腰痛の施術はソフトなだけでは意味がありません

なにかあれば病院にかかられる方にとって、整体は背骨をボキボキ音をさせる荒療治をするイメージを持たれる方も多いと思います。

テレビのバラエティ番組のせいもあるかもしれません。

バラエティ番組は、インパクトのあることをしないと番組が盛り上がりませんので、ある意味しょうがないのかもしれません。

でも、実際に整体をやっている人間にとっては、あのような番組はやってほしくないのが正直な気持ちです。

ところで、あのような荒療治をやっているところは以前より減ってきています。

と言うのは、荒療治で健康被害が多いからです。

腰痛など体の不調を良くしようと整体院に行ったのに、逆にさらに調子が悪くなったのでは意味がありません。

そのようなこともあって、逆に今はソフトなやり方の整体院が増えています。

私も以前は、荒療治的なことでしばらく施術をしていました。

その後、ソフトな施術に切り替えて今に至っています。

ただソフトなやり方でも、整体で体の不調を良くすることは簡単ではありません。

いくらソフトな施術でもやり方を間違えれば、なにも変化がないか逆に症状を悪化させることあります。

そのくらい人の体を調整するのは難しいのです。