遠隔操作

時々、腰の痛みを他で施術してもらったら余計痛くなったので何とかして欲しいということで来られる人があります。腰が痛いときに腰を施術するのは、普通のことかもしれません。

しかし、痛いところを刺激するのはあまり良い方法とは言えません。痛いところは、神経が興奮状態になっています。

痛みを止めるためには、神経の興奮を鎮めなければいけません。
直接痛いところに触って、神経の興奮を抑制する方法もあるにはあるのですが、それでも痛いところを直接操作することは、神経の興奮している所が余計興奮して痛みが増す危険があります。火に油を注ぐようなものです。

痛みのある部分から離れたところを施術するのが一番安全

一番いい方法は、痛いところから離れた痛みの場所と関連するところを操作することです。足を操作するとか、腕を操作するとかいろいろな方法があります。この方法は、経験が多い施術家なら誰でも知っていることです。

肩がこったり、腰が痛い時に家族に揉んでもらったら、余計痛くなったという経験がある人もあると思います。こういう理屈があるからそういうことになるわけです。

私のところでも、時々痛いところを触らずに関係ないところを触って何やってんだという顔をする人がいます。そういう方には、先ほどのことを説明します。大体納得されます。

ちなみに遠隔操作というのは、症状とは離れたところを施術することを言います。
気功の遠隔治療とは違います。