スポーツ選手は腰椎分離症になりやすい?

スポーツ選手は、腰椎分離症になりやすいとされています。

特に小中高校生くらいの年齢に多いとしています。

その原因として、スポーツのしすぎが指摘されています。

激しいスポーツをすると、腰の骨(腰椎)に負担がかかり疲労骨折を起こし、腰の痛みが出るというものです。

分離症になりやすいスポーツは、サッカー、空手など足を多用する種目に多いとしています。

当整体院の考え

確かに、子供の骨は成長してないため、激しい動きをすると疲労骨折しやすいです。

しかし、腰の骨(腰椎)に疲労骨折があったとしても腰の痛みとはなんの関係もありません。

と言うのは、腰の骨が分離していても、何の症状もない場合もあります。

逆に、骨に異常がなくても、激痛が出るケースもあります。

腰痛は、骨ではなく、筋肉の問題です。

筋肉が内臓の機能低下の影響で、緊張が強くなって痛みが出ています。

そして、内臓の機能低下は、体を流れるエネルギーの滞りが関連しています。

体を流れるエネルギーは、“気”と呼ばれていて、滞りがあると体の不調が起きやすくなるのです。

このような考え方は、東洋医学独自のものです。

腰痛の対処

病院での対処
基本的には、鎮痛消炎剤など薬の投与、湿布、神経ブロック、低周波電気治療、温熱療法など保存療法が行われます。
保存療法を試みても、症状に改善が見られない場合は、手術が適用される場合もあります。

当整体院での対処
上記したように、腰の痛みは骨の異常ではなく、体を流れるエネルギーの滞りが大元の原因だと考えていますので、その滞りを整えるために、“気”の調整をしていきます。