なぜいろいろな症状が早く良くなるのか

なぜいろいろな症状が早く良くなるのかということなのですが、一言で言ってしまうと、体の声(ボディーランゲージ)を聞いて施術するから、いろいろな症状が早く良くなるのです。

他の方がやられる施術は、ここの筋肉が縮んでいるから、伸ばすような操作をするとか、ここの筋肉は伸びているから、縮めるような操作をするというふうな施術をして、姿勢の調整をします。
要するに、その施術者が頭で考えて、施術する場所を決定して施術します。

施術は体の情報を把握してする必要がある

しかし、私の場合は違います。私が施術する場所を決めるのではなく、体の声を聞いて施術するわけです。

これでは、何のことか良くわかりませんので、具体的に説明しますと。体のポイントを順番に軽く押していくと、一ヶ所だけ他のポイントより反応が大きいところがあります。その反応の大きかったポイントの部分を、施術する部位として決めるわけです。

その反応を調べる方法は、いろいろありますが、私の場合は膝の曲がり具合を左右比べて、施術する部位を決めます。体の声を聞いて施術するというと、なんだか怪しい感じがしますね。

でも、病院の診断も患者さんの体の声を聞いて治療しています。病院の先生の場合は、診察をされるとき問診、視診、聴診、触診、打診などをして患者さんのいろいろな情報をさぐっているわけです。

とにかく、あーでもない、こーでもないと頭で考えて施術する場所を決めると間違いが起きやすいわけです。その点、体の声を聞いて施術場所を決めれば間違えようがありません。