歩き方が悪いと腰痛が起きる?

腰痛の男性

一般的な見方

歩き方が悪いと腰痛が起きやすくなると言われています。

例えば

・猫背姿勢で歩く

・前のめりで歩く

・まっすぐに歩けない

などです。

これらの歩き方になっている人は、体に歪みがあるため、歩くことによって筋肉に負担がかかり、腰痛につながりやすくなるとされています。

当整体院の考え方

確かに、構造的に見れば、体が歪んでいると、歩くと筋肉に負担がかかりますので、良くないように思えます。

整体やカイロプラクティックをやっている人でも、そのように考えている人は少なくありません。

かくゆう私も過去にはそう考えていました。

ですから、体の歪みを施術によって整えていけば、筋肉にかかる負担も減り、歩いても腰痛が出にくくなると信じていたわけです。

でも、実際にそのように考えて施術をしても、腰痛が慢性化している人の場合は、なかなか改善していかないことが少なくありませんでした。

そのような結果しか出ないのは当然です。

と言うのは、体の歪みと痛みは関連がないからです。

ところで、東洋医学というのがあります。

東洋医学では、“気”の滞りが体の不調の原因だという考え方です。

“気”とは、体を流れるエネルギーのことを言います。

“気”の滞りがあると、内臓の機能が低下し、筋肉が影響を受け緊張が強くなり、その結果腰痛が起きます。

ですから、“気”の滞りを整えて内臓の機能を高めていけば、腰痛も改善に向かいます。