腰痛の時腰の部分以外のところを施術したほうが改善しやすい

整体を行う施術所には、いろいろな症状で来られます。

腰の痛みがある場合でしたら、普通は骨盤・腰骨(腰椎)などの腰に関連した骨を調整したり、腰や足などの筋肉などを調整する施術所が多い傾向があります。

そういった処置をして腰の症状が改善するのであれば問題はありません。

しかし、腰に関連した骨を調整したり腰の回りの筋肉を調整するだけでは腰の症状が改善しないケースも少なくありません。

当整体院では、そういったケースを見こして施術の前の検査で体のどこを調整すると一番効果が出やすいかを調べてから施術に移ります。

その検査で腰に痛みがあっても、たとえば首に関連したところを施術したほうが良いという結果が出るときもあります。

腰と首には直接関係はありません。

しかし、私は、体を流れるエネルギー(気)の問題でそういった結果が出るのではないかと考えています。

整形外科では腰に痛みがあるときは、MRIなどで腰の骨を撮影して診断して、処置をします。

しかし、腰の痛みが腰以外の部分を調整すると改善するというような事実があります。

ですから、腰の部分ばかりに注目するのではなく、体全体を考慮に入れて施術していく必要があると考えています。