猫背は慢性腰痛の原因になる?

パソコン作業などで体が丸まった猫背の姿勢を続けていると、腰痛の原因になると思っている人が多いですね。

ネットで検索すると、そのように書かれているサイトが多いためでしょうか?

まとめサイトだけでなく、整体院関係のサイトでもそのように書かれていることも少なくありません。

私も昔は、姿勢が悪いと腰痛の原因になると考えていました。

猫背だから腰痛になるわけではありません

でも、その情報は間違っています。

本当は、体のどこかで調子の悪い部分(内臓など)があって、その影響で猫背になっているのです。

調子が悪いと言っても、必ずしも自覚症状があるとは限りませんが。

それから、過去に怪我(骨折、脱臼、捻挫)、内臓の病気、外科手術をしたことがあれば、姿勢がくずれて猫背になります。

内臓は筋肉と関連があるため、筋肉が内臓の影響を受けて、姿勢がくずれるわけです。

ネットの情報では、姿勢が悪いと腰痛になると書かれています。

でも、そのようなことはありません。

腰の筋肉が内臓の影響を受けて過緊張した結果、腰痛が出ます。

外傷を除いて、腰痛のほとんどは内臓が関係しています。

その他、椎間板ヘルニア、腰椎分離・すべり症、腰部脊柱管狭窄症、変形性腰椎症など骨の異常があると腰痛の原因になると言われています。

しかし、骨の異常は腰痛とは関係ありません。