背骨を押すと腰痛は良くなる?

整体院・カイロプラクティック院では、腰痛の施術の時、背骨を押して調整することが多いです。

背骨を押すと、背骨の周りの筋肉などの組織の緊張が和らぐため、腰の痛みが楽になるわけです。

当整体院でも整体の施術を始めた頃には同じことをしていました。

しかし、背骨を押す調整は、腰の痛みが楽になっても効果が持続しません。

ですから、腰痛が慢性化している場合は、何度施術しても改善しにくいのです。

当整体院の考え

腰痛が慢性化している場合、内臓の働きが落ちていて機能が低下しています。

内臓の機能が低下すると、筋肉が影響を受けて硬くなります。

筋肉が内臓の影響を受けるのは、筋肉と内臓は関連があるからです。

そして、内臓の機能の低下は、体を流れるエネルギー(気)の滞りが影響しています。

ですから、エネルギーの滞りを整える調整が必要です。

背骨を押す調整は、神経に働きかけることは出来ます。

しかし、エネルギーの滞りを整えることは難しいため、慢性化した腰痛には対応しにくいわけです。

エネルギーの調整と言えば、鍼やお灸があります。

ただし、むやみやたらに凝っているところに鍼、お灸をしてもさほど意味はありません。

体のエネルギーの流れを考慮して施術していく必要があります。

背骨を押す調整にも同じことが言えます。

ただ、背骨の調整だけでは全身のエネルギーの滞りを整えることは難しいです。

首の骨だけとか骨盤だけとかを調整する施術者も少なくありませんが、それらの方法では十分な施術はできません。