして、膝のお皿の外側の痛みは、腸脛靭帯炎(別名ランナー膝とも言います)。

そういった膝の痛みに対する処置は、症状のある部位にマッサージをしたり、アイシングをすることが多いようです。しかし、そのような処置だけではなかなか症状が改善されていかないのではないでしょうか。

やはり、体のゆがみの固定している状態を調整して、腱にかかる負担を減らしていかないとなかなか良くならないと思います。

膝の痛み関連記事

便秘が改善

女性の方は、便秘の人が多いです。

便秘を解消しようとしていろいろ涙ぐましい努力をされているようですが、結局最終的には薬に頼るという人が多いようです。

いろいろ体操や運動などをやるといいと分かっていてもなかなか忙しかったりして、体操などが続かずついつい安易な方へ流されて結局薬を飲んでしまうということになるようです。

頑固な便秘は変化するまで時間がかかる

先日みえた女性こちらに来られるようなって5ヶ月になります。

施術回数は5回です。

ですから一月に一回位においでになる勘定になります。

この方は便秘になって10年以上たつそうです。

やはり、今でも薬を飲んでいらっしゃいます。

それだけこの方の便秘の症状がガンコだということでしょう。

でも、私の所へ来られるようになってから、便通の状態が変わってきました。

私の所へこられる前は、薬を飲んでもなかなかすっきりしないことが多いようでした。

しかし、最近はわりとスムーズに出るようになってきたそうです。

便秘関連記事