腰痛とランニング

ランニングする男性

一般的な見方

ランニングをやっている人の中には、腰の痛みに悩まされていることが少なくありません。

ランニングによる腰痛の原因は

・走りすぎることによって疲れがたまる

・腹筋と背筋のバランスが悪くなり姿勢がくずれて、腰に負担がかかる

・腰に負担がかかるようなランニングフォーム

といったことがあげられます。

当整体院の考え

当整体院では、腹筋と背筋がアンバランスに姿勢がくずれ、ランニングフォームなどは腰痛とは関連性が薄いと考えています。

では、なにが原因で腰痛が起こっているのでしょうか?

腰痛が起こるしくみ

体を流れるエネルギーの滞り

内臓の機能低下

腰の筋肉が影響を受けて緊張が強くなる

腰痛

上のように、内臓の機能の低下によって、腰の筋肉が影響を受けて緊張が強くなり、腰の痛みが起こります。

そして、内臓の機能の低下は、体を流れるエネルギーの滞りが関連しています。

体を流れるエネルギーは、いわゆる“気”のことです。

このように、当整体院では、一般的に言われているように、筋肉などの肉体的なことが腰痛に関係しているのではなく、エネルギー的なことが関係していると考えています。

エネルギー的なことが関係して体の不調が起こるという考え方は、東洋医学独自のもので、西洋医学にはありません。

腰痛の対処

一般的に行われている腰痛の対処は、骨格の矯正、ストレッチなどを用いた筋肉の調整、アイシング、テーピング、痛み止めの薬の投与などが行われています。

上で書いたように、腰痛は肉体的のことが関係して起こっているわけではないので、対処はそれに合わせてしていく必要があります。

そのようなわけで、当整体院ではエネルギーの滞りを整える調整を中心に行っております。