足にできるタコ

体に出来るタコと言うと、ペンだこ、足のタコなどがあります。

今は、 大人の場合ペンだこが出来ることは少ないと思います。

事務職の人もパソコン作業ばかりで、ペンを握る機会が減っていますから、ペンだこができるのは、学生さんくらいでしょうか。

ただ、パソコン作業を長時間やっていると、マウスが当たる部分にタコができます。

「マウスだこ」というらしいです。

この「マウスだこ」の対策としては、パソコン作業の時間を減らすか、マウスが当たる部分に何かをあてがうしか方法はないでしょう。

足にできるタコの場合の原因としては

1.足の形に合わない靴を履いている

2.歩き方に癖がある

3.足の歪みが関係している

4.足のケアを行っていない

などが考えられます。

足のタコは開張足の改善が大事

足のたこの対策と言うと、靴にばかり目が行きがちです。

確かに、きゅうくつな靴を履いていれば、足の指、付け根などに当たり、たこができやすくなります。

ですから、足に負担の少ない靴を選ぶことは大切です。

しかし、靴以前に、足に問題があることが多いのです。

その足の問題とは、足の横アーチのくずれです。

足の横アーチとは、足裏の親指の付け根から、小指の付け根を結んだ線のカーブのことを言います。

その横アーチが減少して平らに近くなります。

いわゆる一般的に言われている開張足です。

開張足になると、足の裏が床に当たる面積が増えることと、足の幅が広がります。

そうなると、既製品の靴をはいていると、どうしてもタコが出来やすくなります。

しかし、自分の足に合うオーダーメードの靴を作ってもらったとしても、なかなか足に合うぴったりの靴も難しくなります。

その他にいろいろな対策グッズ(インソールなど)もあります。

それらのものを使えば、一時的には問題が解決します。

でも、それでは問題の先送りです。

やはりそうなると、足の横アーチのくずれを良くしていくしか、足のタコを防ぐには方法はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA